UA-65034833-1

2009年08月18日

生命エネルギーとはなんだろうか?2

セミナーでの体験に生命エネルギーについてのヒントが出てきます。
----------------------------------------------------

5つのメッセージというセッションでの体験を書きます。
フォーカス12にて、ガイドからメッセージを受け取るというセッションです。

フォーカス12というのは、一言でいうと「知覚が拡大した状態」です。
意識(非物質である自分)が、肉体的・空間的束縛から自由になる状態。
肉体の五感からの信号が薄れて、意識が本来持っていた知覚能力が現れてくる。

CDが始まるとすぐに声がするというか、思考が始まる。
「メッセージなんて普段からいっぱい送っているからいいだろ〜」
CDからアナウンスが入る。
5番目に重要なメッセージを求めてください。
そこで、僕も
「メッセージをください!」と思う。
なーんもこない。
しばらくすると、(しょうがねぇなぁ、というような感じで)
「リラックス、力を抜け〜。ここ(ホテル)の温泉はいいぞ〜」
といったことが頭に浮かんだ。

すると、また、アナウンスが入る。
4番目に重要なメッセージを求めてください。
そこで、
「4番目に重要なメッセージをください。」
と思うと、
「メッセージ?だーかーらー、もうたくさん送ったじゃん(もう十分だろーみたいなニュアンス)。気楽でいいんだよ〜」
あ、そっか、気楽でいいんだぁ、もう、このセッション眠っちゃおう!と思い眠りに入ろうとすると映像が見えてきた。(笑)
机に向かい、ノートに何か書いている僕自身の姿だ。この日の昼休みに、いろいろなことが頭に浮かんできたので、ノートに書き留めたのだけれど、その時の自分の姿が見えてきた。その昼休みの自分自身姿の頭には空から滝の水のように光が降り注いでいるのが見えた。(昼休みに浮かんだ内容がメッセージということか、あのように、文章を書けというメッセージなのか?はまだ不明です。両方の意味があるのかもしれないなぁとこの文を書いていて思いましたが・・・)

3番目、2番目に重要なメッセージを求めるのは止めにした。
そして最後に一番重要なメッセージを求めるときとなった。また怒られる?(笑)とやだなと思ったけれど、あえて、一番重要なメッセージをください、とやってみた。
すると、ハートのチャクラが熱くなった。
そこで、聞いてみた
「こここら受け取ればよいのか?」
すると、
「いや、ちがう」
という返答があったような気がした。
そこで、再度
「ここから、出せばいいのか?」
と問うと
「そうだ」
という答え。
「何を?」(何を出せばいいのか?)
「なんでもよい。すべてが生命エネルギーの表出なのだから
という回答であった。
自分自身が勝手な妄想をしたのか、それとも、メッセージなのか微妙なところですが、内容はとても有益なことだと思えるので、セッションの目的は十分達成できたと思います。

昼休みに浮かんだ文章は、後日またアップします。

posted by ChiAki at 20:00| Comment(0) | 瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事