UA-65034833-1

2017年06月30日

鎌倉小町通り、ね小町ビル

鎌倉の小町通りに久しぶりに行きました。
そこで、今まで気づかなかったのですが、面白いお店がありました。
そのお店は、ね小町ビルの2階にありました。
IMG_1999.JPG
ねこ雑貨専門店、あーとショップね小町というお店です。
IMG_1998.JPG
お店に入ると、大きな大きなネコの人形がありました。
IMG_1997.JPG

それでびっくりしたのですが、奥には大仏ねこ様がいてさらにびっくり。
IMG_1996.JPG

結局、小さな金色の招き猫を買いました。かわいいでしょ笑

FullSizeRender.jpg

いつもありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキング上位を維持できています。
みなさんのクリックが励みになります。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村

ラベル:鎌倉 小町通り
posted by ChiAki at 00:00| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

結跏趺坐へ挑戦

このブログは禅のコーナーへ登録しているので、今さら結跏趺坐へ挑戦と書くと笑われてしまいそうですが、それでも書いてみます。
このブログをずっと以前から読んでくれている方(いるのかわかりませんが・・・)、僕は正座(日本座ともいうそうです)をしていました。
でも、本を読むと禅は結跏趺坐を薦めていることが多いです。そして、それが難しいようでしたら、半跏趺坐でも良いし、あぐらでも良いと書いてることが多いです。

それで、以前にも結跏趺坐をたまにやることがあったりはしたのですが、一念発起して、結跏趺坐に取り組もうとした数か月前、やってみたら足が攣って、正座に戻し、翌日もトライ、また足が攣ってしまって、正座や半跏趺坐にしてその後はずっと正座でした。
で、数日前にまた思い立って結跏趺坐のしてみたのですが、今度は足が攣りません。30分くらいやって、その後10分正座をして終了しました。
で、仕事で会社に行くと、なーんかインターフェイス、人間関係が変わったような気がしました。
それで、翌日また結跏趺坐をしてみて、足はつらなかったので、40分くらい座りました。
このような様子なので、しばらく結跏趺坐を続けてみようかと思っています。
たまに正座を混ぜて、、

というのは長年正座できたので、心を落ち着かせる、ということでは、まだ僕には正座が「型」として効果があると感じているからです。

禅の参考にしている本を紹介しておきます。
一日10分の坐禅入門」角川ONEテーマ21
高田明和さんというお医者さんが書かれた本です。


いつもありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキング上位を維持できています。
感謝しております。

今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村

posted by ChiAki at 00:00| Comment(0) | 瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

車で鎌倉にふらっと行くには

鎌倉に車で行こうとすると、アクセスする道路が渋滞することが多いです。
そして、鎌倉市内も渋滞が多く、また駐車場も満車で駐車に苦労することが多々あります。
そこで、僕がやっているのは、近くの駅、例えば大船駅近隣の駐車場に車を駐車して、そこからJRで鎌倉駅まで行くという方法です。
大船駅から鎌倉駅まで、2駅、大船、北鎌倉、鎌倉です。
北鎌倉駅で散策して、さらに鎌倉駅まで歩くというのもありかと思います。
IMG_2006.JPG
大船駅まで、徒歩3から5分くらいだったかな、駐車代金最大1800円。

西友の横にあります。ここが一杯でも、周りに他がいくつかあるので、混んでいてもなんとかなるのでは?と思います。2回行って、2回とも成功しました。
IMG_2007.JPG


いつもありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキングでも上昇しています。
みなさんのクリックが励みになります。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村


posted by ChiAki at 00:00| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

富士山まんじゅう

東名高速下り線、駒門パーキングエリアが、まったく新しく生まれ変わりました。
以前は狭くて非常に小さなPAだったのですが、場所を少し移して、とても広いPAになりました。
IMG_1922.JPG

富士川SAの楽市楽座のように国道246側からも利用することができるようになっています。
新装後に初めて利用してみたのですが、食堂や売店は、思っていたほど、良いとは感じられませんでした。
近隣の御殿場時之栖の出張所みたい。そこを知っていると個性を感じられませんでした。
野菜も売っていますが、こころ惹かれませんでした(笑)

そこで売っていた富士山まんじゅうを親へのお土産に買ってみました。
IMG_1923.JPG
食べてみた感じはふつう(笑)
IMG_1926.JPG

伊豆長岡の温泉まんじゅうの方が、グッドかも。。。
これから、食堂や売店の質的向上を期待します!

いつもありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキングでも上昇しています。
みなさんのクリックが励みになります。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村

posted by ChiAki at 00:00| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福井紀行まとめ

ゴールデンウィークに行った福井の記事を何度かに分けてアップしてきました。
その記事をまとめました。
ゴールデンウィーク、突然福井に行くことなりました。
まず、宿泊先ですが、インターネットや電話を駆使して、なんとか取れました。
突然だと、逆にキャンセルが出たするようで、電話すると、その日は一杯です、あって今キャンセルが出ました!とか言って予約できたりします。

さて、ここから本編です。
サンダーバード33号へ福井駅へ。そこに恐竜が待ち構えていた・・・。
白山平泉寺や永平寺のある福井へは電車で行きました。
突然行くことになったので、京都から行きました。移動はサンダーバード号。
名前はかっこよいのですが、電車はごく普通の特急電車でした。
IMG_1027.JPG
京都から福井へはこのサンダーバード号であっというまでした。
そして、福井駅へと着くと、恐竜がベンチに座って歓迎してくれました。
よく福井まで来てくれた、まぁ休んでくれよ、といいいそうな感じです。
IMG_1028.JPG

着いたのは夕方、もう暗くなり始めたころ。レンタカーで移動して、変わったところに一泊しました。
ちくちくぼんぼんという施設です。
正式名称?は、坂井市竹田農山村交流センターというそうです。
廃校になった小学校の廃校舎をリノベーションし、宿泊施設にしたそうです。
到着時は暗かったので、到着して建物を見ても、元学校という感じはしませんでした。
IMG_1029.JPG
ゴールデンウィークで予約が取りにくかったと最初に書きましたが、ここはまだ余裕がありました。
ですので、宣伝したくて!ブログに書いているのですが・・・

株式会社 OKUTA(オクタ)/ OKUTA Family一級建築士事務所さんのHPより引用しました。
リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることを言います。
英語で「renovation」は「革新、刷新、修復」を意味し、リフォームがマイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いに対して、リノベーションはプラスαで新たな機能や価値を向上させることを意味します。よりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりすることなどが含まれます。
施設に到着したときは、すでに暗くなっていたので、元学校とかそんな感じはしませんでした。
でも、入ってみるとやはり学校の面影が多々ありました。
食堂はこんな感じ。以前は、ここで子供たちが給食を食べていたんでしょうか。
IMG_1032.JPG
ここの黒板!にこんな紹介が。
IMG_1030.JPG
食事を作っているのは、この施設の近隣に住むお年寄りの方々だそうです。
IMG_1031.JPG
IMG_1033.JPG
出てきた食事は写真の通りなんですが、とても温かい気分で、温かい食事を食べました。
内部、廊下もきれいに改装されていて、清潔感があり、しかもハイセンスな感じです。単なる田舎の建物ってものではありません。
IMG_1036.JPG
とても洗練されたデザインです。
IMG_1037.JPG
あらためて朝明るくなって、元校舎を眺めましたが、やはり学校ぽくないですね笑

IMG_1038.JPG

翌朝、近隣を散歩しました。
IMG_1043.JPG
ここは、大きな水車、オルゴール!、そして農作物やその加工品の販売所がありました。
まだ早朝なので、人はいませんでしたし、お店もオープンしていませんでした。
IMG_1040.JPG
朝ごはんも地元産の食材を使って、派手さはないですが、素敵な朝ごはんでした。
このご飯は、先ほど散歩したメロディーパークでも販売すると、朝食を作ってくれた地元の「おばぁ」さんがおっしゃっていました。

この施設、リノベーションによって、元学校の雰囲気を残しながらも、とてもハイセンスなおしゃれな空間に生まれ変わった学校を舞台に、地元の方々が協力してお年寄りも巻き込んで、田舎の活性化を企てる、とても素敵なところでした。

近隣には日帰り温泉もありました。
ちくちくボンボンには、シャワー施設がありましが、湯船のあるお風呂はありません。
お風呂に入りたいかたはこの近隣の日帰り入浴施設を利用されると良いかと思います。

福井で行ったところ、まずは白山平泉寺。
平泉寺にある白山神社というべきなのか、、その辺はどうでもよいのかもしれません。
IMG_1074.JPG
IMG_1092.JPG
福井に行くまで、実は知らなかったのですが、まっぷる福井を読んで行きたくなって、行きました。
そこは、以前はいろんなことをやって、今はすっかり落ち着いた、いい感じのおじさん、みたいな印象でした。
観光客はそこそこいるのですが、境内の、ところどころで静寂がやってきます。
IMG_1065.JPG
こちらは、平泉寺の由来になった、御手洗の池。神社創始者泰澄が訪れた際、白山の神が表れたという池です。
行ってみると、とても感じの良いところ。ここに女神が現れたのは本当なのでは?と思いました。
IMG_1085.JPG
祭っている神様について、いろんな意見があるようですが、僕は感覚的に、あまり気にせず、その場を感じてみればよい!そう思います。
IMG_1071.JPG
質実で地味なのですが、神社境内説明用にスマホのアプリなんかもあって、ハイテクな面もあります。
この後に行った永平寺とは対照的なところ。
修行には永平寺が良いのかもしれませんが、ここで瞑想すると心の平穏がやってくる、そんなところです。
瞑想しなくても、やってきますから。
参拝する際には、入り口にある情報館歴史探遊館まほろばにまず寄って、予習をすることをおすすめします。
こちらは、そこでいただいた資料です。
IMG_1380 (編集済み).JPG
IMG_1381 (編集済み).JPG

