UA-65034833-1

2011年02月06日

型を使う

未知の分野、未知な世界を歩くとき、そのアプローチの仕方として、得意な分野に持ち込む、得意なやり方を使うというスタイル、切り口があるかと思う。型を使うというのもあるかと思う。
未知な分野でも、切り口や取り組み方の「型」を使いを使い、新しいものを構築する。
組織の中で、何か新しいもの、機能をつくる際には、相似を使う、というのも手だと思う。
組織を変えるのに、組織の中の場やルールを使ってやる、とでもいいますか。

一方、そのようなことは考えず、熱意、情熱で突き進むというのもひとつのスタイルであると思う。

型を使う、相似を使うというやり方は、安易で、楽な方に逃げているのではないか?という自分に対する疑問が湧きあがる。
しかし、情熱だけでも、うまくいかないことが多いし、時間がかかってしまうこともある。

型や相似を知恵として使いながら、強い想いをもって、地道に継続していく!というしかないのかなと思い、今日は終える。


posted by ChiAki at 09:07| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事