UA-65034833-1

2018年02月25日

草津温泉の共同風呂、煮川の湯にも行ったよ〜

この続きもの笑の今回の草津へ行こう!シリーズの最終、煮川の湯についてです。

硫黄含有の最も多い源泉は煮川源泉だそうです。
そして、その煮川源泉のお湯を引いているのが、以前に書いた大滝の湯と共同浴場煮川の湯です。
大滝の湯について書いた記事
http://e2qr.seesaa.net/article/457046264.html

草津スカイランドホテルさんのHPに温泉成分について詳しく書かれています。
http://skylandhotel.jp/?page_id=3681

そこにも、以下のように書かれています。
「遊離硫化水素ガス含有量(つまり硫黄含有量)が最も多いのは、煮川源泉です。
含硫黄泉は、おもに生活習慣病、メタボの湯と言われ、
動脈硬化症、高血糖、高血圧などが適応症に掲げられております。」

話が少し脱線しますが、
硫黄が高血糖に良いということです。万座温泉が糖尿病に特に良いのは、
そのためなのかもです。万座は硫黄がとても多く含まれていますから。

草津は酸性が強く、エネルギーも強いので、肌に関する病気に良いようで、
万座は糖尿病に、秋田の玉川温泉は放射線が出ているのでガンに効果的と自分の中では整理しています。

もっとも、どの温泉も、良い湯なので、この病気だけにしか適応しないという訳ではなくて、
長所がどのように効果を発揮しやすいのか?という視点で整理しています。

話ももとに戻します。
この煮川の湯、湯畑から歩いて2、3分くらいかな、湯畑から大滝の湯へ向かう途中にあります。
湯畑の温泉の滝から、歩いて、千代の湯の前を通ってさらに進むと見えてきます。
IMG_6865.jpg
僕が行ったときには、二人の年配の方が入っていました。お湯はそれほど熱くなかったので、すっと入れました。
白旗の湯、こぶしの湯は、ちょっと慣らしや気合が必要ですが、煮川の湯や千代の湯はすっと入れる温度で心地よいです。
浴室床や浴槽はクリーム色になっているところが多く、硫黄成分が多いため、湯の花のクリーム色が強いのかな?と思いました。
月並みですが、波動が高いお湯だと思いました。
▼成分、適応症について
IMG_6866.jpg
他の人がいたので浴室の写真は撮れませんでした。その後も2度ほど、写真撮りたいなぁと行ってみたのですが、
必ず誰か入浴していたので、結局浴室の写真は撮れませんでした。
人気の共同浴場なんですね。
IMG_6864.jpg
煮川源泉の大滝の湯は入場料900円ですが、煮川の湯は無料ですものね。
現地で強く感じたのですが、この共同浴場の継続のためにも、マナーを守らないとダメですね。

この煮川の湯の周辺には、千代の湯、地蔵の湯があり、周りやすいので、地蔵の湯近くの宿泊施設や、湯畑から近いホテルに宿泊して
共同浴場まわりをするのも良いですね。。

例えば、地蔵の湯に近いのは旅館たむら
http://e2qr.seesaa.net/article/457012068.html

湯畑や煮川の湯に近いのは山の湯ホテル。今回このホテルの前を何度か通ってとても気になりました笑
山の湯ホテルHP
http://yamanoyu326.wixsite.com/japanese-hotel
(こちらは、まだ泊まったことありません)

以前に泊まった、湯畑に近く千代の湯の目の前の
松村屋旅館HP
http://kusatu.com/matumuraya/
松村屋旅館に泊まった時の記事
http://e2qr.seesaa.net/article/438445222.html

少し煮川の湯からは離れていますが、湯畑やバスターミナルに近い末広屋旅館さん、
おいしい食事をたくさん食べたい方には超おすすめです。
末広屋旅館さんに宿泊したときの記事
http://e2qr.seesaa.net/article/452927497.html
末広屋旅館公式HP
http://www16.plala.or.jp/suehiroya/

いつも本当にありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキング上位維持しています。
感謝感謝です。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村





posted by ChiAki at 06:00| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

草津のお土産、ラスクを買った!

草津温泉の湯畑から大滝の湯へ向かっているときです。
目の不自由な方が、杖というかステッキというか、で進路を確認しながら歩いているにに気づきました。
道の脇には凍った雪のアイスバーンが出来ています。転んだりしなかな、大丈夫かな、
でも声かけれないし、、、なんて思って、気になって大滝の湯までついて行ったのですが、その方は大滝の湯へ入るのではなく、
その手前にあるお菓子屋さん?アイスクリーム屋さん?に入りました。
IMG_6953.jpg



この悪路、目の不自由な方が、わざわざ、お菓子を?