IMG_1382 (編集済み).JPG

お昼は遅くに入り口近くのお蕎麦屋さんでいただきました。
IMG_1080.JPG
かつお節が独特のようで、香ばしく、おいしかったです。このお蕎麦、おすすめです。
一度は食べてみてください。



そのあとは永平寺。
永平寺へは初めて行ってきました。連休中のためか、凄い人混みでした!
IMG_1138.JPG

そしてもう一つ驚いたのが、拝観料チケットの自動販売機でした。ラーメン屋さんにあるチケット販売機のようなのが何台もありました。永平寺というと厳しい修行の印象を勝手に持っていますが、、修行中の若いお坊さんが大勢いました。観光客向けのビジネス展開しているそのすぐそばで、修行中のお坊さんが大勢いるのも新鮮でした。今の季節は気候が良くて過ごし易いけれど、冬の間は大変だろうなぁ。IMG_1123.JPG
IMG_1128.JPG
お寺の建物は皆、立派でさすが永平寺。
IMG_1132.JPG
IMG_1136.JPG
写真を撮り忘れましたが、門前町も人が溢れていて、名物の胡麻豆腐を食べました。かなりいけましたので、お土産にも買ってきました。豆腐というより、スイーツ!黒蜜とか蜂蜜をかけて食べると一層美味しくなると思います。
永平寺、信仰修行とビジネスの併存、というかビジネスも修行か。勉強になりました。仙術、道教では、マーケットと共にあってこその修行ということを学んだことがありますが、永平寺のスタイルも同じことを教えてくれているのか?と書きながら思い出しました。毎日の修練に会社員生活も含まれるのかもと思いました。そんなの当たり前だという声が聞こえてきそうですが…。
とはいえ、自由への道を切り拓き、苦行からは脱出!がこのブログのテーマです。

福井紀行、まだまだ続きます。

次に行った越前大野城は、最近人気のスポットだそうです。
このことをまっぷる福井を読んで知りました。
IMG_1618.JPG
人気の理由は、雲海の上に浮かぶ「天空の城」として有名にになったこと。
IMG_1613.JPG
まっぷる福井から
この天空の城、というのは、数年前の写真コンクールで出品された写真が賞を取ったことがきっかけだそうです。その天空の城展望スポットというには、近くの犬山というところだそうですが、今回は、時期、時間的に天空状態は拝めないので、お城自体に行きました。
ちなみに天空の城が現れるのは、10月から4月にかけて、一定の気象条件がそろった早朝だそうです。
朝日が射して輝く城や、霧が晴れて姿を現す城下町など、刻一刻と変わる幻想的な美しさが人気だそうです。
この越前大野城の天守へと行くには4つのコースがあるのですが、時間がなかったので、最短のC西登り口から目指しました。一番急ですが、時間は一番かかりません、というとです。
IMG_1616.JPG
その階段を何とか登りきって天守近くまで
IMG_1106.JPG
そしてこれが天守閣。夕方遅かったので、天守閣に登ることはできませんでしたが、雰囲気は味わえました。

IMG_1104.JPG

このお城がある越前大野というところは、田んぼのあちこちに芝桜が咲いていて、とても美しい町です。
IMG_1099.JPG
IMG_1098.JPG
IMG_1100.JPG
なんでも、この芝桜、町の人々が少しずつ、自発的に植えていって、今のような芝桜だらけの町になったそうです。町のには、こんなポスターもありました。シバサクラまつり、主催はシバサクラの里実行委員会、後援大野市、福井新聞社、場所国道158号沿い!!(乾側地区)
IMG_1103.JPG
この日の宿泊は阿さひ旅館さん。落ち着いた雰囲気の旅館でした。食事も福井らしい蟹から、大野らしい山菜の天ぷら(おいしかったでです!)まであって、満足しました。お風呂は温泉ではありませんが、ちょうどよい広さで、清潔な浴室。充分身体が休まりました。
IMG_1114.JPG

IMG_1115.JPG
IMG_1117.JPG
IMG_1116.JPG
IMG_1118.JPG


恐竜博物館の近くのホテルにも一泊しましたが、入り口にも、恐竜の卵が。。。
IMG_1064.JPG
このホテルが、電話をしたときちょうどキャンセルが出て、宿泊できたホテル。

