UA-65034833-1

2013年01月13日

「あなたらしさ」というのは、源(宇宙の中心)の表現そのものである。

こちらも、だいぶ以前に書いたものですが
自分で読んで、元気になったので、再度掲載します。

2009年08月19日
昼休みに頭に浮かんだこと
http://e2qr.seesaa.net/article/126042331.html


昨日の日記に書いた、昼休みに頭に浮かんだことを書きます。
へミシンク無しです。

ほぼ、原文のまま載せますが、意味不明なところは少し手直ししてあります。

あなたは、あなたらしさを保存(維持)したほうが良い。
それ(あなたらしさ)はむちゃくちゃ面白いから。
それ(あなたらしさ)は他の人から見るとむちゃくちゃ面白い。
ストレスはよくない。ストレスが全くないのも良くない。
けれど、楽しまなければ、面白くない。

「あなたらしさ」というのは、源(宇宙の中心)の表現そのものである。

人間は人間として生まれたからにはやるべきことがある。
それは、あなたが決めること。
使命というと他から受け取った命令のようであるけれど、そうではない。
あなた自身が決めること。
自分で決めると「恐い」かもしれないけれど、「恐れ」は捨てることができる。
この「恐れ」も自分で作りだしている。
やるべきことを決めるのも、あなた次第で、そこにぶっこむ決断するに際し発生する「恐れ」もあなた自身が作りだしているもの。

凡人が凡人らしく精一杯生きることも使命たりうる。
その「精一杯」の表現の仕方は無限の無限乗の無限乗の無限乗ある。
お金が欲しけりゃ、くれてやる。
運が欲しけりゃ、くれてやる。
その使い方があなたらしければよい。そしてそれが創造、想造へとつながる。

人生は無限−これは本当のことである。

あなたは、あなたらしさを生きればよい。
あなたらしさには無限の表現がある。
そこに、非難のつけこむ余地など、ない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
補足をすると、以前から漠然とした問いがありました、僕自身に
・・・このままでいいのだろうか?
それは、精神的なもの、そして、それだけでなくて、このまま会社員でいくか、それとも他の職業を考えるか、今の会社にいるとして、現状の場所でよいだろうか?
どんなことをどのようにやっていったらよいのだろうか?
どうも職場での人間関係にうんざりぎみ・・・。
昨年10月のガイドセミナーでは、
ちあきさんは、これまで、十分いろんなことを学んできた。だから、もう次のステップへと進んでもよいのでは?
どうでもよいようなことにふりまわされて、本来やるべきことに時間を割けていない、
というようなサジェスチョンをセミナー同室のNさん(セミナー後急展開されてミッチーさんのパートナーになられたとか聞いています)からいただきました。この意味が十分消化できずに今現在へと至っています。

そのような問いがあったので、このようなメッセージがあったのだと思います。
問いと回答が混ざったような状態ですので、少しわかりにくいかもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そんなこと言ったって、いったいどうしたらいいのか?わかりやしない。
「直球勝負」
まっこうからストレート勝負
小細工なし。
エネルギーをポイントめがけて真っ向勝負
これは全くもってあなたらしい。

しがらみ無し
あなたにしがらみなど存在しない
カルマなどない
使命などない
さっきも言ったように使命というのがあるとしたとしても、それはあなたがきめること。
だから「やらなければならない使命」などというものは、あなたには一切存在しない。
あなたは全くもって自由なんですよ、本当に。
他の人にはありえないほど自由。
では、それがなぜか?というと
「あなた」が「あなた」だからです。
たとえば、あなたが、楽しい方向につっぱしるとします。すると本当にこれでよいのだろうか?という疑問が湧いてきて「葛藤」が生まれてくるかと思います。その「葛藤」はあなたらしさの「素直さ」の表現ではあるけれど、あなたの個性ではなくて地球慣性系のシステムの特性を「素直」に表出させているだけで、あなたの特性、個性の表現ではないんです。
湧き上がることを「素直に表現すること」「素直に認めること」は、あなたらしさではあるけれど、葛藤自体はあなたの個性ではありません。ここに地球生命系慣性系のトリックがあるんです。
あなたがあなたらしく振舞うことに対し、いろんな反応があるかもしれませんが、それは反応する側にその「責任」があり、あなたらしさを表現するあなたには「責任」がありません。
いろんな「想い」が飛んでくるかもしれませんが、もはや、そのようなものを気にしている場合ではないでしょう。
もう、気にしなくてもよいはずです。
もう2008年。時代が、世の中が変わりました。
時を待っていたのでしたら、もう時は熟しています。
攻撃が恐いかもしれませんが、もう、攻撃などありえません。だれも、あなたを攻撃することなどできません。

