UA-65034833-1

2015年07月26日

自分らしく生きる!

「あなたらしさ」というのは、源(宇宙の中心)の表現そのものである。

だいぶ以前に書いたものですが
自分で読んで、元気になったので、再度掲載します。

2009年08月19日
昼休みに頭に浮かんだこと
http://e2qr.seesaa.net/article/126042331.html


昨日の日記に書いた、昼休みに頭に浮かんだことを書きます。
へミシンク無しです。

ほぼ、原文のまま載せますが、意味不明なところは少し手直ししてあります。

あなたは、あなたらしさを保存(維持)したほうが良い。
それ(あなたらしさ)はむちゃくちゃ面白いから。
それ(あなたらしさ)は他の人から見るとむちゃくちゃ面白い。
ストレスはよくない。ストレスが全くないのも良くない。
けれど、楽しまなければ、面白くない。

「あなたらしさ」というのは、源(宇宙の中心)の表現そのものである。

人間は人間として生まれたからにはやるべきことがある。
それは、あなたが決めること。
使命というと他から受け取った命令のようであるけれど、そうではない。
あなた自身が決めること。
自分で決めると「恐い」かもしれないけれど、「恐れ」は捨てることができる。
この「恐れ」も自分で作りだしている。
やるべきことを決めるのも、あなた次第で、そこにぶっこむ決断するに際し発生する「恐れ」もあなた自身が作りだしているもの。

凡人が凡人らしく精一杯生きることも使命たりうる。
その「精一杯」の表現の仕方は無限の無限乗の無限乗の無限乗ある。
お金が欲しけりゃ、くれてやる。
運が欲しけりゃ、くれてやる。
その使い方があなたらしければよい。そしてそれが創造、想造へとつながる。

人生は無限−これは本当のことである。

あなたは、あなたらしさを生きればよい。
あなたらしさには無限の表現がある。
そこに、非難のつけこむ余地など、ない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
補足をすると、以前から漠然とした問いがありました、僕自身に
・・・このままでいいのだろうか?
それは、精神的なもの、そして、それだけでなくて、このまま会社員でいくか、それとも他の職業を考えるか、今の会社にいるとして、現状の場所でよいだろうか?
どんなことをどのようにやっていったらよいのだろうか?
どうも職場での人間関係にうんざりぎみ・・・。
昨年10月のガイドセミナーでは、
ちあきさんは、これまで、十分いろんなことを学んできた。だから、もう次のステップへと進んでもよいのでは?
どうでもよいようなことにふりまわされて、本来やるべきことに時間を割けていない、
というようなサジェスチョンをセミナー同室のNさん(セミナー後急展開されてミッチーさんのパートナーになられたとか聞いています)からいただきました。この意味が十分消化できずに今現在へと至っています。

そのような問いがあったので、このようなメッセージがあったのだと思います。
問いと回答が混ざったような状態ですので、少しわかりにくいかもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そんなこと言ったって、いったいどうしたらいいのか?わかりやしない。
「直球勝負」
まっこうからストレート勝負
小細工なし。
エネルギーをポイントめがけて真っ向勝負
これは全くもってあなたらしい。

しがらみ無し
あなたにしがらみなど存在しない
カルマなどない
使命などない
さっきも言ったように使命というのがあるとしたとしても、それはあなたがきめること。
だから「やらなければならない使命」などというものは、あなたには一切存在しない。
あなたは全くもって自由なんですよ、本当に。
他の人にはありえないほど自由。
では、それがなぜか?というと
「あなた」が「あなた」だからです。
たとえば、あなたが、楽しい方向につっぱしるとします。すると本当にこれでよいのだろうか?という疑問が湧いてきて「葛藤」が生まれてくるかと思います。その「葛藤」はあなたらしさの「素直さ」の表現ではあるけれど、あなたの個性ではなくて地球慣性系のシステムの特性を「素直」に表出させているだけで、あなたの特性、個性の表現ではないんです。
湧き上がることを「素直に表現すること」「素直に認めること」は、あなたらしさではあるけれど、葛藤自体はあなたの個性ではありません。ここに地球生命系慣性系のトリックがあるんです。
あなたがあなたらしく振舞うことに対し、いろんな反応があるかもしれませんが、それは反応する側にその「責任」があり、あなたらしさを表現するあなたには「責任」がありません。
いろんな「想い」が飛んでくるかもしれませんが、もはや、そのようなものを気にしている場合ではないでしょう。
もう、気にしなくてもよいはずです。
もう2008年。時代が、世の中が変わりました。
時を待っていたのでしたら、もう時は熟しています。
攻撃が恐いかもしれませんが、もう、攻撃などありえません。だれも、あなたを攻撃することなどできません。

では、どうしたらよいか?
やりたいようにやりゃぁいいんです、やりたいように。


さてさて、すこし、グランディング(地に足つける)を意識します。

いつもありがとうございます。
ぜひ、多くの人に読んで欲しいので、ランキングに参加しています。ご協力いただけると、とても嬉しいです!

にほんブログ村

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
腸内環境は健康のカギ
posted by ChiAki at 19:31| Comment(0) | 瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事