UA-65034833-1

2009年08月20日

コマ割り

生体エネルギーについて、勉強をしたり、生体エネルギー応用の製品を使ったりしていると、情報量が多くなる気がします。

量というよりは密度といった方がようでしょうか?
存在の情報密度が向上するということです。
見た感じ、濃いなぁという印象。

この情報密度がアップするとどのようになるか?
一つの例として
交渉ごとが有利にすすめることができるということが
私の体験から言えそうです。
なぜ有利にすすめることができるかというと、
単位時間あたりのコマ数が多くなるからではないか?と考えています。
「意識」が多くなる、または深くなると、単位時間あたりの認識のコマ数が増える。
もう少し解りやすくいうと、1秒間に10の情報の受発信できる人と1受発信できる人とでは
1秒間に10受発信できる人の方が影響力が大きいと推理できるということです。
posted by ChiAki at 20:14| Comment(0) | 生体エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

構造を明確にすることにより、何が期待できるか?

世の中がどのようにできているか?
どのような構造になっているのか?
構造を明確にしていくことが、どうして必要なのでしょうか?

船井幸雄先生やサイキックなヒーラーは「やぁっ」とやるだけでいろんなことが出来てしまいます。

ですが、普通の人間には、そう簡単には真似はできません。
ここで例え話を少し。
例えば東洋医学、鍼灸師の方は、経絡の構造を知った上で、治療にあたっているかと思います。
西洋医学のお医者さんは、解剖によって解った人体の構造をもとに治療をしているかと思います。
人体の構造を知っているから、いわゆるツボに鍼灸を施したり、手術や投薬ができているのだと思います。

つまり、構造が解っているからこそ、アクションができると言ってよいかと思います。
ですから、世の中の構造が解れば、世の中に対してアクションがやり易く、
より具体的に実行できる、つまり「使える」
ということがいえると思います。

生体エネルギー技術について勉強を始めると、いろいろと言葉や難しい漢字ができきます。
この言葉、漢字は、構造を厳密に表現するために必要であるのだと、私は考えています。
posted by ChiAki at 19:42| Comment(0) | 生体エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動車の電動化加速に思うこと

今、ハイブリッドカーが大人気で、ものすごく売れているそうです。
今、プリウスを注文しても、納車は来年の春以降となってしまうそうですから、ものすごい人気です。

このハイブリッドカーの魅力って何でしょう?

まずは、燃費が良いこと。そして、装備された各装置の先進性、そして未来的?なスタイルでしょうか・・・。

ホンダの新しいハイブリッドカー、インサイト、そして新型プリウス、かっこいいですよね!僕も欲しくなります。

ところで、このハイブリッドカーの電磁波ってどうなんでしょうか。
普通のガソリン車に比べて、使用する電気が多いことから、そこから発生する電磁波も強力になっていることは容易に推理できます。
僕は以前、別なハイブリッドカーに乗ったときに、すごく疲れてしまった経験が何度かあります。
その原因は不明なのですが、一つヒントになるのが、新幹線に乗ったときにも同様にすごく疲れるということです。
聞くところによると、新幹線内の電磁波は、かなりキツイものがあり、
そのせめてもの対策として、
窓側ではなく通路側に座るようにする、パンタグラフのある車両には乗らないようにするといったことを教わりました。

ハイブリッドカーの電磁波がどの程度のものなのか、
人体に与える影響はどうなのか、そのデータは僕は持ってはいません。

経験として、乗ってみて疲れたという、主観的なことしかわかりません。

今年の夏、高速道路にたくさんのハイブリッドカーが並ぶのを想像したら、少ーし、頭痛がしてきました。

ハイブリッドカーだけでなく、電気自動車もそろそろ立ち上がってきます。

自動車の電動化は一気に加速されて、行きます。

地球温暖化の原因は本当に放出炭酸ガスなのだろうか?と疑問を呈する人がいようとも・・・。

自動車の電磁波、なんとかしたいと真剣に考えています。
posted by ChiAki at 19:38| Comment(0) | 生体エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

地球と人類

地球が疲れているようです。

疲れた地球の回復を助けるにはどうしたらよいでしょうか?

人類がいなくなってしまえばいいい?

ここまで進化してきた科学を捨ててしまえばいい?

インターネットもやめてしまう?!

そしたらこのサイトにアクセスして文を読むことができなくなってしまいますよね?