実は福井県は多くの恐竜の化石が発見された恐竜の町。
恐竜博物館なるものもあって、子供のいる家族連れには大人気の場所だそうです。
ですので、近くのホテルもすぐに満室になるようです。
恐竜博物館、行きたかったのですが、時間がなくていけませんでした。
再度福井に行く機会があったら、ぜひ行ってみたいのが恐竜博物館です。

それから、福井といえば朝倉氏、柴田氏。
ここ福井で、戦国時代に様々なドラマが展開されました。
そして、その物語は大阪の陣へと続いていきます。

福井はお市の方の生まれ故郷、織田信長家臣柴田勝家公の奥方であり、そして、そうあの淀君のお母上です。

大阪の陣の記憶については、またいつか書くことがあるかもしれませんし、書かないかもしれません。


さて、帰りはサンダーバード号ではなく、しらさぎ号でした。
京都に戻るならサンダーバード号で良かったのですが、今度は名古屋に行くのしらさぎ号。
駅についてみどりの窓口へ。指定席最後の一席だとJRの窓口のお兄さんが言っていました。
こんな偶然が続いた福井の旅でした。
IMG_1139.JPG

福井県、初めて行ったのですが、面白いところでした。
また行って、今回行きそびれたとこ行きたいな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもいつも、本当にありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキングで上位にいます。
みなさんのクリックが励みになります。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村

posted by ChiAki at 00:00| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

上御霊神社2 応仁の乱勃発の地

上御霊神社について、書きました。
この上御霊神社のある地は、あの応仁の乱の勃発の地であるそうです。
IMG_1881 (編集済み).JPG
この写真の右端付近に見えるのが、この応仁の乱勃発の地の石碑です。
IMG_1878.JPG
応仁の乱勃発地とあります。
その説明文
IMG_1879.JPG
この神社の御利益に、「心しずめ」があるそうです。
行ってきて、このブログを書きながら、そのご利益を実感しています。
以前より心が落ち着いている気がしています。

いつもありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキングでも上昇しています。
みなさんのクリックが励みになります。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村


posted by ChiAki at 13:00| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上御霊神社

相国寺から大通りへ戻り、地下鉄鞍馬口駅へ向かう途中に上御霊神社があります。
IMG_1881 (編集済み).JPG
鳥居をくぐると大きな門があります。
IMG_1876 (編集済み).JPG
立派な門です。
そして本殿。
IMG_1874 (編集済み).JPG
IMG_1875.JPG
ここも、通りすがり、なんとなく入ったのですが、とても感じの良い神社です。
庶民の味方、そんな感じです。
というのも、こんなことがあったからです。
6月末に執り行われる大祓いの儀で、祓われる式神が本殿前においてありました。
名前を書いて入れておいてくださいという箱があって、
そのお代は、参拝時のお賽銭でいいですよということでした。
他にもそういった配慮が随所に感じられたからです。
拝殿?にはこんなお花が飾ってありました。
IMG_1873.JPG
かわいいですね笑

神社の由緒書の写真。この神社の歴史等が書いてあります。
IMG_1872.JPG

そして、あと一つ、ここは実は別なことで有名なことがありました。
つづく  (笑)


いつもありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキング上位を維持できています。
本当に感謝、感謝です。

今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村


posted by ChiAki at 01:00| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

鎌倉猫大仏様

ふらっと鎌倉に来ました。
降っていた雨もあがったので、小町通りをふらり。
猫大仏様に遭遇しました。
ご利益あるかな?
きっとあります!
E85390E4-FE17-4F1B-BE17-CC389929EE64.jpg


いつもありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキングで上位を維持できています。
みなさんのクリックが励みになっています。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村
posted by ChiAki at 16:52| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同志社大学、相国寺

京都に行く機会があり、その時に同志社大学の前を通りました。
きれいな建物、校舎が目を引きますね。一言でいうと、格好イイ笑
IMG_1852.JPG
IMG_1855.JPG
IMG_1854.JPG
せっかくなんで、敷地内に入ってみようかな、学食でお昼ご飯をたべてみようか?なんて思いながら、結局スルーして通りすぎ、通りを進んでいくと、お寺があるようです。
せっかく京都に来たのよってみるかとそのお寺に行ってみることにしました。
IMG_1866.JPG
そのお寺の名前は相国寺。初めて聞きました。
でもかなりの名刹で、京都五山の二つ目ということを後から知りました。
IMG_1863.JPG
この門は重要文化財だということです。

