UA-65034833-1

2009年09月25日

一斉ホオポノポノのお誘いと地震情報の続き

某所にて以下のような書き込みがありました。

僕も参加しようと思います。

みなさんも参加しませんか?

まぁ、だまされたと思って!?

だまされてもお金とられないし。。

ぜひ!

----------------------------------------------------------

地震に恐怖しているだけじゃあれなんで
私は前向きなことをしたいと思います。

ホ・オポノポノご存知ですか?

「ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛しています」と口にすると

あらゆる問題が解決できると言われているハワイの秘法ってやつです。

一斉にやったら結構効果あると思うんですよね〜。

大地震が小地震になって小地震が平穏になったら
それに越したことないですもんね。

私一人でもやるんで、賛同してくださった方は
個々人で実行してください。

決行日時は 9/25(金)PM9:00 です。

よろしくお願いします。




TS3B0644.JPG


TS3B0604.JPG


大気イオン地震予測研究会e-PISCOより
http://www.e-pisco.jp/r_ion/attention/090925weekly_z.html
HAARPの影響だった可能性高く
首都圏大地震 予測撤回
(1) 5月末以降の南房総、厚木両測定点での異常値については、「高周波活性オーロラ調査プログラム」(HAARP)の影響を受けていた可能性が非常に高くなったため、両測定点の異常値にもとづく首都圏大地震の予測は撤回する。この予測により、国内外の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くおわび申し上げる。
(2) HAARPは電磁波を宇宙に向けて放出、電離層を刺激し、反射して地表付近の大気イオンに影響を与えるものと聞いている。HAARPの運用状況と大気イオン濃度変動を見比べると、明らかに同期しているとの指摘を多数頂戴した。確かに、自然現象とは考えられない変動を繰り返している。HAARPは地震を引き起こす能力はないと推測されるが、e-PISCOの大地震予測に絡めて、HAARPの運用実験が行われたのかもしれない。聞くところによると、HAARPは大気イオンに異常を来す範囲を厳密に設定できるようだ。当初は、南房総、厚木両測定点を含む大正関東地震の震源域全体を照射していたが、徐々に南房総測定点のみに照射範囲を絞っていったようだ。e-PISCOの大気イオン濃度測定器は、そのようすを的確に察知し、測定値として現れたようだ。

(3) HAARPの影響は大気イオンのみならず、気象現象や通信、動物の狂乱状況をも生み出し、疑似宏観異常現象を発現させる。いわば環境テロである。その結果、これらの異常を大地震の前兆現象と誤認し、首都圏大地震の予測を出してしまった。この予測により、世間をお騒がせしたことについて、重ねておわび申し上げる。

(4) 日本におけるHAARPは複数の国立大学がかかわっているとも伝えられるが、とにもかくにも、このような状況では、南房総測定点の大気イオン濃度測定値は地震予測には用いることができないと思われる。しかし、HAARPの影響が大気イオンに与える影響を見てもらいたいので、南房総測定点の測定グラフ公開はつづける。
(5) なお、HAARPに誘引されて、関東地方ではM5前後の中規模地震が発生するだろう。
奈良県の予測は期限満了まで継続
(6) 関西では「奈良盆地でM4.5〜5.0」を予測している。予測期限である20日週いっぱいまでようすを見ることとする。

ラベル:地震
posted by ChiAki at 19:50| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事