店構えはとてもおしゃれな感じです。
店の前にいると、若い人3、4人のグループもお店に入っていきます。
▼なんか、おしゃれな感じですよね。
IMG_6954.jpg
▼別方向から
IMG_6967.jpg
はじめは興味なかったのですが、入ってみることにしました。
すると、試食コーナーみたいとこがあり、小さく割ったラスクが何種類かおいてありました。
で、その試食を食べてみたのです。

おいしい!

何種類か種類があったのですが、どれもおいしい!

それで、お土産用に一種類だけ、買いました。

買ったのはこれ。草津ラスク キャラメル・アマンド
http://grandefiume-kusatsu.com/products/detail.php?product_id=73

お店に入ったときは、なんとなく、という感じだったので、ブログ人モードになっていませんでした。
ですので、写真がありません。

帰ってきてから、入れ物の写真は撮りました。
▼おもて面
IMG_6985.jpg
▼裏面
IMG_6986.jpg

中身は会社のおんなの子たちへのお土産であげてしまったので、ありません。
ただ、とてもとても好評でした、女子たちに。

草津のお土産は、ここのラスクか、温泉まんじゅうか、湯の花か、でしょうかね。

500円でジェラート食べ放題というのもやっていましたが、外気が氷点下10度近い中でそれをやる根性はありませんでした。
・・・でも、大滝の湯ではソフトクリームは食べましたが。。。


写真を観たい方は
多くの方がブログ等で紹介していますのでそちらで。
例えば
http://snow6.jp/archives/2053

●グランデフューメ草津公式HP
http://grandefiume-kusatsu.com/
IMG_6955.jpg
グランデフューメ草津
所在地: 群馬県吾妻郡草津町大字草津594-4 湯畑から徒歩4、5分
TEL:0120-066-862(通信販売:短縮1/お問合せ:短縮2/受付時間:9:00〜18:00)
営業時間:9:00〜18:00 (季節によって変動しますのでご注意下さい)

定休日:なし (季節により変動あり)
▼草津町内循環バスAコースのバス停が目の前にあります。大滝の湯も目の前です。
バスターミナルまで20分くらいかかってしまいますが、100円です。
IMG_6964.jpg

いつも本当にありがとうございます。
みなさんのクリックが増えるのが励みになります。
よろしくお願いします。

にほんブログ村






posted by ChiAki at 07:00| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

草津でお昼にとんかつ食べた!

草津バスターミナルから地蔵堂の横の旅館たむらへの途中にあるとり彦へ寄りたかったのですが、
お休みでした。
翌日、昼食にと、今度は旅館たむらからバスターミナル方向へ上る途中なので、
再度とり彦へ行ったのですがお休み。
そこで、どうしようか思案して、とん香へ行くことにしました。
湯畑方向からバスターミナルへ向かい、そこをさらに突き抜けて道をまっすぐ登っていくと、
とん香はあります。
IMG_6823.jpg
ずっと登りなので、食前の運動にはなります。
お昼12時ちょうどころに店内に入ると、すでに2組の観光客風のグループがいました。
IMG_6824.jpg
メニューを見ると、ちょっと値段、高めかな、観光地だし、、と思いなががら
普通のロースかつ定食を注文しました。
▼カウンター。なんだか、良い感じがしました。
IMG_6828.jpg
▼メニュー。ぱっと見、少し高めかなと思いました。
IMG_6825.jpg
▼待つこと数分。普通といっても大きめのロースかつが出てきました。
IMG_6830.jpg
ご飯とキャベツは一度までに限りますが、お代わりできるということです。
僕はキャベツをお代わりしました。
▼お代わりのキャベツとお肉、厚いのがわかるかな。
IMG_6832.jpg
トン汁のお味噌汁、無料だったらお代わりしたかったです・・・。
とんかつは厚めのお肉で割とジューシー。
キャベツのお代わりができたので、大きなかつでも飽きずに完食しました。
このお店の良いところは、ソースだけでなく、しょうゆ、ドレシングも2種類とかけるものが豊富なこと。
お店によってはソースしかないこともありますが、このお店は塩も含めると5種類になります。
まぁ、とんかつにはソースか塩、キャベツにはドレッシングかソース、しょうゆもあるかな、ですが。
ですので、キャベツのお代わりも飽きずに食べきれます。
僕は最初オニオンドレッシングで食べ、お代わり分はソースともう一種のドレッシングで。
▼ドレッシング2種、ソース、しょうゆ、塩が並んでいます。
IMG_6831.jpg

草津でとんかつのお昼ごはん、悪くはないです。
とん香、食べログ
https://tabelog.com/gunma/A1004/A100402/10001016/

いつも本当にありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキング上位維持しています。
感謝感謝です。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村
posted by ChiAki at 06:00| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