では、どうしたらよいか?
やりたいようにやりゃぁいいんです、やりたいように。


さてさて、すこし、グランディング(地に足つける)を意識します。
こちらも応援、お願いいます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ


人気ブログランキングへ

こちらもよろしくお願いします。
ブログランキングNo.1


ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION







posted by ほしの ちあき at 18:53| Comment(0) | 生体エネルギーとヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

ハイブリッドカーと精神状態

今夜はなぜか、イライラしています。

なんでだろう?と考えてみました。

出張に行っ来て疲れた?

そうだ・・・今日は出張にプリウスで高速を移動して、帰りは新幹線でした。

以前こんな↓のを書いていました。
http://e2qr.seesaa.net/article/124993046.html

今この文章を書きながら、足、特に左足がジンジンしています。

ハイブリッドカー、プリウスで移動して、車の電磁波に疲れてしまったのではないか?
と思い当たりました。そしてイライラ・・・・。

電磁波調理器でイライラするという記事を何かで読んだこともあります。


このハイブリッドカーの電磁波の人体への影響は、風評被害に近いものがあるという人もいますが

僕はやはり、つかれます。

今日は特に変にイライラしているのも事実です。

こんな日は、誰かに当たってしまうのに気をつけて、お酒でも飲んで寝てしまおうと思います。

こちらも始めてみました。ぜひ、クリックお願いいます。禅とあまり関係ない??(笑)でもでもよろしくお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ

にほんブログ村
posted by ほしの ちあき at 20:55| Comment(0) | 生体エネルギーとヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

こころがおさまると、時間がおだやかになる。

今朝はゴーイングホームのCD7をはじめて聞きました。
すると流れてくるのはハイヤーの音楽。
入れるCDを間違ったか!?と思っていると、アナウンスが聞こえてきました。
どうやら間違いではなく、そういうCDのようです。
死後直後にこのCDを何度も聞かせるとよい、ということ。
アナウンスもそれを想定した内容です。
ですが、今朝は何も見えませんでした。
そしてけだるさが残りました。

そこでノンヘミで正座をさらにやりました。
正座をやると、呼吸が整い、こころが整ってきて、こころが落ち着きはじめます。
そして穏やかな気持ちになり、僕自身と周りの関係が穏やかになった気がしてきます。
時間も穏やかに流れている気がしてくる。
そしてこちらでコントロールできそうな感覚が出てくる。

正座はもう何年も続けている。

僕もそうだけれど、カッカしやすい短気な人には毎朝の正座をお勧めします。
posted by ほしの ちあき at 17:55| Comment(0) | 生体エネルギーとヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

正座と映像

正座をすると、いらいらが消え、心が落ち着くので、なるだけ、毎朝しています。

心が落ち着つかせるのが一番の目的であるけれど、最近はときどきは何か映像が見えるようになってきました。

最近見えたのは・・・

太陽がまず見えて、そのあと、道路が見え、そこを進んでいきます。

すると、後ろから来た車に追い越されました。

その後はオートバイにも追い越されました。

そして女性、ガイド?天使?から

料理をお膳にのせていただきました。

支離滅裂ですが、印象に残ったので、書いておきます。

それから、11月30日に見えたもの・・・・

山、とがったもの、道、人?、ピラミッド、杉?

そして気づき・・・・空から、エネルギーを下ろすのに、杉のような尖った木は目印になりやすい。

滝尾神社にエネルギーをつなごうとして、気づいたこと 。

こちらも支離滅裂ですが、見えたもの、気づいたことを書いておきます。

空から見て、目印になりやすいものって、重要な気がします。

ガイドとの邂逅シリーズもそろそろ再開します。

一応クライマックスもありますので笑



posted by ほしの ちあき at 22:37| Comment(0) | 生体エネルギーとヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

コインロッカー?カードロッカー?

