UA-65034833-1

2009年09月23日

あの世の幾何学

どういう視点を持つか?で世界の見え方が変わる。
ヘミシンクや何かの技術は、通常の意識状態では見ることができない、知覚することができない世界を
見たり聞いたりと認識させてくれる有効な技術である。
しかしながら、その世界はやはりある1視点でしかないことを常に覚えておく必要があると考える。

非物質の世界はとてつもなく広い世界であろうけれど、
それは広ければ広いほど、ヘミシンクで見えた世界はある視点で見た世界であることを
理解しておく必要があるだろうということだ。
でなければ、新しい世界を切り拓いたつもりが、全く新しい「囚われ」の世界に迷い込んだ
にすぎなかったということになりかねないからである。

そうはいうものの、ヘミシンクは非常に有用なツールであることにかわりはない。
posted by ChiAki at 07:29| Comment(0) | 瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事