草津煮川源泉の湯、大滝の湯

草津では大滝の湯にも行きました。
大滝の湯は煮川源泉のお湯を引いている施設だからです。
IMG_6959.jpg

煮川源泉は、硫黄含有の量が草津の6つの源泉の中で最も多い湯です。
(その対極が万代鉱源泉で、もっとも硫黄含有量が少ないです。)
露天風呂、打たせ湯、サウナだけでなく、
館内には食事施設や休憩施設、マッサージの対応もあり、温泉の健康ランドという感じでした。
この健康ランド機能は一階にあり、この一階は、まさに健康ランドの空気が漂っていました。
▼つい、ソフトクリームを食べてしまいました。
IMG_6963.jpg

そして、大滝の湯には
あわせ湯という変わったお風呂もあります。これが地下一階にあります。
露天風呂から通路を降りていく構造になっています。
(ちょっと、分かり難いです。)
行ってみると分るのですが、このあわせ湯のある地下一階と一階とでは、空気が全く違います。
▼大滝の湯、お風呂案内
http://ohtakinoyu.com/spa.html

あわせ湯には5つの浴槽があり、それぞれ温度が異なります。
40℃前後のお湯にまず浸かり、身体をお湯に慣らせ、
その後42℃、、45℃、46℃と熱いお風呂に順に入っていく方法です。
男湯は浴槽が5つありました。女湯は4つのようです。
僕は46℃のお湯は、長い時間は入っていることができませんでした。
それでも、身体が温まっただけでなく、
しゃきっとして元気になり、さっぱり感がありました。
年配のおじいさんが46℃のお湯に長く入っているのを見て、すごいなぁと感心してしまいました。

なぜか、このあわせ湯と一階の健康ランド階では空気が違う、なぜだろうと?と思ったのですが、
目的が違う、場が違うということだと気づきました。
あわせ湯には、神棚がありました。この神棚、千代の湯の時間湯の浴室もあり、すごい存在感があります。
あわせ湯の場の設定が、時間湯の場の設定と類似していて、その場として機能しているので、
空気感が異なるのだ!と思いました。
同じお湯でも、場をどう設定するか?でこうも変わってしまうのか?と思いました。

さて、この大滝の湯、湯畑から少し歩くこと、入場料900円ということから、超おすすめという感じではありませんが
あわせ湯にどうしても入りたい、という人にはおすすめします。
あわせ湯、良い!の間違いありません。
ここから草津バスターミナルは、ずっと登りになりますので、
荷物が多い人は、草津循環バスの利用ををおすすめします。

大滝の湯公式HP
http://ohtakinoyu.com/

▼入口写真
IMG_6958.jpg

▼入口の手前にあるラスク屋さんの前が循環バスのバス停でした。
IMG_6965.jpg

いつも本当にありがとうございます。
みなさんのクリックが増えるのが励みになります。
よろしくお願いします。

にほんブログ村


posted by ChiAki at 06:00| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

草津温泉、地蔵の湯のお風呂があるお宿

地蔵堂、地蔵の湯、地蔵源泉の集まる処に隣接して旅館たむらはあります。
ですので、お風呂の源泉は地蔵源泉。
IMG_6618.jpg
地蔵源泉のお湯を引いている宿泊施設はこの旅館たむらだけということなので、大変貴重です。
IMG_6615.jpg
このたむらを選んだ理由は、
一人客を積極的に受け入れていること、草津バスターミナルから近いこと、
そして、地蔵の湯源泉のお湯を引いていいることからです。
IMG_6890.JPG

昨年(2017年)12月に改装したそうで、歴史ある旅館ですが、館内、とても綺麗になっていました。
▼受付では大黒様たちが出迎えてくれました。
IMG_6619.jpg
▼こんな時計が!十二支時計?
IMG_6686.jpg
▼お茶とお茶菓子の草津餅。いけました。
IMG_6622.jpg
▼床の間
IMG_6620.jpg
▼洗面所横にもお花がありました。
IMG_6621.jpg

お風呂も改装されていて、3種類の浴室がありました。
その各々特徴があるので、どれに入るか?で楽しむことができました。
そのうち二つは貸切湯として、使えます。
貸切風呂は陶器のお風呂、岩風呂とバリエーションがあり、それぞれを楽しませていただきました。
▼貸し切り風呂1
IMG_6668.jpg
▼貸し切り風呂2
IMG_6687.jpg
▼男湯
IMG_6626.jpg

食事は、量は普通、味は良し!いった感じ。感動するほどおいしい訳ではないけれど、美味しかったです。
上州牛の焼肉風の料理が特においしかったかな。
ご飯もおいしかったので、お代わりしました。
朝ごはんは特においしくて、朝からお代わりしてしまいました。
▼一日目の夕食
IMG_6679.jpg
▼しゃぶしゃぶ用の肉
IMG_6680.jpg
▼食前酒
IMG_6683.jpg
▼天ぷらも。塩で味付け済みでした。
IMG_6681.jpg
▼朝食一日目
IMG_6795.jpg
▼二日目の夕食
IMG_6877.jpg
▼このお肉がとてもおいしかった!
IMG_6881.jpg




