UA-65034833-1

2013年02月11日

ウォーキングと禅

ウォーキングと禅、
僕の興味の対象なのですが、一見関係なさそうに思えます。
ですが、茂木健一郎さんの本、脳と心の整理術(php)を読んでいて、話がつながりました。

http://e2qr.seesaa.net/article/292049425.html
茂木さんは
日常に歩行禅を取り入れることを勧めています。

歩行禅とは、読んで字のごとく、歩きながら禅を組むことです。
禅を組むということではなく、ただひたすら無の境地で歩くのだそうです。
そうすることによってごちゃごちゃした頭の中がすっきりするそうです。

良く知っている道を
自分が心地よいと思うペースで頭が空っぽになるまで
できれば、ひとりで静かに歩くと良いそうです。


なぜ、歩行禅をすると良いのか?というと、この時の脳の状態が脳のアイドリング状態になっていて
デフォルトネットワークが活性化され、脳のメンテナンスが進むようになるからということ。
デフォルトネットワークとは人間が世の中の出来事や何かの目的、文脈などにとらわれることなく活動する場合に働く神経回路のことを言います。

デフォルトネットワークが活動し始めるのは、考え事や雑念が消えて頭の中が空っぽになったときということだそう。

ですが、よっぽど修行を積んだ人でなければ、すぐに頭が空っぽにはならず、雑念がいろいろと浮かんでくるでしょう。
その雑念を打ち消すのではなくて、こんなことこが浮かんできたと自分を見つめ、徐々に心が鎮まるようにすれば良いそうです。

僕は歩いていると、その時その時に心にひっかかっていることが増幅されて出てきて、壊れたレコードのように繰り返し繰り返しでてくることが多々あります。

そんな作業を繰り返してくいくことによって、脳がメンテナンスされて、心もフレッシュな状態になるのだろうと思います。


こちらも応援、お願いいます。
クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ


人気ブログランキングへ
ブログランキングNo.1

こちらもよろしくお願いします。
ウルトラマンが好きです。

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION





posted by ChiAki at 16:39| Comment(0) | 瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事