UA-65034833-1

2017年10月25日

産業の盛衰とプロ野球

今日は占いではなくて、別な視点で思ったことを書きます。

昨日、セリーグのチャンピオンシップファイナルステージ、広島をDeNAが破って日本シリーズ進出を決めました。

自動車メーカーのマツダの広島が、情報ゲーム会社のDeNAに負ける、という産業の盛衰の象徴的なことが起こりました。

今年のセリーグは、新聞会社が後ろ盾の、読売ジャイアンツと中日ドラゴンズが共に振るわず、両者がチャンピオンシップにも進めませんでした。一方、パリーグは楽天とソフトバンクが戦い、ソフトバンクが勝って日本シリーズへと進みました。

ですので、今年の日本シリーズは、ソフトバンクとDeNAが戦います。どちらも、物を作って売るという会社ではありません。

昨年の日本シリーズは広島と日本ハムとの戦いであったことと比べて、大きな変化です。

この大きな変化の中では、紙の新聞を売るというビジネスをするかつてのプロ野球の覇者巨人や中日が低迷するというのはやむ負えないのではないか?と思います。自社の主力産業を転換できないのに、傘下のプロ野球球団の意識転換は難しいのではないか?と思うのです。

もっとも、占いによるプロ野球の勝敗の予想はこれからもやっていきます。

posted by ChiAki at 11:00| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事