▼朝食二日目。おかわり2回、計三杯も朝から食べてしまった。
IMG_6922.jpg

WIFIも飛んでいるので、PC、スマホを使う人には便利です。ブログ更新も普通にできていました。
トイレ、洗面所もついている部屋で、暖房は石油ファンヒーターの強力なもの。
暖房能力も高く、快適にすごせました。

布団を敷いたり上げたりしてくれたお兄さんと話が合って、短い時間だけれど、若い人と話ができたのは良かったなぁ。

あまりかまわず、放っておいてくれるので、僕には過ごしやすい宿でした。

また、泊まりたい、そう思いました。

旅館たむら公式HP
http://www.ryokan-tamura.co.jp/





いつも本当にありがとうございます。
みなさんのクリックが増えるのが励みになります。
よろしくお願いします。

にほんブログ村


posted by ChiAki at 06:00| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

こぶしの湯は万代鉱源泉

こぶしの湯は湯畑から歩いて15分くらいでしょうか。
草津温泉街の外れにあります。
IMG_6854.jpg
まだ脇に雪が残る中、せっせと歩いて行ってきました。
長岡組という会社のすぐ隣にありました。
IMG_6855.jpg
ここは、共同浴場の中では比較的新しいようで、万代鉱源泉です。
共同浴場の中でも万代鉱源泉の湯を引いているのは数少ないと思います。
【参考までに】万代鉱泉の良さについて書いてるサイト
http://skylandhotel.jp/?page_id=3681
観光客が入れるのは11時半から15時までの間です。
IMG_6861.jpg
入ってみると、お湯はちょっと熱め。
寒い中歩いてきて冷えた分が、一瞬で温まりました笑
万代鉱源泉だけあって、びりっとしてシャキッとします。
この感触を味わうだけでも、来る価値あるかと思います。
湯畑から歩いて来て疲れても、エネルギー貰えて、元が取れます。
IMG_6858.jpg
設立まで時間がかかったようで、地元の方の思い入れが強いようです。
寄った際に、会った方にはぜひあいさつをしましょう。
IMG_6857.jpg

僕が行った際には、出る際にお一人にだけ会いました。
脱衣所で少しだけお話とあいさつをしました。
このちょっとしたやり取りが必要重要なのかな、と思いました。

こぶしの湯には以下のように書かれていました。

お風呂に入られる方へ
この、こぶしの湯は、地元が長い間に渡り
町当局に建設のお願いをくりかえしようやく
望みがかない十八番目の共同浴場として
出来上がりました。地元住民の負担はもちろん
町当局、区民の方々多くの方の御奉料を
いただきました。近所の人が管理清掃し
昭和区の皆さんからも援助を受けながら
ゴミを拾いまわりに花を植えております。
遠くから来られた方々にも、いい湯だな、
いい風呂、気持ちの良い風呂と感じていただければと
願っております。
ぜひ天然よりの温泉の
恵に感謝をこめて汚さずいたずらせず
気持ちよく入って下さい。
近所の人々で美化に日夜つとめておりますがご意見などきかせていただければ書き入れて下さい。
ポケットから落ちましたコイン等いただけました時は
来季の花に咲きます。また出かけてください。
こぶしの湯 世話人 一同
IMG_6856.jpg
▼男湯入口、つららがすごい
IMG_6862.jpg
▼こちらは女湯
IMG_6863.jpg

いつも本当にありがとうございます。
みなさんのクリックが増えるのが励みになります。
よろしくお願いします。

にほんブログ村

posted by ChiAki at 06:00| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

草津温泉、千代の湯

早朝に千代の湯に行ってみました。
前日の早朝は白旗の湯に入ったのですが、今度は千代の湯へ。
旅館からまず、湯畑へ出て、寒い早朝の湯畑を楽しんだあと、千代の湯へ。
千代の湯は湯畑の下、湯の滝から徒歩一分くらいです。
IMG_6905.jpg

朝の6時半すぎ、氷点下10℃くらいだったかと思うのですが、
寒いからか誰もいなかったので一人でゆったりしました。
前日の白旗の湯は熱くて、入るのに気合いがいりましたが、千代の湯は僕には適温、
すーっと入れて、優しい感じの湯でした。
その違いは、源泉の違いからか、湯温の違いからは分かりませんが、たぶん両方の理由だと思います。
白旗は源氏の旗の色に由来します。どうしても戦争のイメージがチラつきます。
戦後の治癒のための湯治場、そんな情報が機能しているのかも?と思ったりしました。
一方、千代の湯の千代、このゆったりとした心の安らぎ感、平穏がずっと千代に続くといいなぁという情報が機能しているのでは?
と思いました。
千代の湯に入ってある程度温まったら、白旗の湯に入る、そんなスタイルがあっても良いかな、
と思いました。

