UA-65034833-1

2012年04月09日

感性と地震…直観でどこまでわかる?

最近、体調を崩しまして、なかなかブログが書けません。

そこで、最近気になる、地震ネタを。
3.11を予言した、松原照子さんのブログより、引用。
地震が起きた時は<2012.4.9>
いつやって来るのか分からないのが、災害です。
東日本大震災で、私達はどの様な事を学んだのでしょうか?阪神淡路大震災の時の大火災は、今も私の目に焼き付いています。東日本大震災でも、1都10県で地震による火災が324件も起き、その原因は電気によるものでした。揺れると、恐怖心で心も体も硬くなり冷静さを失うのは私にも分かりますが、揺れると同時にご自分の「生きている」と気合を入れてから職場や自宅におられたなら、先ずはブレーカーを落として下さい。

それと、緊急地震速報が携帯電話に鳴り響いたら、震度5弱以上の揺れが来る事を覚悟なさっておいて下さい。日頃からご自分は緊急地震速報が鳴った時、どの様な行動をとるかくらいは考えておいて下さい。「一秒」は短いと思われるかもしれませんが、この一秒で身を守る事が出来ます。

ガスの元栓を閉めるのも、大きな揺れが起きた後、重要なポイントになります。
東日本大震災では、3月14日ガス漏れで爆発が盛岡市内のデパートの地下で起きてもいます。

車も安全ではありません。立体駐車場は鉄骨が倒れたり歪んだりする可能性も高いので、出来るだけ離れる事です。電車では、揺れを感じたら、吊皮や手すりにつかまる事です。

エレベーターに乗っていて地震と遭遇した時は、各階全てのボタンを押し、停まった階ですぐに降りて下さい。

職場で地震が起きた時は、重い棚やOA機器、コピー機からすぐに離れて下さい。
外に飛び出ると、窓ガラスが地震が大きければ大きいほど、降り注ぎますので気を付けて下さい。又、ビル内で大きな揺れを感じた時は、窓には近付かず、重い機器から離れ、フロアーの中央で身の安全を確保する前に、頭上を見上げ、シャンデリアなどのない場所であるかを見極めて下さい。

東日本大震災のマグニチュード9の揺れがもしも都心で起きたらと思うと、心が凍ります。

http://terukomatsubara.jp/



ラベル:地震 予知 予言
posted by ChiAki at 19:57| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事