UA-65034833-1

2015年02月23日

コンタクト〜意識変容への扉

今読んでいるところですが、面白いです!
コンタクト ── 意識変容への扉
宇宙人とのコンタクト方法、その結果起こること、もしくはコンタクトすることにより起こると思われることが書かれています。地球人特有の意識構造に気づくことがカギのようです。

表表紙に書かれている
「みなさんが夜空を見上げ、コンタクトを求めるとき、私たちはそこにいます。
ープレアデス人のシャーシャ
この一文にすべてが表現されています。
本の題名は「コンタクト」ですが、副題で「意識変容への扉」とあります。
このブログの名前と似ていますね。

いつか線を引いたところを書きだしますね。
p138
宇宙人からみると人間はひとつの統合された存在ではなく、顕在意識、潜在意識、無意識の意識レベルからなります。この3つの意識レベルは直接情報を交換しあっているわけではないので、それぞれが独立した意識である印象を与えます。このため宇宙人は3つの異なる人格と対話することになります。

p67
宇宙人は突然人々の前に姿を現すわけではなくてむしろ宇宙人とのコンタクトがずっと起きていたことに気づき始めるのです。

p43
私たち目から見ると宇宙人、天使、そして大いなる源の間には何の違いもありません。さまざまな存在に上下関係を与えているのは人間です。

p39
コンタクト体験の多くは自分の未来世との間に起きています。未来の地球人が現在に戻って、自分の過去世に会いに来ているか、未来のプレアデス人や他の種族が会いに来ているかのどちらかです。
この一文を読んで、このブログでは、「ガイド」と呼んできた存在とのコミュニケーションが「コンタクト」そのものだったと気づきました。ここで、ガイドとは進化した自分と定義してきましたが、この本での宇宙人とのコンタクトとは、「ガイドとの邂逅」ということになります。
ですので、このブログで、ガイドのとの会話を書いてきましたが、宇宙人とのコンタクト内容を書いてきたといっても良いということになります。これに気づいたとき、何か心の塊というか、意識の塊のようなものが溶け出すのを感じました。
コンタクトー意識変容への扉(リサ・ロイヤル・ホルト著)
お勧めです。



posted by ChiAki at 14:35| Comment(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事