以前、西村屋旅館に宿泊したことがあるのですが、
その時は旅館の湯に入っただけで、千代の湯には入りませんでした。

もったいないこととをしたなぁ、といまさらに思いました。

千代の湯、おすすめです。
▼入口
IMG_6906.jpg
▼湯船
IMG_6912.jpg
▼壁にある窓が良い感じです。
IMG_6913.jpg
▼天井が高いので、開放感がありました。
IMG_6911.jpg

いつも本当にありがとうございます。
みなさんのクリックが増えるのが励みになります。
よろしくお願いします。

にほんブログ村

posted by ChiAki at 19:51| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

冬の草津山光泉寺

以前にも行った光泉寺、今回も寄ってきました。
前回は夏に行ったのですが、今回は2月、冬のまっただなかです。
大好きな草津温泉紀行(遅咲きの方へ)(投稿2017年08月21日)
http://e2qr.seesaa.net/article/452841757.html

湯畑にはあまり雪が無かったのですが、光泉寺の石段には結構雪が残っていました。
スニーカーで行ったのですが、少し滑ります。
怖いので、石段の手すりに捉まって登り降りしました。
遅咲き如来の茅葺屋根のお堂は工事中ということで、参拝できませんでしたが
本堂は問題なく参拝できましたので、賓頭盧尊者の撫仏(なでぼとけ)さまにもごあいさつしてきました。
ここは、観光客の多い湯畑のすぐ近くなのですが、空気が澄んでいて、身が引き締ました。
▼山門。草津山とあります。
IMG_6649.jpg
▼階段。凍っていて登りでもちょっと滑りました。
IMG_6650.jpg
▼釈迦堂は茅葺屋根の葺き替え工事中ということでした。
IMG_6651.jpg
IMG_6654.jpg
▼本堂
IMG_6653.jpg
▼けっこう雪が残っていました。
IMG_6652.jpg
▼下りは、滑りそうで怖かったので、手すりをしっかり掴んで降りました。
IMG_6655.jpg

いつも本当にありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキング上位維持しています。
感謝感謝です。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村


posted by ChiAki at 01:00| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

草津で珍しい、こしあんの温泉まんじゅう

草津温泉に行ったお土産に温泉まんじゅうを買いました。
草津の温泉まんじゅうは、つぶあんが圧倒的に多いのですが、甥っ子がこしあんが好きということで
こしあんのお店を探しました。
富貴堂まんじゅうさんがこしあんということで、富貴堂さんまで買いに行ってきました。
IMG_6870.jpg
IMG_6871.jpg
西の河原通り、ホテル一井さんの裏、松むら饅頭さんのとなり!でした。
IMG_6872.jpg
17時で閉店ということで、時間がなかったので走ってむかいました。
ギリギリセーフ。お目当てのこしあんの草津温泉まんじゅうをゲットしました。
IMG_6987.jpg
IMG_6988.jpg
IMG_6990.jpg
IMG_6991.jpg
IMG_6992.jpg

住所:群馬県吾妻郡草津町草津393-2付近
電話:0279-88-2252
営業時間:7:00〜17:00
定休日:木曜

富貴堂まんじゅう
https://www.kusatsu-onsen.ne.jp/category/detail/index.php?c=3&g=0&kcd=361
https://www.jalan.net/gourmet/grm_alikejpB001062625/kuchikomi/0003113996/

いつも本当にありがとうございます。
みなさんのクリックが増えるのが励みになります。
よろしくお願いします。

にほんブログ村



posted by ChiAki at 11:00| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

湯畑万代鉱ハイブリッド湯、御座の湯

草津温泉湯畑のすぐ近くにある御座の湯(http://gozanoyu.com/)に行きました。
IMG_6720.jpg

ここは源泉二つ、湯畑源泉と万代鉱源泉二種類の湯に入ることができます。
石の湯と木の湯の二つの浴室があり、男湯と女湯が毎日交互に入れ替わります。
つまり、二日で、石の湯と木の湯の両方に入ることができます。
(入浴料は一日600円です)
行った日は、男湯が木の湯ということでした。
IMG_6664.jpg