新幹線や自動車を捨ててしまうと、にんげんクラブとかの講演会にも行けなくなってしまいます。
中には、歩いて行くという人もいるかもしれませんが・・・。

人類が地球にいるのは人類の意思だけでなく、もっと大いなる存在の意向もあったと思っています。

だから、人類の存在を否定することは、
大いなる存在のはじめの意向、想いをも否定することに繋がると私は考えます。

それでは、人類の存在を肯定して、科学技術の進歩を肯定して、地球と共存していくにはどうしたらよいでしょうか?

その答えの一つが生体エネルギー技術だと思うんです。

posted by ChiAki at 06:23| Comment(0) | 生体エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

既存科学技術と未知技術とのハイブリッド2

では、なぜ、ハイブリッド技術が良いのか?ということである。
それは過去の蓄積を肯定しているからではないかと考えている。
ハイブリッドカーというのはガソリン車をベースにして、電気で動くモーターをつけて成立している。今のガソリン車の形状や構造はほとんどそのままで、さらにモーターをプラスという構造である。いやいや、そんなことはない、ハイブリッドカーというのは、先端技術のかたまりで、そんなに単純なものではない、ということをいう技術者の方がいるかもしれない。だけれども、ガソリンエンジンで動く車の延長線上にあることは否定できないと思う。ガソリンエンジンが主流という現状肯定とさらに電気駆動という先進技術がうまくバランスして成立しているからこそ、これだけ短期に立ち上がってきたのだと個人的には考えている。自動車の駆動力革命をソフトランディングさせる技術と言ってもよいかと思う。
ここで、やっと生体エネルギー技術に戻る。
生体エネルギー技術によって、既存科学技術の延長線とい方向と、未来からのフリーエネルギーなり宇宙エネルギーによるエネルギー革命とをうまくバランスさせて、技術革命をうまくソフトランディングさせるということが可能だと考えている。
電気自動車なり燃料電池車なりが立ち上がってくる前にハイブリッドカーが浮かびあがってきたように、未来の未知エネルギー技術が立ち上がってくる前に、生体エネルギー技術も立ち上がってくることが必要だと考えている。

ハイブリッドカー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%BC
ラベル:科学技術
posted by ChiAki at 19:48| Comment(1) | 生体エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

既存科学技術と未知技術とのハイブリッド

今、ハイブリッドカーが絶好調である。
ハイブリッドカーとはガソリンエンジンと電気でうごくモーターを
組み合わせ、ハイブリッドされた車のことである。
発表された当初は、しょせん燃料エンジン車や電気自動車が立ち上がるまでのつなぎの技術のようなことを言われていた。
ですが、今、売れているのはこのハイブリッド車ばかりのようである。


ところで生体エネルギー技術は、ある視点からみるとこのハイブリッド技術といってよいのではないか?と思っている。
では、なんのハイブリッドかというと、既存の科学技術と未来のエネルギー技術とのハイブリッドということである。
既存の科学技術で抜け落ちている「生体エネルギーの位置」という概念。
既存科学技術は生体エネルギーの概念無しで進歩してきた。
一方、生体エネルギー技術は農業の連作障害を克服する過程で発見されたエネルギーですが、あらゆる産業に応用可能である。
世の中にはフリーエネルギーとか、宇宙エネルギーとかまだまだ世の中に認知はされてはいないが、未知の不思議なエネルギーがある。これらの未知のエネルギー技術は既存科学技術との「親和性」が未知数である。一方、生体エネルギー技術は既存の科学技術との親和性が良いことは数多くの産業応用例からも明らかである。
応用事例はここでの説明は省略するけれど、生体エネルギー技術・・・ハイブリッド技術の優位性は、ハイブリッドカーの隆盛からも推理がつきませんか??
posted by ChiAki at 21:30| Comment(0) | 生体エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

ハイブリッドカーと電磁波

新幹線に長く乗っていると疲れると書いたところ、新幹線の電磁波はすごいらしいと情報をもらった。
それでは、車、ハイブリッドカーや電気自動車の電磁波はどうなのだろう?
自分の車は普通のガソリン車なのだけれど、会社の社有車はハイブリッドカー。これに長い時間乗ると、すごく疲れるのだけれど、電磁波と関係あるのだろうか?

今、ハイブリッドカーが増えてきている。そしてこれからも伸びるだろう。電気自動車も登場してくる。こういった種類の車が増えるのは、本当に人類にとって良いことなのだろうか?
疑問である。
posted by ChiAki at 20:35| Comment(0) | 生体エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

水の水素原子は水をやっているのか水素をやっているのか?