IMG_1864.JPG
IMG_1861.JPG
IMG_1862.JPG

このお寺には美術館があるとうことで、今はちょうど特別展が行われているということ、せっかくなので入ってみることにしました。
IMG_1857.JPG
「禅林美術展」ここのブログのネタのためにあるような美術展です。
白隠禅師も関係しているようです。白隠禅師は静岡県の沼津市のご出身。
近いうちに縁のあるお寺に行ってみようかな?なんて思いました。
美術館では、国宝のお茶碗掛け軸といっていいのか、書がきれいに、もしくは躍動感持って書かれたもの等がたくさん展示されていました。私には消化不良というか、理解が不十分でした。
館内で焚かれていたお香の香りが気に入ったので、買ってきました。
心遠香という、沈香を使ったものです。
IMG_1901.JPG
「心遠」とは心が深遠であること、志を遠大にすることの意。転じて俗界を超越することを意味する。

IMG_1858.JPG
境内から表通りに出る道からは同志社大学が良く見えました。
IMG_1871.JPG

やはり、かっこういいです。
いつもありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキングでも上昇しています。
みなさんのクリックが励みになります。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村

ラベル:京都 同志社大学
posted by ChiAki at 00:00| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

自由へのとびらをひらく!

例によって、過去ブログ記事を読み直していて、こんな記事を見つけました。
自分のブログ記事です。
へミシンクのカテゴリにあるので、へミシンクをやっていたころ書いた記事です、たぶん。
誰が書いた?僕?
ガイドとやり取りを記録してかいたのかな?と思いました。
自分でも再び読んで勉強になったので、再掲します。

2012年07月12日

自由へのとびらをひらく

人生は自分で作りあげる。

運命は決まっているのでしょうか?
人生は計画されているのでしょうか?

僕は人生は作り上げるものだと思います。
たとえ、決まっていたとしてもです。

すべては今にはたき込まれています。
過去も未来もです。
未来が決まっていると思えば、決まっている未来が出現します。
未来は変えられると思えば、変わります。
過去も未来も、今にあるからです。
過去、今、未来へという一筋の流れは、「地球慣性系」の視点による捉え方にすぎません。

地球慣性系内という限定界では、時間列による支配が強いですが
すでに地球慣性系が宇宙支配系の中に開かれつつあるので、運命の支配からも拓かれつつあります。
運命を決めるというフォーカス27がどこにあるか?を考えてみてください。

つまり地球がフォーカス27支配系からフォーカス35支配系、さらにはさらに上位のフォーカス支配系に移行しているということです。
すなわち、フォーカス27的輪廻はすでに崩れているということです。
恐れるべきは、古典的輪廻論を読んで、その支配系に自ら入って行って、その支配系に溺れてしまうことです。

既に地球慣性系から飛び出す扉がひらかれているというのに
わざわざ、自分自身が作り出した、運命決定的古典輪廻論の世界に自分から溺れに行くことはないと思います。

さらに続けます。

すべては今にあると書きました。
さて、今とは何でしょうか?

そう、今は、何でもありません。
今は空っぽです。

今は空っぽならば、今にはたき込まれているすべては空っぽのはずです。
すなわち、何もないことになります。


IMG_2380.JPG


いつもありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキング上位を維持できています。
みなさんのクリックが励みになっています。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村
posted by ChiAki at 13:00| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暴風雨後のさわやかな朝

先日の暴風雨の後の朝、家庭菜園を見に行ったと書きました。
菜園は全く無事だったから思えるのでしが
雨も悪くないな、と思いました。
畑も樹々もとても良い感じだったからです。
IMG_1960.JPG
IMG_1973.JPG
栗の苗も青々しくなっています。緑のネットは鹿に若芽を食べられないように被せています。
IMG_1972.JPG
↑利平という栗
IMG_1969.JPG
ポロタンという栗。渋皮がぽろっと簡単に剥けるので、ぽろたんというそうです。
(農研機構という、日本の農業の研究機関で品種開発されました。農研機構は、にこまるというお米の品種やべにはるかというさつまいもの品種も開発しています。)

クヌギの木に、今朝はスズメバチ、来ていません。
IMG_1971.JPG
畑潅水用のバケツに水が増えました!ちょっと前にはほとんど空になっていたので、これからさつまいもに水をあげるのに助かります。
IMG_1967.JPG
IMG_1968.JPG

いつも本当にありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキングでも上昇しています。
みなさんのクリックが励みになっています。感謝感謝です。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村

posted by ChiAki at 06:47| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

瞑想と精神性、その後

自分のブログを整理していて、こんな記事を見つけました。
2012年の投稿です。読んでみて、自分でもなるほど!と思うとともに
そのころから比べ、今の自分もあんまり進歩してないな!とガックリとしました。
進歩してないと思えるのが進歩だと、無理やり思ったところで、それこそ進歩なしです。

2012年09月18日
瞑想と精神性

ずっと正座(瞑想)を続けてきて、心が、それなりに落ち着いてきたり
自分というものが少しは分かってきたつもりでいたのですが、
今読んでいる本にこんなことが書いてありました。
「自分を支える心の技法」名越康文著 より

