UA-65034833-1

2017年12月16日

怒っても、良い

IMG_5467.JPG
怒ってはいけないと言われます。
怒りのエネルギーは身体に悪いとも言われます。
船井幸雄先生も、怒っていけないとブログ記事に書いていたことがありました。
でも、ゆくゆく文章を読んで行くと、つい先日も怒ってしまいましたが、怒るのは良くないことだということが書いてありました。その時、僕は、船井先生でも起こるのだから、僕が怒ってしまうのも当然だと思いましたし、今でもそう思います。
でも、以前に比べて怒る回数はへってきたし、怒りを爆発させることも減ってきました。
それは、それで良いのですが、最近、本当にこれで良いのか?と思ったりしています。
不動明王だって怒っているのだし、良い人ぶって常にニコニコしているのも、なんだか気色悪いかななんても思うことがあります。
さてさて、話をまとめますと、怒ることは良いことではないかもしれませんが、別に怒っても良いのだと思います。そう気持ちを緩く持って肩の力を抜いていれば、怒る頻度はさらに下がると思います。
posted by ChiAki at 06:00| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

正座、結跏趺坐

朝の瞑想は、正座でずっとやってきました。
そして、それは習慣化し、ずっと毎朝、時々サボりはしますが、ずっと続けています。
ブログを始めたのは2009年ですが、それより前から正座は始めていたので、
もう10年以上続けているかと思います。
正座については、型が、すっかり身体に染みこんでいるのですが、結跏趺坐はまだまだ経験が浅いです。
禅のやり方として、あぐら、半跏趺坐、結跏趺坐、日本座(正座)があって、
どんな座り方でも良いが、結跏趺坐で取り組むと、
その到達点が違ってくる云々ということを本で読んで、最近は結跏趺坐もやっています。
結跏趺坐で座ると、最初まず足が痛いのですが、しばらくすると気にならなくなります。
そして、30、40分くらいして終了し、足を崩すとまた痛みがあります。
正座はずっと続けてきたこともあり、やると心が凄く落ち着きます。
結跏趺坐の場合は、心の落ち着きも訪れるし、心のはつらつさも訪れる、
そんな感覚的な印象も持っています。
瞑想後に鏡に映る自分の顔を見ると、眼力がアップしたような気もしています。気のせいかもしれませんが。
ですので、朝は結跏趺坐が良いのかな?なんて思っています。
正座は、以前から心を落ち着ける目的でずっと続けてきているので、
「心を落ち着ける型」になってもいるので、夜の瞑想は正座することが多いです。
これから、しばらくは、正座と結跏趺坐を両方やっていこうと思っています。

IMG_5490.JPG

いつも本当にありがとうございます。
みなさんのクリックが増えるのが励みになります。
よろしくお願いします。

にほんブログ村



posted by ChiAki at 06:00| Comment(0) | 瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

禅マインド、ビギナーズマインド

先日、福岡国際マラソンで、第三位、日本人一位になったマラソンの大迫選手が、進めていた本
禅マインドビギナーズマインド(鈴木俊隆著)を読み始めました。
IMG_5488.JPG

鈴木俊隆さんは、静岡県焼津市のお寺林叟院(りんそういん)rinso-in.com/の元住職、
アメリカで禅を普及した人ということは知っていましたが、その著作を読んだことがありませんでした。
マラソンの大迫選手に遅れをとってしまったので、慌てて笑、読み始めました。
大迫さんは、早稲田大学の出身、一年生の時に箱根駅伝で第一区で区間賞を取った時の印象がとても強いです。早稲田出身なので、瀬古選手は意識しているようですが、卒業後は日清食品、ナイキオレゴンプロジェクトといったところに所属しているので、瀬古選手の指導を受けていないのが強さの理由の一つなのでは?と私は勝手に思っています。ナイキオレゴンプロジェクトって、瀬古選手が現役時代にライバルであったアメリカのサラザールがヘッドコートということですから!瀬古さん、選手としては一流ですが、指導者としての腕は????ですものね。



本はまだ読み始めたばかりで、書評はまだまだ書けません。

いつも本当にありがとうございます。
みなさんのクリックが増えるのが励みになります。
よろしくお願いします。

にほんブログ村

posted by ChiAki at 06:00| Comment(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

統合とは

どちらを選択すべきか?という問いを立てると、どちらが良いか?と葛藤が生まれる。
葛藤が生まれると、判断できなくなって、身動きできなくなることがある。
その葛藤から脱出するにはどうしたら良いか?
葛藤状態、つまり二元系からの脱出することが、統合の意味するところだとトレイシーは言います。
そして、そこから抜け出す方策として、波動を上げる!と言います。波動を上げると、新しい第三の道が見えてきて
確かに道は拓けることがあります。そして時間さえ操ることができます。「ベンディングタイム」という言葉が出てきます。

でも、それ以外にも方法はあります。思考を使うのです。
両方やるには、どうしたら良いか?という問いを立てるのです。
この思考内容へと遷移すれば、二者択一の葛藤から脱出できます。
IMG_5465.JPG


いつも本当にありがとうございます。
みなさんのクリックが増えるのが励みになります。
よろしくお願いします。

にほんブログ村



posted by ChiAki at 06:00| Comment(0) | 瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

質より量より更新頻度…筋力をつける!

