UA-65034833-1

2009年07月20日

既存科学技術と未知技術とのハイブリッド2

では、なぜ、ハイブリッド技術が良いのか?ということである。
それは過去の蓄積を肯定しているからではないかと考えている。
ハイブリッドカーというのはガソリン車をベースにして、電気で動くモーターをつけて成立している。今のガソリン車の形状や構造はほとんどそのままで、さらにモーターをプラスという構造である。いやいや、そんなことはない、ハイブリッドカーというのは、先端技術のかたまりで、そんなに単純なものではない、ということをいう技術者の方がいるかもしれない。だけれども、ガソリンエンジンで動く車の延長線上にあることは否定できないと思う。ガソリンエンジンが主流という現状肯定とさらに電気駆動という先進技術がうまくバランスして成立しているからこそ、これだけ短期に立ち上がってきたのだと個人的には考えている。自動車の駆動力革命をソフトランディングさせる技術と言ってもよいかと思う。
ここで、やっと生体エネルギー技術に戻る。
生体エネルギー技術によって、既存科学技術の延長線とい方向と、未来からのフリーエネルギーなり宇宙エネルギーによるエネルギー革命とをうまくバランスさせて、技術革命をうまくソフトランディングさせるということが可能だと考えている。
電気自動車なり燃料電池車なりが立ち上がってくる前にハイブリッドカーが浮かびあがってきたように、未来の未知エネルギー技術が立ち上がってくる前に、生体エネルギー技術も立ち上がってくることが必要だと考えている。

ハイブリッドカー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%BC
ラベル:科学技術
posted by ChiAki at 19:48| Comment(1) | 生体エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
財政に新たに歳入と繋がる革新技術
国際特許発明名称(インホイールジェネレーター)
人類、文明の社会の中での便利で豊かさを求め進歩していく為の前提となる弊害発生、負荷の掛からない知恵を持って取り組む革新技術開発の条件は、すでに仕組まれている宇宙、地球システムの中の自然エネルギーを応用する事が大前提となる
人を含め物流移動(自動車)は便利で豊かに成る為の今までのエネルギーは弊害発生の又一部の石油産出国だけを膨大に潤してきた化石燃料応用の矛盾した世界不平等の何時までも続かない何れ枯渇する単なる、負荷を掛けるつなぎ資源エネルギーでした
今後代替エネルギーとなるエネルギーコストの掛からない新たな自然無限エネルギーと成る物は、負荷(コスト)の掛からない発生をしない新たな自然エネルギー応用の知的資源と成る、重力(荷重力)を車両が移動する為に車が転がる事で次々繰り出す荷重力エネルギーを新たな発想の無限自然エネルギー応用と唱える源となるページ

多くの星の中でも地球だけに強力に働いている重力、生命を宿し維持していく為の数々の物理的に働くエネルギー(単なる落ちる力としか考えていない、エネルギーでは無いと定説)水力発電も応用の仕方で無限自然エネルギー(重力が無ければタービンは水が在っても回転しません)応用技術の一つ

新たの今回の革新技術の発掘、地球の隅々まで働く重力応用技術、今までは便利で豊かに成る為の移動に掛かるエネルギー(化石燃料)が大変な負荷又、弊害排気ガス排出を伴い一見豊かに見えてもそうでない現状を今後を乗り切る為の提案の一つ

この技術の内容を国際特許出願、発明名称(インホイールジェネレーター)で世界に人類の豊かに成る為の知的財産価値として日本から推し進めるものです、夢の様な技術、けしてそうではありません実行可能な負荷の発生しない技術、自動車(軽、大型車トラック、バス)全てに可能な街中走行から遠距離走行に化石燃料を使用しないエネルギーコストの掛からない自然無限エネルギー応用、自動車社会だけでも化石燃料(石油産出国から仕入れてきた燃料代を削減に繋がる)を買い入れしなくて済む財源の大幅な削減

国民の税金で動いています車(公用車、自衛隊、パトカー、救急車、)
の大幅な削減、それを歳入として高齢者社会、子供養育費などに振り当て、企業にても運送、物流経費の大幅な削減に繋がります自家用車保有の一般家庭にも大幅な経費の削減、
以上のように車社会で便利に豊かになったように見える現状は大変な負荷の掛かっている中、国の政策だけでは限られた乗り切れない
文明社会の仕組みの人類、与えられた知恵を持って可能にする技術革新の発掘努力が全てを解決に
先人の知恵によって重いものを運ぶ為に考えられた車輪、その車輪に掛かる荷重にそれぞれの車の持ち合わせた自重が地面に接する箇所で荷重力の働きを受け、(この部分3段は機密保持の為に削除しています)掛からない、コンパクトに成るパスカル原理を基に空気圧、油圧原理応用発電システムでこれからのEV車の電力供給源となるシステムの構築、革新技術
そして日本のだんとっ製品の確立に繋がる世界の為替変動に影響されない知的財産資源(代替エネルギー)を何れ枯渇する弊害化石燃料に変わり、日本国の地方に分散工場(雇用、活性化)で持って世界に化石燃料に変わる革新的、知的資源を、自然無限応用エネルギー製品を供給する体制つくりを示すもの。

テクノロジーウィズダム
      今村 義輝

Posted by 今村義輝 at 2011年03月03日 20:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事