…そこでなるほど、と感銘を受けたのは、「自分の方が精神世界の修行が進んでいる」といった形で優劣を競うのは”精神の物質主義”に陥っているのだという批判でした。考えてみればそうですよね。「瞑想などの仏教修行を行う人のほうが、世俗を生きる人より偉い」という比較を行っている辞典で、その人は世俗の競争社会の枠組みからまったかく自由になっていないということですから。私は瞑想をやっているから、あの人より偉い」と思っている人の心の中は、間違いなく怒りで曇っています。

また、男の瞑想学;前田日明、成瀬雅春著には、こんなことも書いてあります。
「瞑想の練習をして瞑想の達人になろうとするのは日々の生活を快適にして充実した人生を歩むためです。それなのに日々の生活から逃れては瞑想の達人になる意味がありません。」

僕はカッカしやすいので、正座を続けている、というくらいでちょうど良いのかな、と思った今日でした。






いつもありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキングでも上昇しています。
みなさんのクリックが励みになります。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村
ラベル:瞑想 精神性
posted by ChiAki at 00:00| Comment(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

暴風後の家庭菜園

昨日の激しい風と雨。雨が上がった今朝、畑を見てきましたが、みんな元気でした。ミニトマトも、わき芽のトマトも、安納芋も。良かったデス。

38C6BA44-C766-4B7A-AD12-FA1A06CFAF0B.jpgD3819F2A-6539-4C94-BAC9-4120BCB0DC9E.jpg6DB118C2-0D2D-460D-9F9B-5BFEC10C7A63.jpg8A7BB8EC-C6BB-412F-9C55-A1AF0E8D135F.jpg581B3F92-1652-4775-A641-29871617589B.jpg



いつもいつも、本当にありがとうございます!
みなさんのおかげで、ランキングで上位にいます。
みなさんのクリックが励みになります。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村
posted by ChiAki at 06:03| Comment(0) | 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トマトもしぶとい!

ミニトマトを家庭菜園で作っています。
わき芽を摘んで、それを土にさしてみたところ、しっかり根付いて元気に成長しています。
すでに花もつけたのもあります。
IMG_1843.JPG
IMG_1844.JPG


また、前回ここでレポートした際に、少し調子が悪いのもあると書きましたが
しっかりと根付いたとは言い切れないものの、まだ枯れずに踏ん張って?いました。
この子にもなんとか根付いて育っていってほしいものです。
IMG_1621.JPG
↑前回報告時。もう枯れそう!
↓今日だいぶ元気になってきました。
IMG_1841.JPG

こちらも苦戦中のちっこいの。この子らも大きく育ってほしいものです。
IMG_1842.JPG

IMG_1845.JPG

もともとの苗はだいぶ大きくなって、すでに実もけっこう大きくなっています。

ちか
IMG_1847.JPG

アイコ
IMG_1846.JPG

かなり元気です。
IMG_1834.JPG
IMG_1835.JPG
実もかなり結実してきています。
にんにくの収穫が終わって、夏はミニトマトの収穫で忙しいなる…菜園、楽しいですよ!

いつもありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキングでも上昇しています。
みなさんのクリックが励みになります。
感謝しています。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村



posted by ChiAki at 00:00| Comment(0) | 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

にんにく収穫しました!そして今年の反省。

家庭菜園で作っているにんにく、6月16日の金曜夕方に収穫しました。
それほど広い畑ではないので、収穫はあっというま笑
IMG_1794.JPGIMG_1812.JPG
会社の終業後、速攻で、帰宅して、今の時期は日が長いのでその日のうちに収穫
収穫したにんいくは、翌日の早朝に束ねて、干しました。
今年は、小ぶりなのが多く、出来はそれほど良くありませんでした。
IMG_1837.JPG
にんにくは、今年で5回目の収穫になります。
4年目の昨年度がそれまでで一番のできだったのですが、それに油断して(笑)、今年は今一つでした。
原因は3つ考えられます。
ひとつめは、植え付け時期の遅れ。
昨年にくらべて、20日ほど遅れました。そんなに遅れたの?と思うかもしれませんが、
一昨年よりは早いんです。ですが、植え付け遅れにより、越冬前に育つのが遅れ
その遅れが最後まで挽回できなかった。
二つ目は施肥設計です。土壌分析を実施、残留のリン酸成分が増えてきたので、今年は思い切って減らしてみました。ですが、畑は火山灰土壌です。リン酸吸収係数が高いので、施肥量不足だったのでは?と今では考えています。もちろん、リン酸吸収係数を考慮して増やしているのですが、その加算分では不足だったということです。
三つめは連作の影響がとうとう出たかな?ということです。
今年で同じ家庭菜園で5連作目。とうとう連作の影響かな?なんて思いました。
毎年、太陽熱養生処理をしていますが、地力の低下を補う分の補充ができていなかったかな?とも考えています。今年の夏に太陽熱養生処理をする際には、その辺を検討して対策を実施します。
毎年の作業はエバーノートに記録しているので、土壌分析データの推移と施肥量と、養生時の実施事項等を再確認して、今年秋の植え付けに備えます。