水はH2Oという分子式で表されます。

2個の水素原子、1個の酸素原子でできています。

その水素原子、水素(H2)をやっているときと、水、H2Oをやっているときで、違うのしょうか?
電子の存在の在り方が違うから、違う?
いや、水素原子は水素原子のままで同じだと推理します。
水素原子は水素原子、酸素は酸素原子のまま(原子の意識の在り方としてですが、)、そして水としての存在の情報、物語が加えられて、水分子が存在していると推理します。

水素原子は水をやっていても自分を見失っていない…という考え方を進めます。

さて、人類社会に存在する人間は、一人の人間として、どう存在すしているのか?

社会の一員として、自分を殺さなければいけないのか?

自分は自分のままで存在すすればよいのだと考えます。

自分が自分自身であること、このことが本当にできた時、社会トータルでは、プラスに進める、そう考えます。

自分が自分で在るとき、人類は人類であり、宇宙は宇宙である。

自分に歪みがあるとき、人類に歪みがあり、宇宙に歪みがある。

自分の、個の、延長上に宇宙そのものがある。

自分が認識できてこその宇宙…そしてそれが人生です。




ラベル: 水素 宇宙 認識
posted by ChiAki at 08:04| Comment(0) | 生体エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

ビールと情報処理能力

昨日は会社の送別会。おとといは地元の万神講。
ともにビールを飲みすぎた。
ビールはおいしいのだけれど、身体を冷やすので、身体に良いとは思えない。
二日酔いとまではいかないけれど、飲みすぎた、と思う。

お酒を処理するのも情報処理能力の一つだと思う。
しらべを寝室においているからか、二日酔いになることが少なくなった。思わぬところで生体エネルギー技術が役にたっている。
posted by ChiAki at 23:15| Comment(0) | 生体エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

情報処理能力と生体エネルギー

生体エネルギーが高まると、視点が高まる。
視点が高くなると今まで見えなかったことが見えてくる。
言ってみれば、人生の風景が変わる。
人生の風景が変われば、人生が変わる。

生体エネルギーが高まると、情報処理能力が上がる。
どういうことか?というと、
生体エネルギーが高くなったり低くなったりということは、
今まで認識していなかった方向、次元に
存在が拡張されるということだからである。
つまり、生体エネルギーが高めると、情報量が増えるということである。
一秒間に1コマの情報量が一秒間に10コマの情報量に増えると、主張が通り易くなる、交渉を優位にすすめるということが可能になるということが理解できるかと思う。
人間の能力…眠っている能力、まだ未知な能力が、眠りから覚める、拓かれるということが引き起こされれるのだ。
ラベル:情報
posted by ChiAki at 21:07| Comment(0) | 生体エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

メタ認知と生体エネルギーと情報処理能力

感情に流されない、感情をコントロールするのに必要な能力として、

メタ認知があります。

自分を客観的に見つめることをメタ認知と呼ぶそうです。
感情コントロールには欠かせない能力ですが、この能力を高めるためには二つの習慣が大切になるそうです。
●一つは「感情ウォッチング」、つまり自分の心の状態のチェックです。
●もう一つは「知らないこと」や「できないこと」をはっきりと区別することです。

参考「感情の整理」が上手い人下手な人 和田秀樹著 新講社

以上の二つについて、なかなかできそうでできない、そう感じて歯がゆく思っている人もいるのではないでしょうか?

生体エネルギーに出会って約10年。自分自身の変化を自分自身で振り返ってみると、情報処理能力がアップしたな!と感じます。
まず、物事を見る視点が変化したこと。
今まで、狭い視野で、凝り固まった視点でしか物事を捉えていなかった…。生体エネルギーを高めることをいろいろとトライしているうちに、視点が高くなり、広い範囲で物事を捉えることができるようになった気がします。
視点が自在になることにより、いろいろなことに気づきやすくなったと感じます。過去であれば感情的に正論をぶちまけていた!ような状況でも今は違った視点で現況をみることができるので、まぁ、そんなこともあるよな、と治まることがあります。
また、会議や議論の場で自分自身の意見が通ってしまうことが多くなってきた。
以上のようなことから情報処理能力が高まったと自分では考えています。

では、生体エネルギーを高める、情報処理能力を高める、メタ認知の能力を高めるにはどうしたらよいか?ということですが…。

@生体エネルギー応用の治療を受ける
(点滴、サウンドエナジー療法、生体エネルギー腸洗浄等)

A生体エネルギー応用の製品を使ってみる
 水誘導翻訳装置 電気誘導翻訳装置 いのちゑしらべ、オリベックスクリーム等々

B生体エネルギーの高い農作物を食べる
 命仁お米 桃 ぶどう おもち みかん等々

C生体エネルギー研究所に通う

以上のやうなことをやってみる、こういったことは外部から生体エネルギーを高める方法と言ってよいかと思います。これらとは別に最初に紹介した感情ウォッチングや瞑想(正座)や体術(型の修練)をあわせてやっていくことでしょうか。

