UA-65034833-1

2012年04月21日

セレトニンが出るようにするには?

セレトニンが出るようにするには
一つ目、腸内環境を整える。
セレトニンの多くは腸で生成させるといわれています。ですので、腸内環境を整えることは重要。
僕がやっているのは、ヨーグルトを食べる笑
ヨーグルトの中でも腸までビフィジス菌が生きたまま届くというのを選択。
さらに菊芋を食べる。菊芋にはイヌリンという成分が多く含まれるそうです。
エドガーケーシーは菊芋は天然のインシュリンといったそうですが、イヌリンは腸まで分解されずに届くといわれています。腸内環境を整えることにより、インクリチン効果というか、そういうことだと思います。
これはセレトニンより糖尿病に関係していますが。
それから、一度しかやったことがありませんが、腸洗浄も良いと思います。
それから、ウォーキングやランニングでしょうか。

そして、呼吸法や瞑想。呼吸法は背中をそらしてするとセレトニンがよく出るらしいですが、これはまだ体験中というか、確信は持ってはいません。

正座(瞑想)を30分強やると急に気持ちがよくなるので、セレトニンもしくは他のホルモンが出ていると確認しています。型が重要なので、毎朝何年も続けていると、正座の型でセレトニンが出ているのでは?とも思ったりしています。

以上を簡潔にまとめると、

食事と、適当な運動と、正座瞑想といった心の面という、極めて当たり前のことしかないことが、書いてみてわかりました。

ps
ヨーグルトだけでなく、納豆も良く食べますね。味噌汁も好きです。醤油は大分県の臼杵の醤油がお気に入りです。



ぜひ、クリックお願いいます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

にほんブログ村


posted by ChiAki at 13:28| Comment(0) | 瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事