UA-65034833-1

2009年12月15日

劣等感と努力

劣等感を隠すために人は努力をするのではなかろうか?

だとしたら、劣等感を捨てさえすれば、努力信奉の幻想から解放される

努力の幻想から解放されれば、全く新しい世界が拓ける

劣等感を捨てることがなぜできないか?

それは、一方で得ている、優越感を捨てることができないからではなかろうか?

努力によって獲得した、ささやかな優越感

この優越感をいう快楽を捨てることができないから 劣等感という、足かせを、努力という苦痛を捨てることができない

この飴とムチのような、快楽と苦痛の世界からどうしたら抜け出せるだろうか

posted by ChiAki at 22:16| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事