今日久しぶりに体術をやりました。数年前は3年間毎朝やっていましたが、最近はさぼり気味で2週間ぶり。最初、からだがふにゃふにゃして力がはいらねぇなぁと思ったのですが、やっているうちに身体が熱くなると同時に力(気)も入るようになってきました。体術はやはりいいです!週に1、2回はやるようにしたいですね。

今日は生体エネルギーと情報処理能力とメタ認知について書いてみました。







posted by ChiAki at 20:43| Comment(0) | 生体エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

電磁波は電磁波で

新幹線の電磁波、携帯電話の電磁波・・・

できれば避けたいですが、完全に避けることはできません。


生体エネルギーの技術を応用して作られた、いのちゑしらべ。

電磁波で電磁波対策を!

生体エネルギーのたかまる電磁波を使うことにより、私たちにプラスをもたらす空間を作り出します。

posted by ChiAki at 20:31| Comment(0) | 生体エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

小松菜初収穫

5月27日に播いた小松菜を収穫しました。
http://e2qr.seesaa.net/article/120311021.html
まだ成長しきっていないのですが、食べられそうなので。
まだ19日しかたっていない…早すぎたかな…。

でも柔らかくて、それでいてシャキッとしたさわやかな食感。
栽培者の分身だけある(笑)。

それから今日は高農真紅金時人参?と小瀬菜大根の追加播きをやりました。この前播いた小瀬菜大根は芽が出てきていてとてもキュート、でもってさらに追加播き。

会社が休みでこんなことやっています。

そうそうこの前植えたハーブ、あまり元気でありません。
レモンバーム、鹿にやられた??のか葉の数が減っているような気がする。。


posted by ChiAki at 13:10| Comment(0) | 生体エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

ハーブの苗

昨日到着したハーブを畑アルファに今朝植えた。(5時40分頃起床)

レモングラス、レモンバーム、ジャーマンカモミール、ローマンカモミール、ブラックペパーミント、ローズマリーの各1苗ずつ、
6種、で7苗。
鹿に食べられないだろうと考え、ハーブにしてみた。

果たして、どうなることやら。

今朝畑ベータに播いた葉大根の芽が出揃っていた。
サラダ菜の種を播いた入れ物にも芽が出ていたが、一つでていない入れ物があった。
週末には出揃うかなぁ。

小松菜の方はどんどん成長してしてびっくりした。

ままごと的な農園だけれど、もうしばらくしたら野菜が食べられそうで楽しみだ。

朝いつも目覚めてから布団を出るまで40分くらいかかっている。
目覚めたらすぐ布団から出るようになれば人生が変わる!?

ラベル:ハーブ
posted by ChiAki at 18:51| Comment(0) | 生体エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

恐慌と農業


大恐慌第2幕
朝倉慶
ゴマブックッス
http://www.amazon.co.jp/%E6%81%90%E6%85%8C%E7%AC%AC2%E5%B9%95-%E6%9C%9D%E5%80%89%E6%85%B6/dp/4777112446/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=
books&qid=1244692069&sr=8-1
を読んだ。
これからどうなるか、恐ろしいことがいろいろと書いてある。
そんな中、僕は何ができるだろうか?と考えている。
生体エネルギー技術に注目し、いろいろと学んできたのは、
会社の研究テーマとし、さらには新規事業として立ち上げたいと考えたからであった。
しかし、それも思うように進められず、細々と検証なんてことをやっている程度。
このペースではいったい何年かかるか判らない。
会社のしくみにあわせてやっていると、とんでもないノロマのペースだ。
僕の進め方が悪いのかもしれないが、どうにもできなかったのも事実だ。
この会社も大企業ということかと今頃気づいた。
日本の大企業が変化に対応できず、巨額の赤字をたたき出すのも当然といえば当然。
この不況、不況というより、人類が正気に戻って、無駄な買い物をしなくなっただけ!のように考えている。
だからもう回復しない。戦争なんて選択したとしても、効果は短期の限定的なものになるだろうし
大戦争を起こしたら人類や地球は消滅する。

さて、こんな状況下で僕はどうしたらよいのだろうか?
会社をやめて生体エネルギー技術による生体系生体システムプログラム農法に取り組んで米でも作るか?
企業の余剰要員と一緒に農業に取り組むか?トップが本気にならないとこの選択肢はないなぁ・・・。
また、企画書書いて出してみるか?!