立花岳志さんのメルマガを読んで、そういうことだったのか?と気づいて
それから、ブログ更新を続けることが出来ています。
ブログが更新できないのはなぜか?
ブログが長い間更新できずに中断してしまうのはなぜか?
それは、ブログで情報発信することを自分自身で許していないということが
立花さんのメルマガに書いてあり、私自身も思い当たる節がありました。
(しょうもない文を書くな!とか、どうせ僕が発信する情報なんて…という思考等によって、
情報発信をすることを許さない、制限してしまうという、
自分自身でブレーキを踏んでいるということに気が付いたのです。)

それが今年の5月6日。その日から、一日一度は更新しています。
IMG_5481.JPG
また、立花さんのBe塾にも参加して、お話を聞いて、教わったことをいくつか実践しています。
「質より量より更新頻度」が基本の基ということですので、
とにかく一日一度は更新するという、「小さな習慣」を愚直に実践している最中です。
もう、12月6日を過ぎましたので、7ヶ月間はそれを続けています。
更新の内容はショボイものが多いですが、「質より量より更新頻度!」ですので、一日一回は更新しています。
7ヶ月続けてみて感じるのは、「書く」ということに対する抵抗が小さくなったということです。
そして、「何も書かない」ということに対しては、抵抗がある!ということです。
ブログ筋力をつける!とも立花さんは言いますが、やってみて、その意味が分かってきました。
そして、2、3行書こうと書き始めて、5行、10行と書けるという日も良くあります。

今日も書き始める前は、こんなに書けるとは思っていませんでした。

いつも本当にありがとうございます。
みなさんのクリックが増えるのが励みになります。
よろしくお願いします。

にほんブログ村






posted by ChiAki at 06:00| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

落ち葉集め禅

先日、落ち葉を集めておくスペースを作ったことをここでも報告しました。
http://e2qr.seesaa.net/article/455279763.html?1512893251
http://e2qr.seesaa.net/article/455325261.html?1512893331
今週末は出かけていていたので、あまり時間がなかったのですが、
なんとか落ち葉集めをしまして、だいぶ落ち葉が集まりました。
このような袋に集めた落ち葉を入れて、それで収集スペースへと持っていきます。
IMG_5509.JPG
この袋はアマゾンで買いました。
収集スペースへと持ってきたら、袋をひっくり返して、落ち葉を置きます。
IMG_5510.JPG
今日は、4杯くらいの落ち葉を持ってきました。
それで、スペースは満杯になってしましました。
IMG_5512.JPG
これに、土とか置いたり、水分調整して蓋をするとか、そういうのはさぼってそのままにしておくつもりなおですが、それだと腐葉土化するのにだいぶ時間がかかるかと思うのですが、それで良し!と思っています。
しかし、落ち葉はまだまだたくさんあるし、、ですので、あともう一か所くらいは腐葉土化スペースを作っても良いかな?とも考えています。
やり方も我流で、効率も悪いのですが、落ち葉集め禅?なんてちょっとだけ考えて、作業をしています。
歩行禅や草取り禅に続いて、落ち葉集め禅とでも言っておきます。
とにかく、作業後はとてもさっぱりして、気分が良くなるのは事実ですから。


いつも本当にありがとうございます。
みなさんのクリックが増えるのが励みになります。
よろしくお願いします。

にほんブログ村



posted by ChiAki at 06:00| Comment(0) | 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

習慣化と脱習慣化

以前と比べ、自宅で、ビールを飲む機会、量が減りました。
それに伴い、つまみとして食べるポテトチップスの量も減りました。
この両者は分離不可で、ポテチを食べたくなるので、一緒にビールも飲むというのと
ビールを飲みたくなって、つまみにポテトチップスを食べたりという状況でした。
ビールは好きで良く飲むのですが、身体が冷えるのも事実で、
飲んでいる時は気分が良くなっているにですが、
翌朝はあまり気分が良くないということが何度もありました。
でも、夕方になるとまたビールが飲みたくなる。
これは、脳が疲れてくると前頭葉の働きが低下してきて、
ビールを飲んだ時の気分の良さだけが記憶に上がってくるためだと自分で理解するようになってきました。
飲んだ翌日の、冷えた身体や気分の良くない状況も何度も何度も経験して、
夕方になると、なんとなくビールが飲みたくなる感覚も何度も何度も経験して
学んだ結果です。
夜、ビールを飲むのが減ると、ブログを書いたり、占いの勉強をする機会時間が結果として伸びてきました。