浴室に入ると、浴槽が4つあり、そのうち二つが万代鉱源泉の湯、もう二つが湯畑源泉のお湯です。
万代鉱の湯と湯畑の湯が並んでいるので、交互に入ることができ、お湯を比べられます。
万代鉱源泉の湯は、強くて元気、若い新進気鋭のヒーラーのような感じ。
一方、湯畑源泉の湯は、百戦錬磨経験豊富な治療師といったところでしょうか。
万代鉱の湯と湯畑の湯を交互に入れば、各々の良いところが引き出されると思いました。
万代鉱の湯でエネルギーを上げて、湯畑の場由来の治癒情報を機能させる、
そんな使い方が良いのでは?と思いました。湯畑の湯に入ってゆったりしていると、
すい臓が少し反応したような気がしました。そのような反応は万代鉱の湯ではありませんでした。
全身がしゃっきとする感じはしましたが。
あとで適応症を見直すと、万代鉱源泉の適応症には糖尿病が入っていませんでした。
もしかすると、この効能、適応症と関係があるのかもしれません。
草津の湯はとても良いお湯でエネルギーが高いのですが、
特長として酸性が強いので0、アトピー等の肌に関することに強みがあるのかもしれないです。
とはいえ、とにかく大地のエネルギーが強いので、天吊りの人には特に良い湯だと思います。

【まとめ】
万代鉱の強いフレッシュなエネルギーと湯畑源泉の長い歴史の裏付けによる治療効果の両方を併せ持った湯治施設ですので、無料の共同風呂のたくさんある草津温泉ではありますが、600円払っても入って損はないと思いました。
▼二階には広い座敷の休憩室がありました。
IMG_6662.jpg
IMG_6663.jpg
▼二階から湯畑を見渡す
IMG_6661.jpg
▼一階ロビーは天井が高く開放感がありました。
IMG_6659.jpg


いつも本当にありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキング上位維持しています。
感謝感謝です。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村
posted by ChiAki at 13:25| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

すてきな湯治場、地蔵の湯

草津温泉には19もの共同風呂があるそうです。
そのひとつ、地蔵の湯に行ってきました。
IMG_6920.JPG
IMG_6819.JPG
この地蔵の湯には言い伝えがあるそうです。
安政の頃、徳兵衛という人が、夢枕に立った地蔵菩薩様から、
この湯で目を洗えば治癒するとお告げがあり、
その通りに目を洗ったところ忽ち目が治ったと。

▼言い伝えを記したもの
IMG_6630.jpg

地蔵の湯の前には地蔵源泉があり、その前に地蔵堂があり、お地蔵さまが源泉を見守っています。
IMG_6890.JPG
▼源泉を守るお地蔵さま。後ろが地蔵源泉
IMG_6629.JPG
▼地蔵源泉。お湯の向こうに先ほどのお地蔵さまの背中が見えます。
IMG_6892.JPG
▼お湯はとても柔らかく優しいです。それほど熱くないので、熱い共同浴場の多い草津の湯になかでも入りやすいのでは?と思いました。
IMG_6804.JPG
▼天井が高いので、圧迫感がありません。気分爽快です。
IMG_6800.JPG
▼このように書かれていました。
IMG_6805.JPG
地蔵の湯は
町民の方と観光客の方の入浴ができます。
町民の方はおもてなしの気持ちを持って、
観光客の方は貰い湯の気持ちで、
お互いにマナーを守って入浴しましょう。

貰う側の観光客として、常に感謝の気持ちを持ちながら入浴したいですね。
IMG_6816.JPG

このお湯に浸かって顔を洗うと、このお湯、本当に目に治癒効果がある!
そう、インスピレーションのようなものを感じました。
お湯を目に入れる根性はなかったのですが、だって少し目に入った際にしみたんだもん笑
目洗い地蔵さまがいつも見守る湯として代々受け継がれてきた場は、
本当に良い湯治場として、しっかりと機能していると思いました。
そして、その湯治場に感謝の気持ちを持っていると、場に共鳴して、さらに湯治効果が上がる、
湯治場とはそういうものだとも思いました。

人気の共同風呂なので、多くの方がブログに投稿されています。
http://mabumaro.com/jpg/00kusatsu/jizou/jizou.html
http://ablinker.com/jizounoyu.html
http://spa.s5.xrea.com/broom/gunma/jizounoyuf.htm
http://www.hotel-ichii.co.jp/blog/2017/02/16/205000.html

地蔵の湯(草津温泉観光協会HP)
https://www.kusatsu-onsen.ne.jp/onsen/detail/index.php?c=5&g=2&kcd=195

いつも本当にありがとうございます。
みなさんのクリックが増えるのが励みになります。
よろしくお願いします。

にほんブログ村

posted by ChiAki at 11:29| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

草津温泉旅行2018年2月14日ツイッターまとめ

草津旅行、2月14日のツイッター投稿をまとめました。
朝の湯畑、共同風呂千代の湯等々、楽しい一日でした。
また行きたいです、草津温泉。
IMG_6633.JPG


















いつも本当にありがとうございます。
みなさんのクリックが増えるのが励みになります。
よろしくお願いします。

にほんブログ村


posted by ChiAki at 01:00| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

草津温泉共同風呂めぐり、ツイッター投稿まとめ20180213

2018年2月13日、草津温泉の共同風呂を回りました。
当日のツイッター投稿をまとめてみました。
草津の共同風呂は、どれも個性的で魅力的でした。
全部回れなかったのは残念ですが、また今度来た時に少しずつ回ってみたいです。
今回回った白旗、地蔵、煮川、こぶしもリピしたいし、、悩みます笑





























