UA-65034833-1

2010年12月22日

三浦半島和田の里

今日は先日行った、三浦半島のことを書きます。

ガイドとの邂逅シリーズは出し惜しみしているわけではないのですが、今日はこちらの三浦半島の話にします。忘れてしまわないうちに。

日曜日の朝に突然三浦半島につれて行かれることになりました。

まず、行ったのは、横須賀の満願寺。三浦義明の10男、佐原十郎義連ゆかりのお寺だそうです。
満願寺PAP_0012.JPG

和田義盛からみたら、おじちゃんですね。とてもきれいなお寺でした。

満願寺由緒.JPG

その隣は熊野神社があり、その境内したにはゲートボール場が、そしてその隣が小さな丘のようなところ、ここが飯塚ということらしです。以前にはここに石塔があったらしいですが、区画整理のおり近くに移動してしまったそうです。


飯塚横須賀満願寺.JPG

飯塚にあったPAP_0018.JPG

蛍の一生.JPG

そのあとには、妙音寺というお寺に行きました。そこはとても見晴らしがよい、すてきなお寺でした。写真がないので・・・・デジカメのデータをうっかり消してしまいましたので・・・HPのアドレスを書いておきます。
妙音寺HP
http://www.myoonji.com/

次に向かったのは、和田の里にある和田義盛の碑。
ひっそりと、本当にひっそりとありました。
看板には、鎌倉武士の栄枯盛衰その典型的な例が和田一族です、なんて書いてあります。
和田義盛の碑.JPG

そこを後にして、最後に向かったのが、白旗神社です。
ご祭神は和田義盛とアマテラスオオミカミだそうです。


白旗神社階段.JPG

和田合戦の50年後に、義盛の善政をしのび、郷人が建てたとあります。

白旗神社由緒書.JPG

和田義盛
http://n.ashitane.net/%E5%92%8C%E7%94%B0%E7%BE%A9%E7%9B%9B
http://www.rekishi.sagami.in/wada1.html

和田の里、三浦半島初声を行く
http://homepage3.nifty.com/k_harada/hatsuse/hatsuse.htm


和田合戦
http://www8.plala.or.jp/daisho/kamakura/ikusa/wadakassen.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E7%94%B0%E5%90%88%E6%88%A6


突然連れて行かれた、三浦半島和田の里、翌日は大阪、岸和田に連れて行かれるとは、このとき思ってもいませんでした。

私は過去の話など、どうでもよく、未来をどう作りあげるか?に興味があります。
ですが、それとは裏腹に、いろいろなことがやってきます。

歴史は私に何をいいたいのでしょうか?
過去はいったい何をいいたいのでしょうか?

ヘミシンクで今の今生に一番影響している過去生を見せて!
とやったところ傷ついた武士のような姿がでたことがあります。
そしてその過去生に光をおろしてセルフレトリーバルをしました。

現在に過去も未来もはたきこまれているといいます。
今を癒すと過去も癒され、未来も癒される。

今が過去に影響を与えているのかもしれません。
未来が今に影響を与えているのかもしれません。
過去が今まで引きずられているのかもしれません。

運命は決まっているのでしょうか?
運命はかえることはできるのでしょうか?
未来は決まっているのでしょうか?
未来を変えることはできるのでしょうか?

過去・現在・未来・・・歴史とはいったい、なんなのでしょうか?



posted by ChiAki at 22:12| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事