このような思考ができるようになったのは、小さな習慣という本を読んで、習慣化するプロセスについて、
学んだからです。脳がどのような作用をするのか?脳をだまして、習慣化するということなので、
脳の働きが分かってくると、悪い習慣に自分で気づくことができ、
結果として悪い習慣を止めることができます。



いつも本当にありがとうございます。
みなさんのクリックが増えるのが励みになります。
よろしくお願いします。

にほんブログ村



ラベル:習慣化
posted by ChiAki at 09:00| Comment(1) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

12支を2周

占いを本で読んだだけではマスターするのは難しです。
やってみて、そう思いました。
そこで、断易の学校に通って勉強しました。
断易の勉強を始めるきっかけとなった、六爻占術ですが、テキストが難しいと、ここでも何度か書きました。
そのテキストですが、いろんなことが書いてあり、ぜひ理解を進めたいと思っています。
そこで、以前からその著者のトラさんのDVDを観てみたいと思っていました。
そんな中、不思議研究所から過去のトラさんのセミナー第一回目(2006年)のDVDの格安販売の案内が届きました。
格安と言っても、定価と比べて格安ということです。
でも、買ってみました笑。そして、それが届いて、観はじめました。
IMG_5439.JPG

その冒頭に、
「トラさんとの出会いは12年前、12支一周回って、ようやく六爻占術・・・・」という森田さんの説明がありました。このDVDを本格的に勉強するのは来年2018年になると思っているのですが、
このDVDのセミナーが開催されたのが、2006年、それから12年後、十二支1周後になります。
この12年、僕が受け入れるのに十二支1周が必要だったということになります。



posted by ChiAki at 06:00| Comment(0) | 断易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

占いの勉強、、深い…

断易の勉強を続けていますが、やればやるほど、深みにはまるというか、その奥深さを感じます。
卦からどこまで洞察できるか?
それは、占い人、学ぶ人が、どこまで追うか?
どこまで求めるか?によって決まります。
どこで、諦めるか?どこで良しとしてしまうか?とも言い換えることもできるかと思います。
極端な話、直観とかリーディングでいろいろなことが分かるでしょうから、占いの勉強などする必要はないという人もいるかもしれません。ですが、勉強してきて思うのが、顕在意識が認識できていないことを顕在化できる、顕在意識が見落としていることを意識化できる翻訳装置としての機能が占いにはあるということです。
意識を一度絞って、その後再度意識を拡大させる、そのプロセスがコインを投げて卦を出して、卦を読むという流れの中に凝縮されているのです。それは、瞑想によって意識を集中することにより、意識の拡大が起きることと相似なのかもしれません。そしてそのプロセスを繰り返し行うことによって、高次元の世界とのパイプが太くなり、外応による占断ができるようになったり、直観が研ぎ澄まされたりするのではないか?と思うのです。

いつも本当にありがとうございます。
みなさんのクリックが増えるのが励みになります。
ぜひ、ワンクリック、お願いします。

にほんブログ村


posted by ChiAki at 06:00| Comment(0) | 断易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

栗の木の剪定

以前からやりたかったこと、落ち葉集めの枠作りと栗の木の剪定です。
http://e2qr.seesaa.net/article/455279763.html?1512471676
栗の木は、新しく植えた栗の苗木のことではなくて、それらとは少し離れたところにある栗の木のことです。
この栗の木は、別の栗の木から落ちた栗の実が目を出して自力で大きく育った栗の木です。

この栗の木が大きく育ってきて、電柱間の電線や隣家の屋根にかかってしまってきたので、剪定したいと以前から思っていました。そして栗の実も終わり、葉もそろそろ落葉しはじめたこの頃、この前の週末に思い立って剪定しました。栗の木の剪定どころか、普通の樹木の剪定もほとんどしたことなかったのですが、やってみると、何とかなるものです。
出来栄えは??ですが、なんとか電線や隣家の物置の屋根に架かっていた枝を切り落としました。
まだ、不十分?かもしれませんが、今年はこのくらいにしておいて、来年の春夏でどのくらい伸びるか確認して、次年にまた枝を整えようと思っています。
IMG_5427.JPG
IMG_5428.JPG
気分的にとてもさっぱりしました。栗の木さんはどう思ったかは不明ですが…。


いつも本当にありがとうございます。
みなさんのクリックが増えるのが励みになります。
よろしくお願いします。

にほんブログ村

posted by ChiAki at 06:00| Comment(0) | 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事