追記)スタート時は、黒にんにんにくを電気炊飯器で作るためのにんにくを自分で作る目的でしたが
にんにく栽培自体が楽しくなってきて今に至っています。生のにんにくがほしいという人も多くて
だんだん量が足りなくなってきていて、今年の不作笑、今後は畑拡大も含め、考えないといけないなとも思っています。
追記2)土壌分析はつくばの川田研究所に毎年依頼しています。ここが一番正確で、ミネラル等の知見もあるので、おすすめです。
川田研究所HP
http://www.kawada-labo.com/

いつもありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキングでも上昇しています。
みなさんのクリックが励みになります。
今日もよろしくお願いします!

にほんブログ村
posted by ChiAki at 00:00| Comment(0) | にんにく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

さつまいもの強さを見習いたい!

さつまいもを植えました。今年は安納芋を選びました。
6月11日に植えた時は、しおれて地面に倒れていました。
http://e2qr.seesaa.net/article/450767478.html?1497614957
そして、ずっと放置しておいて、16日の夕方に見に行くと、しっかりと立ち上がっていました。
さつまいもは、強いです。
そして、今日はさらに、バケツに貯めている水をあげました。
IMG_1818.JPG
IMG_1819.JPG
IMG_1815.JPG
IMG_1814.JPG

これで、おそらく、苗は根付いたと思います。
あとは、鹿に荒らされなければ、秋には立派な芋が収穫できるかと思います。
草取りもそれほどしなくても大丈夫です。
手間がかかりませんし、肥料もほとんどいりません。
それでも、しっかり芋は育ちます。

昨年のべにはるかはとても甘い芋でしたが、安納芋もとても甘いお芋です。
今から、とても楽しみです。
さつまいものしぶとさ、強さ、甘さ!(笑)を見習いたいものです。


追記
さらに元気になつた6/20の夕方
756AE4E2-5D5B-475C-A707-6D426EB7F819.jpg573DD3D7-B58C-4A38-A182-89F5486CD6B6.jpg

いつもありがとうございます!!
みなさんのおかげで、ランキングでも上昇しています。
みなさんのクリックが励みになります。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村


posted by ChiAki at 00:00| Comment(0) | 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

朝の珈琲

朝起きたら、珈琲を淹れ、飲みます。
寝坊したり、他のことをどうしてもやりたいときは飲まないので
毎日ではないのですが、週に3日〜5日くらいは、朝飲みます。
お湯を沸かして、珈琲粉の上に落として・・・・飲みます。
このプロセスをゆったりとすることで、時間に余裕が生まれて、時間をコントロールできるような気分になります。
このゆったり感を味わいたいのが、一番の目的なのですが、
最近満尾正さんというお医者さんの書いた「老いない体のつくり方」という本にこんなことが書かれているのを見つけました。
「たった一杯のコーヒー」で驚きのアンチエイジング効果
コーヒーにはさまざまな健康効果があります。疲れると、脳に疲労物質がたまりますが、コーヒーを飲むとカフェインが疲労物質の作用を抑えてくれます。
そのほかにも、「1日一杯のコーヒーを飲むことで、糖尿病のリスクを13パーセントも軽減できる」という研究成果もあります。
こうした効用をもたらす成分は、コーヒーに含まれるクロロゲン酸です。クロロゲン酸は、強力な抗酸化作用を持つ第7の栄養素「ファイトケミカル」の一種です。1日にコーヒーを2杯以上飲む女性は、紫外線によるシミが少ないことが確認されています。
コーヒーもメイラード反応に関わる食品ですが、クロロゲン酸の抗酸化作用がその害を打ち消しているようです。野菜や果物を大量にとったうえで、コーヒーを2杯以上飲めば、肌の酸化対策は万全です。
ただし、いくら健康効果が認められていても、コーヒーを5杯も6杯も飲むというのは、やはり害になります。「何ごともほどほどに」は、コーヒーにもあてはまります。
IMG_1778.JPG
気分転換のために飲んでる珈琲ですが、いろんな効果があるみたいです。
ほどほど、継続して飲むのは心身に良いのは事実のようです。



いつもありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキングでも上昇しています。
みなさんのクリックが励みになります。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村




posted by ChiAki at 00:00| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

鮎沢パーキングエリア

東名高速上り線の鮎沢パーキングエリア、
わりとお気に入りです。
ここからは、富士山も見えるし、お花もたくさん。
IMG_1913.JPG
IMG_1909.JPG


IMG_1908.JPG
食堂も結構おいしいですし、ご飯そして味噌汁もお代わり無料です。
IMG_1911.JPG
IMG_1912.JPG

ツバメの巣も大切に?しています。

IMG_1914.JPG

ペットのためのスペースも。
IMG_1916.JPG

なんか、いい感じのとこですよ。
鮎沢パーキングエリアの紹介でした。



いつもありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキングでも上昇しています。
みなさんのクリックが励みになります。
今日もよろしくお願いします!

