UA-65034833-1

2012年01月18日

マジンガーZ最終回と合金開発

マジンガーZの最終回、マジンガーZが戦闘獣?に、コテンパンにやられてしまします。
今まで無敵?のヒーローが、ここまでやられてしまうのは、とてもショッキングなことでした。
そして、本当にもう終わりか!?というところになって、グレートマジンガーが登場します。
http://www.youtube.com/watch?v=wJmtMYxzp7c&feature=player_embedded

マジンガーZとグレートマジンガー、この力の違いの理由は、いろいろあるとは思いますが
マジンガーZが超合金Zでできているのに対し、グレートマジンガーは超合金νZでできていることだと思います。劇中でも兜功司が、超合金ZでできたマジンガーZが溶けるなんて…と言っているように。

今、思い出しました。大学は工学部の金属材料系の学科に進んだのは、この最終回があまりにショッキングでトラウマのようになり、材料革命が、ロボットの強さの基本になると潜在意識に染み込んでいたことが理由なのでは???ということです。

大学では新型合金は開発できませんでしたが、この気づきで何か変化が起きるかもしれません、僕の心に。


posted by ChiAki at 20:53| Comment(0) | 瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事