しばらく出張で出たりしておりまして、更新が止まっていました。
また、更新を続けます。ガイドとの邂逅シリーズは今日はお休みして最近の気づき?シリーズです。

最近のコインロッカーは、SUICA(スイカ)で支払いできるんですね。
田舎者なので、つい最近、このタイプのコインロッカーがあるのを知りました。
これが気づきです!!というのは冗談半分、本気半分笑

東京の有楽町の地下鉄駅でこのタイプに遭遇しました。

都合で、地下鉄の有楽町の駅のコインロッカーに荷物を預けることにしました。
翌日、翌々日も出張で荷物が大きく、シンポジウム会場に持っていくのはいやだなぁと思ったからです。
そこのコインロッカーはコインではなく、スイカでも支払うことができるようで、スイカで支払うことにしました。そしてカギはいわゆるカギではなくて、紙にプリントアウトしたものが受けり証のように出てきました。

説明文を読みながら、なんとか預けてその場を立ち去ろうとしたときに、僕と同じように荷物を預けたいのだけれども、このタイプのロッカーが初めてのようで、戸惑っている人がいました。
僕は今やったばかりなので、得意げに?笑使い方を簡単に説明しました。
無事にその人も荷物を預けることができました。どうもありがとうといわれて
そしてその場を離れました。

シンポジウムが終わり、この貸しロッカーに戻ってきました。
プリントした紙を見て、番号を入力して、ロッカーを開けようとしましたが、取り出せません。
番号を入力しまちがえたかな?と思って、再度入力しましたが、あきません。
困っていると、僕の前に荷物を取り出した人が、様子を見ていて、手助けしてくれました。

スイカで支払いの場合は、数字入力しないで、スイカをかざすだけでよいというのです。

スイカをかざすと、すっと扉が開錠されました。

この見ず知らずの方の助けで、無事荷物を取り出すことができました。

ありがとうございました!と通りがかりの見ず知らずの方にお礼を言いました。

ちょっと前に、見知らぬ人を助けたら、そのすぐあとに見知らぬ人に助けられました。

与えるものが受けるもの!といいますが、それって本当かもしれませんね。
posted by ほしの ちあき at 22:22| Comment(0) | 生体エネルギーとヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

ヘミシンクをはじめたきっかけ

ヘミシンクをはじめて知ったのは森田健さんの不思議の科学
未知の世界に憧れをいだいた。いつだったのか忘れたのだけれど、出版年を調べるとそれは1998年!
不思議の科学2不思議の科学3と続いた。メタミュージックのガイアなんかを聞いてみたが、なーんもわからなかった。
そのころ森田さんにサインをもらうと、「自由へ」とか「流れの中へ」とか書いてくれた。
(その言葉はいまだに心に残っていて、このブログのタイトルになっている。)
ヘミシンクにより垣間見る世界は、ヘミシンクCDを聞く時の一部の限定された、
ある意味では囚われの世界ではないか?と思い忘れていた。
その後、生体エネルギー技術を勉強することにして、正座などをするようになり、いわゆる瞑想は続けてきた。
時は流れ、2007年の9月だと思うが、坂本政道さんの船井オープンワールドの講演を聞いた。
(今、思い直すと、森田さんのことを知ったのもオープンワールドで船井先生が紹介したからであった。)
2012年に向けて、宇宙の中心から流れてくる生命エネルギーが増加してくること、

そして、それは銀河系の中心を経由して、太陽系へと流れ、地球へと降り注ぐというものであった。
その講演の中で話された、坂本さんがヘミシンクにより知りえた宇宙の仕組み・構造が

生体エネルギーの勉強の中で聞いた、宇宙の情報のバトンタッチの話と良く似ていることに気づいた。
佐藤先生がヘミシンクのCDを聞くとは思えない・・・とすると宇宙の構造というものにヘミシンクにより
自分自身の体験として迫ることができるのではないだろうか?!と思った。
それが再度ヘミシンクに興味を持った理由である。
そこでヘ坂本さんの主催するヘミシンク宿泊セミナー、熱海でのガイドとの邂逅を受講した。2007年の10月のことである。
posted by ほしの ちあき at 19:47| Comment(0) | 生体エネルギーとヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

再び、時が進む時

会社で異動があり、職場が変わりました。

旧職場で机の中を片付けていたら、壊れた時計が出てきました。

すっかり忘れていたのですが、お気に入りの時計です。

電池が切れたのか、止まってしまっていて、チェーンも切れてしまっています。12時の2の文字もはがれてしまっています。

机の引き出しの中に何年間埋もれていたのでしょう。
携帯電話で時計を代用するようになって、つい面倒になり、修理もぜずにしまい込んだまま、忘れてしまっていたんでしょうか。