いつもありがとうございます。
みなさんのクリックのおかげでランキングも上昇しています。
今日も協力していただけると嬉しいです。

にほんブログ村

posted by ChiAki at 00:16| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

おもてなしと感謝の心の場の共鳴の場、草津温泉白旗乃湯

草津温泉の共同浴場の一つ、白旗乃湯、行ってきました。
草津温泉には、このような共同浴場が19もあるということです。
この共同浴場は地元の住民の方々の努力で運営されているということで、無料で入れるということです。
ですので、感謝の気持ちを持って使いましょうということです。
ブログにこのように書いているものの、私自身、すぐ忘れますので、偉そうなことは言えません。
でも、書いたという実績は残りますので、ご容赦を。。

この共同浴場のうち、人気の高い白旗乃湯ですが、今朝6時半に行ってきました。
IMG_6743.JPG
白旗乃湯は湯畑すぐ前にあるので、湯畑に行くとわかると思います。
遠い昔、源頼朝が巻狩りで来た際に立ち寄ったとされ、由緒正しい源泉です。

▼白旗乃湯由緒書き
IMG_6722.JPG
IMG_6645.JPG

朝は5時半から6時半までの間は掃除ということで、六時半から入れます。僕が行ったときには、僕以外にもうすでに一名入っていました。
ここのお風呂は熱いお湯とぬるめの湯の二つがあるのですが、僕にはどちらも熱くて、ぬるめのほうに、身体を慣らして、何とか入ることができました。
もう一人の方は、すぐに入れたようで、すごいなぁと感心しながら、無理はできないなぁと思いながらゆっくりと入りました。
お風呂は月並みの表現ですが、、波動が高いです。それは、住民の方々が大切に思っているということと、観光客の皆さんが、喜んでいるという昔からの実績と思いが積み重なって共鳴しているような感じでした。
お湯の良さだけでなく、その心の温かさによってかたち造られている!そんな印象でした。
これからも、よろしくお願いします。
草津温泉の強烈な強みの一つです。


▼白旗源泉
IMG_6648.JPG
▼入口には、「白旗乃湯」と
IMG_6723.JPG
▼天井が高いので、露天風呂でなくても閉塞感はありません。
IMG_6729.JPG
▼湯の口。お湯の波動が高いです。
IMG_6730.JPG
▼とても温かい波動というか、すてきな温泉場として機能しています。
IMG_6741.JPG
IMG_6725.JPG
IMG_6732.JPG
IMG_6727.JPG


いつもありがとうございます。
ぜひ、多くの人に読んで欲しいので、ランキングに参加しています。ご協力いただけると、とても嬉しいです!

にほんブログ村

posted by ChiAki at 11:14| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バスで草津温泉へ(2018年02月12日ツイッター投稿をまとめました)






























いつもありがとうございます。
みなさんのクリックのおかげでランキングも上昇しています。
今日も協力していただけると嬉しいです。

にほんブログ村



posted by ChiAki at 01:03| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

草津温泉に着きました!

バスタ新宿から高速バスで約4時間、草津温泉に着きました。
IMG_6646.JPG
思っていたよりも雪はすくないです。
観光客は連休最終日ということもあり、少な目かな。
噴火の影響かどうかは、わかりません。
御座之湯に行ってきました。
万代鉱源泉と湯畑源泉の二つが入っていました。
木の湯と石の湯という二種のお風呂があるようですが、今日は木の湯が男風呂。
木の湯に、万代鉱の湯と湯畑の湯と両方が並んでありますので、交互に入って比べられました。
感想については、またあとで書こうと思います。
まずは到着の報告まで。
IMG_6633.JPG

いつもありがとうございます。
みなさんのクリックのおかげでランキングも上昇しています。
今日も協力していただけると嬉しいです。

にほんブログ村


posted by ChiAki at 17:31| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

カンパチ御膳と人参ムース

今日は、厚木の飯山長谷寺に行った帰りに、飯山のたつみという、お鮨やさんというか和食処というか、お店に行きました。
03820111-7067-439D-BD45-FA5A16F07971.jpeg

5AB098EC-7462-4162-893E-3D76BE375141.jpeg

そこで食べたのはカンパチ御膳
95430914-01DE-44B8-97B6-D27D7E0883A1.jpeg

カンパチのお刺身、とても美味しい!
0004B45F-8440-4C80-9C1B-E52536E37B1D.jpeg

これで、1500円は、安いと思うのですが、いかがでしようか?
そして、デザートは別料金150円で人参のムース…だったかとおもうのですが…
AAFB7D8B-7F60-4C5F-B72A-41DBCE80570E.jpeg


こちらも、いけました。甘すぎるという意見もあるかな。
DC1D6D82-4D22-4B17-ACAA-66CB1DA832BE.jpeg

最後におかわりのお茶、おいしかったです。食事を終わって出てくるとあたりは暗くぬなって、、でも、いい感じでした。
C2EFEA1C-80A5-43AE-92D9-5D9386B455F0.jpeg

E7364E49-56A2-45A4-B339-6D47C0BADC8A.jpeg
大山と雲。キレイ!

