UA-65034833-1

2010年02月15日

鎌倉紀行1

先週末、以前から気になっていた鎌倉へ行きました。
そこでいつもと少し趣向を変えて、今日と次回の2回に分けて鎌倉紀行を書きます
●杉本寺編
鶴岡八幡宮近くの駐車場へ車を入れる。
まずは杉本寺まで徒歩にて移動。はやあしで約15分かかった。
ガイドブックの写真で観たことがある苔むした階段が見える。
まずはあいさつをして写真を撮って境内に入る。
階段途中で200円の拝観料を払う。さらに階段を登ってお寺のお堂へ。
お堂の中に靴を抜いて入る。

奥にある十一面観音像を拝見。3体ある。
むかって左が行基の作ということである。
仏像の前に座り目を閉じて手を合わせていると心が落ち着いてきた。
この杉本寺は、十一面観音があるからかは不明だけれど、とても優しい感じがする。
大きなお寺にある威厳のようなものとは異質の、この優しさは、慈悲というのだろうか、
安心感を感じ、こころが穏やかになってくるのがわかる。
しばらく座ってあれこれと頭に思い浮かべる。
今、いろんなことで迷っていると相談してみる。
それに対し、返ってきたことを噛み砕いて書いてみる。

「正解など無い。
奇策など用いても何の意味もない。
誠心誠意を持って、ひとつひとつ進む。
足下をしっかりとしっかりと踏み固め
地道に着実にすすめ。」
「なぜ迷うかというと、物事には正解があり、その正解を選択しようと思うからだ。
これは欲以外の何ものでもない。」

杉本寺を出て、道路を歩き始めると、ちょうど鎌倉駅行きの路線バスが走ってきた。このバスに飛び乗って鎌倉駅へと向かう。鎌倉駅から江ノ電で和田塚駅へと行こうと思っている。

たのみあるしるべ
なりけり杉本の
ちかいはすえの
世にもかわらじ



sugimotodera.JPG
posted by ChiAki at 20:15| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事