UA-65034833-1

2017年10月11日

日々のルーチンの駆動力

最近、日々のルーチンをしない日がありました。
温泉に行って、あれこれワイワイやっていたというのもありますが、ルーチンの駆動力が落ちていたからだと思います。ルーチンを駆動力とは何か?
それは会社に出勤する、そしてそれに対する怖れ、ということに気づきました。
正座をやると、心が落ち着きます。
ですので、心を落ち着けたい時に、もしくは落ち着かない時に正座をしたくなります。
だから、出勤する日は正座をするしたくなります。逆に出勤しない日は、心のソワソワ感がないので、必要性がなくなります。
また、少林寺気功をやると気感が向上し、人間関係等で、押し込まれることがなくなります。
ですので、温泉宿に宿泊滞在している時はサボりがちです。
会社に出勤する時は戦場に出るようなものなので、日々のルーチンが必須になりますが、ゆるい出張や休暇の日には、やらなくても目先で困ることがないので、ルーチンがおろそかになりがちです。
しばらくサボっていたルーチン、復活させて3日、だいぶ気感が良くなって来ました。
嫌な会社勤めですが、それが駆動力になって、いろんな能力向上していたことに今更ながらに気がつきました。


いつも本当にありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキング上位維持しています。
感謝感謝です。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村

posted by ChiAki at 12:00| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事