●たつみ 
神奈川県厚木市飯山831−3
HP
http://www2.ayu.ne.jp/user/tatsumi/
御膳メニュー
http://www2.ayu.ne.jp/user/tatsumi/gozenn1%20hp.html
41599635-6BAB-4673-9254-ABB559269E93.jpeg


いつもありがとうございます。
みなさんのクリックのおかげでランキングも上昇しています。
今日も協力していただけると嬉しいです。

にほんブログ村

posted by ChiAki at 19:02| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

薪を道の駅で購入

道の駅雷電くるみの里で買いました。1束280円。
これが高いのか安いのか、わかりませんが、電気が止まってもお風呂のお湯を沸かせるように、と思って、時々買って蓄えています。お店の人に聞くところによると、軽井沢の別荘の人たちが、何十束まとめて購入するとのこと。そして、その際は配達するとのことでした。
今年は寒いので、薪が足りないくらい、とも言っていました。
今日は人気の?薪を5束買って、車に積んで帰ってきました。
533C8711-599E-4613-8CC2-BCD987D65C7F.jpeg
DD0F5D5D-4A80-4F61-B205-308E0A4B21EA.jpeg
343E90BD-0682-458F-A28A-2DA98C858B9D.jpeg


いつもありがとうございます。
ぜひ、多くの人に読んで欲しいので、ランキングに参加しています。ご協力いただけると、とても嬉しいです!

にほんブログ村

posted by ChiAki at 12:53| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

地球の純粋なエネルギーと歴史ある湯治場としての情報機能

万代鉱源泉の湯はマグマに近いところから湧いてきているということです。

地球のエネルギーをピュアに伝えているお湯かと推測します。

グランディングには適しているのでは?と推測しています。

一方湯畑源泉や白旗源泉、地蔵源泉等は、草津の温泉場として長い歴史があります。

湯畑に行くと、過去に草津温泉を訪れた著名人の名前が刻まれています。

著名人だけでなく、一般の多くの人が訪れてきました。

その湯治場としての場が出来上がっています。

湯治場として湯治を行なうのであれば、この湯畑源泉等が良いと思います。

過去の蓄積が場として機能しています。そう推測しています。

それを今回の訪草では確認するつもりでいます。

理科系的頭でっかち思考と、肌感覚の発達したライトワーカーヒーラーとしての視点で

草津温泉を楽しんできます。

しかし、予想最低気温氷点下12℃・・・外湯廻り、寒そう(冷寒汗)。

 

 

また、こんなサイトも見つけました。

情報が集約されていて、素晴らしいです。

草津温泉について詳しいサイト

https://chinobouken.com/kusatsuonsen/#i

 

 

 

099DB1F1-F6DD-4520-83EF-0239A531D463.jpeg


いつも本当にありがとうございます。
みなさんのクリックが増えるのが励みになります。
よろしくお願いします。

にほんブログ村



posted by ChiAki at 17:21| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

バスチケット、買いました。

天気予報も参考にはしましたが、バスの旅も良いな!と思い、バスのチケットを買いました。
https://www.kousokubus.net/BusRsv/ja/
新宿バスターミナルから草津バスターミナルまでネット割引もあって、片道3,370円
草津バスターミナルは行ったことあるのですが
(草津バスターミナル等に関するブログ記事http://e2qr.seesaa.net/article/452955472.html
新宿バスターミナルは行ったこと、ありません笑
新宿南口のようです。時間に余裕を持っていかなきゃ。

草津温泉10日間天気予報
https://tenki.jp/leisure/3/13/69/16716/10days.html

よくよく天気予報を見直すと、昨日見た時よりも、好転してきている、、、チケット購入したもいののまた揺らぎ始めた。

でも、あれこれ考えるのが好きみたいで、あえて自分自身で勝手に悩んでいるのがわかってきました。

宿泊先は草津温泉バスターミナルにとても近いので、やっぱりバスで行くと思います。
行きのバスは、席にまだ余裕があったあのですが、帰りの草津バスターミナル10時発のバスはかなり席が埋まっていました。ホテルをチェックアウトして、そのまま帰るにはちょうど良い時間ですからでしょうか。
そういう点では早めに購入して良かったです。
IMG_3269.JPG

いつも本当にありがとうございます。
みなさんのクリックが増えるのが励みになります。
よろしくお願いします。

にほんブログ村



posted by ChiAki at 06:00| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事