UA-65034833-1

2018年01月06日

正座の効用、通じが良くなる!

正座を毎朝していますが、その効果の一つに、通じが良くなるということがあります。
糖尿病薬、DPP阻害薬を服用しているのですが、この薬の副作用で、便通が悪くなるということがあります。
DPP阻害薬というのは、腸から分泌される、インシュリンを分解する酵素の分泌を抑え、その結果インシュリンの分解を抑え、その結果インシュリンの分泌が悪い人のインシュリンの働きを最大限使うという機序のようで、腸の活動が低下しているのか、便が出にくくなります。だいたい、通じが二日に一度になります。
この二日に一度が安定していれば、体調としてあまり気になりません。
正座をすると、トイレに行きたくなることが多いです。呼吸が深くなってそうなるのか、気の周りが良くなった結果なのか、それとも、腸の近くの丹田を意識する結果なのか、その正確なメカニズムはわかりません。
ですが、日常の傾向として、通じが良くなるというのは、僕の経験上確かです。
FA8D6B6C-0C8C-4167-B105-FA28927D8D3E.jpeg

いつもありがとうございます。
ぜひ、多くの人に読んで欲しいので、ランキングに参加しています。ご協力いただけると、とても嬉しいです!

にほんブログ村

posted by ChiAki at 08:20| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事