UA-65034833-1

2012年06月23日

長い通路の先の洗練された都市

昨夜は寝苦しくて、なかなか寝付けなかったので、久しぶりにヘミシンクCDを聞いた。
聞いたcdはフォーカス15創造と具現化。

最近ちょっとイライラすることが多かったので、エネルギー変換ボックスで、そのイライラを特に念入りに吸い取る。
ついで、リーボールもちゃんと作る。
レゾナントチューニンングもちゃんとやった。声の振動は久しぶりのわりにいい感じだ。

すると、脳が物理的に強制されるような感触がしてきた。実はこの感じが、あまり好きではなくてしばらくヘミシンクをやっていなかった。以前はこの感触を感じることがなかったので、よくやっていた。
ヘミシンクが変わったのではなくて、感じるこちら側が、変わったのだと思う。
そしてちょっとすると、脳内の同期がとれてきたような感じがしてきて、上に自動的に上がっていくような感じになった。百会から意識の拡大で出ていくような感じだ。
上に拡大していくと、次は茶色い通路、トンネルのようなところを飛んで行くように感じる。
内側がゴツゴツしていて、なんだこれは?なんて考えながら・・・・人間の腸の中かな?なんて思ったり。

そしてしばらくすると、部屋というか建物というか街並みというか、そういったものが見えてきた。
とても洗練されてきれいな感じだ。しかし、それが本当に何なのかはわからずに終了。
戻ってくると身体はとても熱い。
そのまま眠ってしまったが、翌朝はとても気持ちがさっぱりして、気分が良い。
エネルギー変換ボックスの効果か意識の拡大の影響かはわからない。
あの茶色いゴツゴツした通路は、地下へと向かう通路ではないか?
と後から思ったりした。

以上が久しぶりのヘミシンクの体験記です。


応援、お願いいます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ブログランキングNo.1
posted by ChiAki at 19:21| Comment(0) | 瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事