UA-65034833-1

2018年02月05日

禅に学ぶ〜自由人であれ!

「禅にまなぶ」と(http://amzn.to/2GMWCDo)いう本を読み始めました。
ひろさちやさんという方が書かれた本です。
まだ読んでいる最中なのですが、とても勉強になります。
最後の本書の要約から読んでいて、読んでいる最中にそこを引用するのもなんですが、ここのブログのテーマに関係するので、書き出します。
IMG_6425.jpg

以下引用
「法」の奴隷になってはいけないのであれば、ましてや「世間」の奴隷になってもいけません。われわれは「自由人」でなければいけません。それも中途半端な自由人ではなく、徹底した自由人でなければいけないのです。

さらに引用続けます。

自由人であれ!
それが釈迦の教えであり、仏教の教えです。
そして、禅が教えているのもそのことです。
自由になるためには、われわれはまず、世間の束縛を断ち切らねばなりません。
特に禅が教えているのは、その世間の束縛の断ち切り方でしょう。
世間の束縛を断ち切るためには、わたしたちは世間の物差しを捨てねばなりません。

さらに引用続けます。

でも、わたしたちは世間の中で生きています。
社会の中で暮らしています。
だから、完全に世間の物差しを捨てることは不可能です。
世間の物差しを捨ててしまって、
「わたしには給料要りません」とは言えませんよね。
やはり給料は多い方が良いのです。
しかし、給料の多さにこだわっていると、わたしは世間の奴隷になってしまいます。
それじゃあ、自由人になれません。
そこで、禅が教えるのは、世間の物差しの捨て方です。

以上 引用終わり

僕も、僕なりにいろいろと悩んできましたが、この抜き出した部分に、自分なりの葛藤や悩んだ時の結論と近い内容が集約されている!と思いました。悩まなくても、この本に多くのヒントや答えがありそうで、急いで紹介しました。

ひろさちやのいきいき人生2
禅にまなぶ
ひろさちや著
春秋社




いつも本当にありがとうございます。
みなさんのクリックが増えるのが励みになります。
よろしくお願いします。

にほんブログ村




ラベル:ひろさちや
posted by ChiAki at 06:00| Comment(0) | ひろさちや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事