UA-65034833-1

2017年06月25日

同志社大学、相国寺

京都に行く機会があり、その時に同志社大学の前を通りました。
きれいな建物、校舎が目を引きますね。一言でいうと、格好イイ笑
IMG_1852.JPG
IMG_1855.JPG
IMG_1854.JPG
せっかくなんで、敷地内に入ってみようかな、学食でお昼ご飯をたべてみようか?なんて思いながら、結局スルーして通りすぎ、通りを進んでいくと、お寺があるようです。
せっかく京都に来たのよってみるかとそのお寺に行ってみることにしました。
IMG_1866.JPG
そのお寺の名前は相国寺。初めて聞きました。
でもかなりの名刹で、京都五山の二つ目ということを後から知りました。
IMG_1863.JPG
この門は重要文化財だということです。

IMG_1864.JPG
IMG_1861.JPG
IMG_1862.JPG

このお寺には美術館があるとうことで、今はちょうど特別展が行われているということ、せっかくなので入ってみることにしました。
IMG_1857.JPG
「禅林美術展」ここのブログのネタのためにあるような美術展です。
白隠禅師も関係しているようです。白隠禅師は静岡県の沼津市のご出身。
近いうちに縁のあるお寺に行ってみようかな?なんて思いました。
美術館では、国宝のお茶碗掛け軸といっていいのか、書がきれいに、もしくは躍動感持って書かれたもの等がたくさん展示されていました。私には消化不良というか、理解が不十分でした。
館内で焚かれていたお香の香りが気に入ったので、買ってきました。
心遠香という、沈香を使ったものです。
IMG_1901.JPG
「心遠」とは心が深遠であること、志を遠大にすることの意。転じて俗界を超越することを意味する。

IMG_1858.JPG
境内から表通りに出る道からは同志社大学が良く見えました。
IMG_1871.JPG

やはり、かっこういいです。
いつもありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキングでも上昇しています。
みなさんのクリックが励みになります。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村

ラベル:京都 同志社大学
posted by ChiAki at 00:00| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事