UA-65034833-1

2009年09月30日

逆カンバン方式(産業下克上)の実現

カンバン方式とは自動車生産のための特徴のひとつである。
ジャストインタイム(必要なものを、必要なときに、必要な数だけ造る、運ぶを実現するたの仕組みや考え方)
を具現化するためにカンバンを使用するため、このように呼ばれている。
自動車メーカーの生産計画に基づき、部品メーカーが納入する際、必要以上の在庫は認められないため、納期管理には非常に気を使う。
見方によっては、
「いついつ迄に〇〇を〇〇個もってこい!」という、自動車メーカーの傲慢さの象徴とも言える。
一種類の部品を何社もの部品メーカーが同じように作れる状態であるということにより、対応が悪い会社はいつでもお引取り願えるということ
がこの緊張感がこのシステムを存在させるための前提にある。
ここで、他社には決してまねのできない究極の部品が創れれば、このシステムをひっくり返すことができる。
その部品をつけることによって自動車に圧倒的な付加価値をつけることができ、
消費者がどうしても欲しいと思わせる、そんな部品を創ればよい。
「この部品は、おたくしか創ることができないので、うちに売っていただけませんか?」
と自動車メーカーに言わせたい。
「あまり数を創ることができないからねぇ。それに自動車会社はあなたのところだけではないし・・・。」
「ぜひ、優先的にうちに売ってください!こちらから部品は取りに伺いますから!」
・・・・・かくして、部品会社の生産計画に合わせて自動車会社が生産計画を立てるということになった・・・。
このようなことを生体エネルギー技術で実現したいです。

産業下克上が起こりうる、そんな時代になったのです。

資本、肩書、機能による支配から生体エネルギー「位置」による支配へ

時代は転換するかもしれません。



TS3B0604.JPG
posted by ChiAki at 20:48| Comment(0) | 生体エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事