その時計、先週末に修理に出していたのですが、今日、修理が終わったと連絡がありました。

修理に持っていく時は、こんなの直してもらえるのかな、と不安でしたが
たぶん、大丈夫ですという返事をもらって預けてきたもの。

時計屋さんに受け取りにいくと、ピカピカに復活してしっかりと動いている時計がありました。12の2の文字も、ちゃんと正しい位置におさまっています。

以前の職場に異動してきた頃にしまいこんだ気がするこの時計、約10年の歳月を経て、復活です。

今回の移動と壊れた時計の復活はなんか関係ありそうな、意味深な感じがしています。

ようやく動き出しました。人生が・・・ちょっと大げさかな笑い。
タグ:時計 修理 異動
posted by ほしの ちあき at 19:39| Comment(0) | 生体エネルギーとヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

メンタルツールと装置化

メンタルツール・・・非物質で例えばガイドとの交信用に電話機を作る
エネルギー変換ボックス、これもそうだけけれど、さらに工夫して
例えばお風呂にしてみるとか、洗濯機にしてみるとか、光線発生器にしてみる等々
装置化とはこうしたメンタルツールを作り、半永久的に継続して作用させるものを作ることではないかと考える。
意識やイメージ、そして情報により機能させる。
今の時点ではそう考えている。
posted by ほしの ちあき at 19:40| Comment(0) | 生体エネルギーとヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歩いた時間(4月26日以降)

昨日のデータに追加して
各週のあるいた記録です
5月17日週の225キロは週末に山を歩いたためです。
ブレークスルーか(笑)

4/26-5/2 20min
5/3-5/9 65min
5/10-5/16 71min
5/17-5/23 225min
5/24-5/30 102min
5/31-6/6 73min
6/7-6/13 75min
posted by ほしの ちあき at 19:38| Comment(0) | 生体エネルギーとヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

まずは再開

ブログが止まって、はや、三ヶ月。

再開しようしようと思いながら、ずるずると。(汗)

良い文章を書こうという意識が強くてこうなったのだと思います。
開設当初のまずは始める、の精神に戻り

まずは再開、といたします。
http://e2qr.seesaa.net/article/120566804.html
開設当初の宣言でできていること、できていないこと、あります。
再度、中身を吟味して、今後につなげたいと思います。
毎週の歩き時間、整理がすんでいる4月までのデータ。
5/18-24 18min
23-31 30min
6/1-7 30min
8-14 54min
15-21 20min
22-28 15min
29-7/5 0min
7/6-12 18min
13-19 85min
20-26 0min
27-8/2 88min
8/3-9 58min
10-16 138min
17-23 133min
24-30 88min
31-9/6 74min
7-13 108min
14-20 115min
9/21-9/27 121min
9/28-10/4 75min
10/5-10/11 40min
10/12-10/18 124min
10/19-10/25 87min
10/26-11/1 93min
11/2-11/8 54min
11/9-11/15 0min
11/16-11/22 35min
11/23-11/29 86min
11/30-12/6 58min
12/7-12/13 18min
12/14-12/20 32min
12/21-12/27 105min
12/28-1/3 17min
1/4-1/10 133min
1/11-1/17 0min
1/18-1/24 32min
1/25-1/31 67min
2/1-2/7 108min
2/8-2/14 35min
2/15-2/21 15min
2/22-2/28 103min
3/1-3/7 53min
3/8-3/14 90min
3/15-3/21 88min
3/22-3/28 60min
3/29-4/4 85min
4/5-4/11 65min

posted by ほしの ちあき at 21:35| Comment(0) | 生体エネルギーとヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

今に溺れるな

今に溺れるな!
ある朝、目覚めたときに入ってきたフレーズ。

わかりやすい文だけれど、どういうことを言っているのか?

どうしたらよいのか?

さっぱり解らなかった。

今朝久しぶりに正座をしっかりやったときに

思いあたっとというか、何かのメッセージというか…

会話の時等で、感情的になってしまい、意識の扉を閉じてしまうことがある。この人とは別の世界に生きている、なんて考えたして…。
かっとして自分を見失ってしまっている。
地に足がついているとはとても言えない。
今の自分の考えや想いを理解してもらえないからといって
すべてを否定して台無しにしてしまうのはいかがなものか!?

正邪、陰陽、白と黒
二値の世界でなく、多値多価値の世界に生きよう!