にほんブログ村

posted by ChiAki at 11:19| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松崎石部の棚田

西伊豆の雲見温泉のある松崎町をパワースポットの町として紹介してきましたが、ほかにも良いこと、あります。松崎町には、石部の棚田というきれいな棚田がある地区があります。
石部の棚田HPもあります。

IMG_3481.JPG

この棚田がある石部ですが、五井野正先生の著書「一念三千論で解く宇宙生命の秘密」の127ページに出ています。かつて研修所を西伊豆の山中、石部に作ったそうです。後になって五野井先生の著書を読んで知ったのですが…。
IMG_3479.JPG


また、松崎では、この季節6月はホタルがたくさん飛びかうそうです。
いいこといっぱいありますね、松崎。
書いていて、また行きたくなりました笑
IMG_3486.JPG
写真には富士山もうっすら写っています。
先日このブログに書いた堂ヶ島等との位置関係は以下の写真でわかるかと思います。

IMG_3484.JPG


いつもありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキングでも上昇しています。
みなさんのクリックが励みになっています。
感謝しています!

今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村




posted by ChiAki at 00:00| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

松崎雲見温泉烏帽子山からの富士山

ブログの過去の記事を整理していて、重大な!?笑ことに気づきました。
2016年のお正月に行った松崎の雲見温泉の記事を書いていないことに気づいたのです。
2015年のお正月に行って、とてもよかったので2016年のお正月にも行ったのです。
そこで、pcに残る写真を眺めて、思い出しながら記事を書くことにしました。
なぜなら、2016年のお正月の旅行は、今までの旅行でも印象深いものの一つだったからです。
IMG_3411.JPG
IMG_3413.JPG
夕方の烏帽子山山頂からの景色ですが、富士山そして水平線に沈む夕日がとてもきれいでした。
IMG_3420.JPG
松崎にある雲見温泉から見える富士山は、西伊豆から見る富士山の中でも一番の美しさです。
烏帽子山から見る富士山、浜から見る富士山どちらもすばらしいです。
IMG_3450.JPG
そして、ここはただ景色が良いだけではなくて、凄いパワースポットなのです。
IMG_3395.JPG
烏帽子山山頂には磐座があります。その磐座は、古代には太陽信仰の祭事場だったのではないか?と思います。さらに浅間神社が祀られていて、祠もあります。
IMG_3401.JPG
↓こちらは拝殿にて
IMG_3397.JPG
その山頂からの夕方の景色が、最初に出した写真です。
烏帽子山山頂へは、すこし険しい道を登るので、疲れますが、景色も良いし、力が強いし、で頑張って登る価値があります。時間もそれほどはかかりません。下の写真を拡大すれば、時間とか距離もわかると思うので、見てみてください。pcだときれいに見えるけれど、スマホだと圧縮されているかも、です、画像。
IMG_3476.JPG
そして、この雲見温泉には、素敵な民宿旅館がたくさんあって、源泉かけ流しの温泉がほとんどです。
烏帽子山に登らなくても、温泉だけでも充電できます。お湯の力が強いですから。
そして、もう一つ重要なことがあります。
料理が秀悦なんです。お刺身や煮つけがすばらしく、量も食べきれないほど出てきます。
そして宿泊の値段も安いのです。どうしてこんなに良いのに安いのか?
少し交通が不便で行きにくいからだと思います。熱海、伊東といった東伊豆や、同じ西伊豆の土肥に比べて行きにくいのです。自家用車でないと行きにくいかな。バスも走ってはいるようですが・・・。
でも、行く価値は十分あるんです。
IMG_3433.JPG
IMG_3434.JPG
烏帽子山へ登るトレーニング、そして夕日と富士山、パワースポットでの充電、温泉でリラックスと充電、さらにおいしいお刺身とビール笑
西伊豆の松崎雲見温泉は超パワースポットです。
宿泊は、いなば屋旅館さんやさかんやさんがおすすめです。
でもここに書くとさらに予約が取りにくくなるので、書こうかどうしようか迷いましたが、結局書きました笑。
IMG_3432.JPG
IMG_3431.JPG

IMG_3470.JPG

いつもありがとうございます。
みなさんのクリックが励みになります。
今日もよろしくお願いします。


にほんブログ村










posted by ChiAki at 00:00| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事