posted by ChiAki at 21:41| Comment(0) | 生体エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

生体エネルギーの点滴

今日、長野県小諸市にある生体エネルギー応用技術を治療に用いているクリニックに母と行ってきました。
点滴をしてきました。
僕は血糖値が高い、母は血圧が高いという事情があります。

この点滴、もちろん病気治療ということが目的ですが、それだけではないです。
何か、活動の源にアクセスしたような感じで、気力が湧いてきます。性格が穏やかになったきがします。

僕一人で点滴した時よりも、親と一緒にした方が、体感的な感触が大きいような気がしています。長野にセミナー等で行ったときもせっかくなのでクリニックによって点滴をすることが多いです。
posted by ChiAki at 17:46| Comment(0) | 生体エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

光合成と水と光と電気

今日の気づき
困るまで楽な方へ流れるんだよなぁ
この言葉を忘れないようにしようと思います。突然降ってきましたあせあせ(飛び散る汗)

昨日、今週ずっとがんばりすぎたからか、今朝はくたびれていて起きれませんでした。6時半くらいまで寝てました。しかも少し咽が痛い。少し冷え込んだし・・・それとも、昨夜聞いたヘミシンクフリーフローフォーカス21のせいかなぁ・・・。

木曜日は朝に畑の草取り、会社から帰ってきて夕方は石拾いをしました。

二つある畑、それぞれ4坪と8坪くらいかな・・・今度測定してみるか・・・一つは川側これをアルファと名付けよう、一つは割と自宅に近くて水の便もよいところ、こちらをベータと名付けよう(笑)。
小松菜を播いたのはベータの方。

アルファで何を育てるか?だけれど、アルファはどうも鹿の通り道になっていて、近くの畑は鹿対策としてネットを張って畑を囲んでいます。
で、鹿が食べなさそうなものとして、レモングラスを植えてみようと思っています。そのほかにもハーブ、水をそれほどあげなくてもよいもの、を検討しています。

さて、今日は光合成について書いてみます。
光合成とは
広い意味では
光合成電子伝達系光リン酸化
これにより生成した
NADPHとATPを使って
同化反応(炭酸同化、窒素同化、硫黄同化・・・)をいう。


もう少し詳しく書くと
光リン酸化反応
2H2O→4H+ + O2 + 4e-

2NADP+ + 2H+ + 4e- →2NADPH
ATP合成
ADP + H3PO4 →ATP + H2O
ADP:アデノシン二リン酸
ATP:アデノシン三リン酸
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%87%E3%83%8E%E3%82%B7%E3%83%B3%E4%B8%89%E3%83%AA%E3%83%B3%E9%85%B8
http://ja.wikipedia.org/wiki/ATP%E5%90%88%E6%88%90%E9%85%B5%E7%B4%A0

NADPH: http://ja.wikipedia.org/wiki/NADPH

炭酸固定(同化)反応
CO2+3ATP+2NADPH + 2H+→(CH2O)+H2 + NADP+ +3ADP+ + 3H3PO4

全体を書くと(中学のころ習った光合成か)
6CO2+12H2O→C6H12O6+6H2O+6O2

参考文献
電子移動の化学朝倉書店 渡辺正、中林誠一郎著
光合成の科学 東京大学出版

以上から
光、水、炭酸ガスが非常に重要だと考えられる。
光は太陽光、植物工場では電気をLED光や蛍光灯の光に変換して、光としている。
水と光、電気がコントロールしやすい、光合成の因子であること考える。

posted by ChiAki at 20:38| Comment(0) | 生体エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

さわやかなめざめ

今朝はひさしぶりに心地よいさわやかな目覚めだった。
4時50分にシャキッと布団から出た。
めずらしい笑

昨夜は冷たいビールではなくて、温かいお茶(金印延命茶)を飲んだからか…
それともゆる体操をしっかりやったからか。
ゆる体操をやったら、指先が畳につきました。
普段は20cmくらい指と畳に距離があります(苦笑)
これは高校生のころからこんな感じです。
陸上部で一番硬かった。

時間があるので、久しぶりに体術を。サウンドエナジーのCDをかけながら。CDラジカセにはいのちゑと環境用さとりをつないで。
このサウンドエナジーと体術の組み合わせ、良いです。
正座は40分。今日はあまり集中できたとはいえなかったな。

昨夜ヘミシンクフォーカス15創造と具現化を聞いたけれど、ほとんど速攻でクリックアウト。(22時半頃)


今週末は長野の生体エネルギー応用治療のクリニックへ行く予定です。
posted by ChiAki at 06:35| Comment(0) | 生体エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事