SH380096.JPG
posted by ほしの ちあき at 13:16| Comment(0) | 生体エネルギーとヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

地球は変った、明らかに変った

地球は変った、明らかに変った

まだ人類は気づいていないが あきらかに地球は変ったのだ

何が変ったかというとシステムが変ったのだ
運営の仕組みが変ったのだ

例えるのなら 会社組織は全く同じだが 会社の給与体系が変ってしまったということだ

それはそうだ 映画で社長の役の俳優と平社員の役の俳優が 必ずしも社長の役の俳優の方が高給取りということはない

この給与システムの変更が浸透することによって 人類の意識の変化が 進み 全く新しい形態が現れてくるだろう
これはひとつの例えである

つまり統合によって 分離が促進され 分離を妨げていた形式的拘束力の根源である支配システムが大きく変ったということだ

したがって全く新しい支配システムがまもなく現れるということだ

posted by ほしの ちあき at 07:01| Comment(0) | 生体エネルギーとヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

個の幻想は個の可能性を作り出した

個の幻想は個の可能性を作り出した

つまり、個の確立により、喪失した能力が多かったが
個の存在によって新しくつくりだされるものもあるということである

この新しく創造された可能性に賭けてみようと宇宙は思ったのだ
だから人間は今のままでよくなった
そう 今のままでよくなった
したがって 変化など無いという大きな変化が訪れた

つまり すべてが統合された結果 すべてが分離されたということだ
posted by ほしの ちあき at 21:39| Comment(0) | 生体エネルギーとヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

夢が最近クリアーになってきた

最近、夢がクリアーになってきた。

色が鮮やかだったり、構造がはっきりしていたり。

先日はおもちゃの車・・・チョロQというのかが見えた。
自分で主催するセミナーで、どんな話をしようかと考えていたところ
自分自身が白いおもちゃの車で説明しているところを夢でみた。
そこで、その夢でみたようにやってみた。
それからこの前は、あるお茶が夢に出てきて、実際に飲んだ。
僕は一番最初の一番茶を、あと2番茶、3番茶を夢に出てきた若い人にあげた。
今日の昼休みはウルトラセブンが出てきて、灰色と赤色の身体と目の部分の少し黄色がはっきりと色彩を感じとれた。

これは何かの兆候だろうか。

posted by ほしの ちあき at 20:09| Comment(0) | 生体エネルギーとヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

生体エネルギーとバシャールと認知心理学

バシャールが言って来たことは本当だった。
バシャールの本はもうだいぶ前によんだことがある。
あたらしくバシャール2006という本http://www.amazon.co.jp/BASHAR%EF%BC%88%E3%83%90%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BC%89-2006-%E3%83%90%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%8C%E8%AA%9E%E3%82%8B%E9%AD%82%E3%81%AE%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88-%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%AB/dp/4899760922/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1256943813&sr=8-1
もでている。
その中で一貫して言われてきたことがある。

「自分自身が作り出したフィルターを通して現実が作られる。」

バシャール本に書いてあることと認知心理学というものをわかりやすく書いた本とは同じことを言っていると解釈している。
自分自身の経験により作ったフィルターを通して現実が作られている。

だから、このフィルターを作り変えることが、人生を創り上げることに繋がる。

このフィルターこそが、思考態の一部であり、この思考態によるプロテクトを外すことが、能支配への回帰へと繋がる。
このフィルターの取り外しや掃除の方法のひとつが、ホ・オポノ・ポノである。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%84%E3%81%95%E3%81%97%E3%81%84%E9%AD%94%E6%B3%95-%E3%83%9B%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%9D%E3%83%8E%E3%83%9D%E3%83%8E-%E5%B1%B1%E5%86%85-%E5%B0%9A%E5%AD%90/dp/4434120638/ref=sr_1_7?ie=UTF8&s=books&qid=1256943890&sr=1-7
ごめんなさい・ゆるしてください・ありがとう・あいしています。
この言葉がフィルターを掃除する。

もちろん、フィルター掃除の手法はこれだけでは無い。

たとえば、能支配系を誘導するお米命仁を食べる・・・これもひとつの方法だろう。
たとえば、ヘミシンクでは、最初の準備でエネルギー変換ボックスなるものを使いますが、それも掃除の道具だろう。
(エネルギー変換ボックスというメンタルツールを使って、恐れやイライラを捨てます。)
以前、女装をしたことがありますが、これもきっかけのひとつになると思う。
どういうことかというと、小さい時から、男は男らしく、女は女らしくという教育により人格が作られてきた。
いろんな経験により学んで作られた人格・・・この人格というものもフィルターの一部だといってよいからだ。
女装という刺激により、フィルターが外される。
僕も女装すると傲慢さが浮かびあがってきて、人をあごで使うようになる。
女装をすると、超能力が強くなると言う方がいたが、
それは、フィルターが外れて、人間が本来もっている能力を発揮できるようになるからだと思う。
そして、電磁波により能支配系を誘導する装置しらべを使うこと、これもフィルターを外す方法のひとつだと思う。
サウンドエナジー療法という音による治療法・・・これもフィルター掃除に関係するのだろうし、点滴も有効な方法だあると推理して実践している。

