UA-65034833-1

2017年10月15日

占いに何を使うか?

断易で、占う際に、何を使うか?
断易入門にもいろいろ書かれていますが、人によって違うようです。
てき銭法でも、いろいろあるようです。
3枚のコインを6回投げるのが六爻占術です。
さいころを使う方法もあります。
さいころも八面体サイコロ2個を二回投げる方法や、六面体サイコロ3個を六回投げる方法があったりして
一つのやり方だけではないようです。
また、コインを使う方法でも、表が3枚を老陽としたり、裏が3枚を老陽としたりと様々です。
いろんな本・サイトを読んでみると、いろいろあって混乱しますが、
自分にあった方法選び、卦との関連をしっかり決めてやればいいのだと思います。

IMG_4555.JPG

僕の場合は、コイン3枚を6回投げる方法と8面体サイコロ2個を2回投げる方法でやっています。
最近はコインを使うことが多いです。
5円玉の場合、五円と書いてあり、稲穂の絵がある方を表とします。
そして、裏の枚数を記録していき、計6回投げます。
裏が3枚の時は老陽としています。
六爻占術のコインや5円玉を使っていますが、中国の古銭を使ってみたいな、とも思っています。

いつも本当にありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキング上位維持しています。
感謝感謝です。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村



posted by ChiAki at 21:30| Comment(0) | 断易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事