UA-65034833-1

2015年08月03日

自己認識と自己制御の力

今読んでいる本です。
グーグルのマインドフルネス革命―グーグル社員5万人の「10人に1人」が実践する最先端のプラクティス(付録:マインドフルネス実践ガイドCD)
グーグルが瞑想を導入した理由p54
精神的なことというのはごく個人的なことのように思えるかもしれません。
そもそもなぜグーグルで、そういった精神的なことを個人任せにせず企業として取り組むようになったかというと、マインドフルネスが、個人と企業の両方にメリットがあると、考えているからです。
個人にとってのメリットとは、自己を認識する力と自己を制御する力が身に着くことです。
この二つは、仕事に取り組むときに必要な「意思」と「自分自身に思いやりを持つ気持ち」の整合性をとるために不可欠なものです。自己認識と自己制御の力を持っている人は、そうでない人に比べて、仲間と一体感を持ち、調和の中で働くことができます。また、慈悲に基づく決断をくだすこともできるのです。これがマインドフルネスを導入することによる、企業にとってのメリットだと言えます。
グーグルでは、高い目標を掲げて皆、仕事をしていますので、日々、困難なことばかりです。
そのため、マインドフルネスの実践による認知能力の向上の効果、ストレス軽減の効果にも関心を寄せています。
社員はかなり多くの時間を職場で過ごしますし、職場のあり方は、たいへん多くの人たちに影響を及ぼすものです。ですから、職場におけるマインドフルネスにはとても力を入れているのです。



いつもありがとうございます。
ぜひ、多くの人に読んで欲しいので、ランキングに参加しています。ご協力いただけると、とても嬉しいです!

にほんブログ村

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
腸内環境は健康のカギ
posted by ChiAki at 22:29| Comment(0) | 瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事