バシャールと認知心理学・・・認知心理学はバシャールからのチャネリングにより構築された学問なのか
たまたま偶然の一致なのか、進化の方向として当然の一致なのか?
それは不明だが、バシャール言っていることは本当のことのようだ。

とすると、です・・・バシャールが言っていることでまだまだ信じきることができない常識から外れたことがあるが、
これらを本当のことだととらえ、行動に落とし込んで実践することは非常に有益なことだと考えてよいのではないかと思う。

そして、その実践を強力に進めるための推進エネルギーとして、そのための方法論として、生体エネルギー技術を使おうというのが僕の想いです。

そして、できることは全部やる・・・いのちゑの電気を使ってヘミシンクを聞きながら、ホポノポノをやり、しらべの電磁波を浴びる・・・お米は命仁、水はきわみの水。

これを、フィルター掃除のためのリダンダンシーという。
posted by ほしの ちあき at 19:07| Comment(0) | 生体エネルギーとヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

生体エネルギーとヘミシンク

この二つに注目している理由を書きます。
ヘミシンクは意識の拡大をおこすツールとして非常に便利なもの。意識が地球の重力から解放され
(ガンダムではシャアが地球人のことを地球の重力に魂を縛られた人たちと呼んでいます)
地球外へ、太陽系、銀河系、そして宇宙の中心まで拡大していくようです。
(僕はそこまで、まだまだ到達しておりません)
生体エネルギー(僕は生体エネルギーと生命エネルギー・・・坂本政道さんが著書で生命エネルギーと呼んでいるもの・・・は同じだと
考えています)は、人間の魂がフォーカス21〜フォーカス27から、フォーカス35以上へと上がって行くために必要な
駆動力だと考えているからです。
生体エネルギーは意識の拡大を促すとして魂を解放するエネルギー、そういう仮説を持っています。

生命エネルギーはの中心から銀河系のコアを経由して太陽系へ、そして、地球へと注いでいると言われています。
(坂本政道さん2007年船井幸雄オープンワールド講演DVD)
一方、生体エネルギー技術・理論の中に、宇宙から銀河系へそして太陽系へと情報の伝達が行われ、地球では光合成によるエネルギー変換
が植物により行われ、人間を含む動物が生命を維持できているという考え方があります。
この情報の伝達の流れが重要だとされています。
ヘミシンクにより坂本さんが知りえた情報と佐藤政二先生の宇宙観に非常に似通ったところがあります。
どうのような手段により知りえた情報でも、本物は本物、真理は真理
坂本さんが言っていることは本当である言い換えれば佐藤先生が言っていることは本当のことであるということの根拠のひとつだと思います。

posted by ほしの ちあき at 20:11| Comment(0) | 生体エネルギーとヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

あの世の幾何学

どういう視点を持つか?で世界の見え方が変わる。
ヘミシンクや何かの技術は、通常の意識状態では見ることができない、知覚することができない世界を
見たり聞いたりと認識させてくれる有効な技術である。
しかしながら、その世界はやはりある1視点でしかないことを常に覚えておく必要があると考える。

非物質の世界はとてつもなく広い世界であろうけれど、
それは広ければ広いほど、ヘミシンクで見えた世界はある視点で見た世界であることを
理解しておく必要があるだろうということだ。
でなければ、新しい世界を切り拓いたつもりが、全く新しい「囚われ」の世界に迷い込んだ
にすぎなかったということになりかねないからである。

そうはいうものの、ヘミシンクは非常に有用なツールであることにかわりはない。
posted by ほしの ちあき at 07:29| Comment(0) | 生体エネルギーとヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

大企業の行く末

現在、物が売れない、消費が縮退しているというのは、
過去のような景気のサイクルによって起こっているのではなくて
無駄なことにお金を使わなくなった、人間が冷静になった、まともになった、ということが根本にあると思う。
だから、以前のようには戻らない。

