UA-65034833-1

2011年01月16日

にんげんの良いところを見る

ヘミシンクをやったり瞑想をしたり、生体エネルギーをアップさせたり・・・いろいろとトレーニングを続けていくと感性が上がってきます。

透視とまではいきませんが、いろいろなもの、感情といったものが見えてくる、僕の場合は視覚としてというより、感覚として、肌感覚というか、皮膚感覚というか、その他の感覚で感じることができるようになってきます。

そうすると、にんげんの、他の人の表面とは違う、なんか別なところも見えてきます。
顔は笑っているが、内心では起こっているとか、本音のようなところを感じるようになってきてしまいます。このとき人間不信に陥ったりします。ですが、そこをなんとか乗り越えるというか、通りすぎるというか・・・すると、また別な視点が表れます。

人間にはみな、よいところ、わるいところ、あります、もちろん僕にもです。
良い悪いも、ある視点によっては良い悪いがひっくりかえることもあります。
理屈はともかく、日常生きるときは、にんげんのよいところを見ていくよう意識するしかないかな、と思っています。
減点法でなくて、加点法。
いやなことがあっても、できるだけ流す。
良いこと、良いところがあったら、素直に喜ぶ。
地獄に花を見つけて感動するような・・・僕は地獄に行ったことはありませんが・・・。

加点法で生きれば、人生は楽しいもの、この世は天国になると思うのです。
これはきれいごとかもしれません。
posted by ChiAki at 08:53| Comment(0) | 瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事