多くの大企業は、この消費意欲を前提にして、工場をたくさん作り、量産効果をさらに見込んで、利益を出してきた。
サラリーマンに、とにかく社命で仕事をさせ、
我慢していれば、給料も上げてやる、終身雇用で雇ってやるという餌を求心力にするという仕組みで成立してきた。
過剰な生産工場と、膨れ上がった人件費が、今のような消費マインドではとても賄いきれず、巨額な赤字を吐き出した。
したがって、支出の抑制と、生産設備の整理、人切りしか対策としては出てこない。
求心力の前提も崩れ、どう進んだらよいかわからないでいるのが現状だろう。
日本の企業は技術があるということであるが、この状況で、どこまでそれが貫けるだろうか?
支出の抑制と、生産設備の縮小、人切りは、結局、タコが自分の足を食うようなものだから、先が見えている。
この閉塞感は大企業的取り組みの視点では打ち破れない。

現状を乗り切るための経営側のセリフは
2010年頃には景気は回復してくる。
だから、今を乗り切れば、他を圧倒できる、ばら色の未来がくるというのがパターンのようだ。
もうすぐ景気が回復するということが前提で、すべての議論が始まる。
その見込みが甘かったと気づいたときに、いったいどんな対応をするのだろうか?

このままでは、日本の経済発展を支えてきた大企業は総崩れになる。

その時、企業トップはどうするつもりなのだろう?
posted by ほしの ちあき at 21:33| Comment(0) | 生体エネルギーとヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

昼休みに頭に浮かんだこと

昨日の日記に書いた、昼休みに頭に浮かんだことを書きます。
へミシンク無しです。

ほぼ、原文のまま載せますが、意味不明なところは少し手直ししてあります。

あなたは、あなたらしさを保存(維持)したほうが良い。
それ(あなたらしさ)はむちゃくちゃ面白いから。
それ(あなたらしさ)は他の人から見るとむちゃくちゃ面白い。
ストレスはよくない。ストレスが全くないのも良くない。
けれど、楽しまなければ、面白くない。

「あなたらしさ」というのは、源(宇宙の中心)の表現そのものである。

人間は人間として生まれたからにはやるべきことがある。
それは、あなたが決めること。
使命というと他から受け取った命令のようであるけれど、そうではない。
あなた自身が決めること。
自分で決めると「恐い」かもしれないけれど、「恐れ」は捨てることができる。
この「恐れ」も自分で作りだしている。
やるべきことを決めるのも、あなた次第で、そこにぶっこむ決断するに際し発生する「恐れ」もあなた自身が作りだしているもの。

凡人が凡人らしく精一杯生きることも使命たりうる。
その「精一杯」の表現の仕方は無限の無限乗の無限乗の無限乗ある。
お金が欲しけりゃ、くれてやる。
運が欲しけりゃ、くれてやる。
その使い方があなたらしければよい。そしてそれが創造、想造へとつながる。

人生は無限−これは本当のことである。

あなたは、あなたらしさを生きればよい。
あなたらしさには無限の表現がある。
そこに、非難のつけこむ余地など、ない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
補足をすると、以前から漠然とした問いがありました、僕自身に
・・・このままでいいのだろうか?
それは、精神的なもの、そして、それだけでなくて、このまま会社員でいくか、それとも他の職業を考えるか、今の会社にいるとして、現状の場所でよいだろうか?
どんなことをどのようにやっていったらよいのだろうか?
どうも職場での人間関係にうんざりぎみ・・・。
昨年10月のガイドセミナーでは、
ちあきさんは、これまで、十分いろんなことを学んできた。だから、もう次のステップへと進んでもよいのでは?
どうでもよいようなことにふりまわされて、本来やるべきことに時間を割けていない、
というようなサジェスチョンをセミナー同室のNさん(セミナー後急展開されてミッチーさんのパートナーになられたとか聞いています)からいただきました。この意味が十分消化できずに今現在へと至っています。

そのような問いがあったので、このようなメッセージがあったのだと思います。
問いと回答が混ざったような状態ですので、少しわかりにくいかもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そんなこと言ったって、いったいどうしたらいいのか?わかりやしない。
「直球勝負」
まっこうからストレート勝負
小細工なし。
エネルギーをポイントめがけて真っ向勝負
これは全くもってあなたらしい。

しがらみ無し
あなたにしがらみなど存在しない
カルマなどない
使命などない
さっきも言ったように使命というのがあるとしたとしても、それはあなたがきめること。
だから「やらなければならない使命」などというものは、あなたには一切存在しない。
あなたは全くもって自由なんですよ、本当に。
他の人にはありえないほど自由。
では、それがなぜか?というと
「あなた」が「あなた」だからです。
たとえば、あなたが、楽しい方向につっぱしるとします。すると本当にこれでよいのだろうか?という疑問が湧いてきて「葛藤」が生まれてくるかと思います。その「葛藤」はあなたらしさの「素直さ」の表現ではあるけれど、あなたの個性ではなくて地球慣性系のシステムの特性を「素直」に表出させているだけで、あなたの特性、個性の表現ではないんです。
湧き上がることを「素直に表現すること」「素直に認めること」は、あなたらしさではあるけれど、葛藤自体はあなたの個性ではありません。ここに地球生命系慣性系のトリックがあるんです。
あなたがあなたらしく振舞うことに対し、いろんな反応があるかもしれませんが、それは反応する側にその「責任」があり、あなたらしさを表現するあなたには「責任」がありません。
いろんな「想い」が飛んでくるかもしれませんが、もはや、そのようなものを気にしている場合ではないでしょう。
もう、気にしなくてもよいはずです。
もう2008年。時代が、世の中が変わりました。
時を待っていたのでしたら、もう時は熟しています。
攻撃が恐いかもしれませんが、もう、攻撃などありえません。だれも、あなたを攻撃することなどできません。

では、どうしたらよいか?
やりたいようにやりゃぁいいんです、やりたいように。


さてさて、すこし、グランディング(地に足つける)を意識します。
posted by ほしの ちあき at 19:59| Comment(0) | 生体エネルギーとヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

生命エネルギーとはなんだろうか?2

セミナーでの体験に生命エネルギーについてのヒントが出てきます。
----------------------------------------------------

5つのメッセージというセッションでの体験を書きます。
フォーカス12にて、ガイドからメッセージを受け取るというセッションです。

フォーカス12というのは、一言でいうと「知覚が拡大した状態」です。
意識(非物質である自分)が、肉体的・空間的束縛から自由になる状態。
肉体の五感からの信号が薄れて、意識が本来持っていた知覚能力が現れてくる。

CDが始まるとすぐに声がするというか、思考が始まる。
「メッセージなんて普段からいっぱい送っているからいいだろ〜」
CDからアナウンスが入る。
5番目に重要なメッセージを求めてください。
そこで、僕も
「メッセージをください!」と思う。
なーんもこない。
しばらくすると、(しょうがねぇなぁ、というような感じで)
「リラックス、力を抜け〜。ここ(ホテル)の温泉はいいぞ〜」
といったことが頭に浮かんだ。

すると、また、アナウンスが入る。
4番目に重要なメッセージを求めてください。
そこで、
「4番目に重要なメッセージをください。」
と思うと、
「メッセージ?だーかーらー、もうたくさん送ったじゃん(もう十分だろーみたいなニュアンス)。気楽でいいんだよ〜」
あ、そっか、気楽でいいんだぁ、もう、このセッション眠っちゃおう!と思い眠りに入ろうとすると映像が見えてきた。(笑)
机に向かい、ノートに何か書いている僕自身の姿だ。この日の昼休みに、いろいろなことが頭に浮かんできたので、ノートに書き留めたのだけれど、その時の自分の姿が見えてきた。その昼休みの自分自身姿の頭には空から滝の水のように光が降り注いでいるのが見えた。(昼休みに浮かんだ内容がメッセージということか、あのように、文章を書けというメッセージなのか?はまだ不明です。両方の意味があるのかもしれないなぁとこの文を書いていて思いましたが・・・)

3番目、2番目に重要なメッセージを求めるのは止めにした。
そして最後に一番重要なメッセージを求めるときとなった。また怒られる?(笑)とやだなと思ったけれど、あえて、一番重要なメッセージをください、とやってみた。
すると、ハートのチャクラが熱くなった。
そこで、聞いてみた
「こここら受け取ればよいのか?」
すると、
「いや、ちがう」
という返答があったような気がした。
そこで、再度
「ここから、出せばいいのか?」
と問うと
「そうだ」
という答え。
「何を?」(何を出せばいいのか?)
「なんでもよい。すべてが生命エネルギーの表出なのだから
という回答であった。
自分自身が勝手な妄想をしたのか、それとも、メッセージなのか微妙なところですが、内容はとても有益なことだと思えるので、セッションの目的は十分達成できたと思います。

昼休みに浮かんだ文章は、後日またアップします。

posted by ほしの ちあき at 20:00| Comment(0) | 生体エネルギーとヘミシンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事