UA-65034833-1

2017年11月14日

皆神神社で心の平穏を

一昨日も皆神神社のことを書きました。
http://e2qr.seesaa.net/article/454824513.html?1510484830
今日も、皆神神社のことを書きます。
皆神山は、ピラミッドだとか、いろいろなことが言われていて、なんだかへんてこなイメージを持ってしまうことがあるようです。ピラミッドだというのは事実なのかもしれませんが、オモシロおかしく書かれるようなところではなく、心の落ち着く正統派神社だということを、再度言いたいです。
皆神山山頂に着くと、まず、立派な門があります。
IMG_5015.JPG
そして正面に拝殿
IMG_5029.JPG

そして、もう一つ、向かって右にも
IMG_5027.JPG
IMG_5018.JPG

そして、さらにその右奥にも
IMG_5025.JPG

この神社裏からの景色はすばらしいです。とても見晴らしが良いです。
IMG_5028.JPG

●皆神神社への行き方です。
車で行く際はナビ指示で行くと思いますが、
インターネットで調べた際に、間違った住所を書いたHPがありましたので注意が必要です。
この皆神山山頂の皆神神社の住所は長野市松代町豊栄5464-2です。
車で行く際はナビにこの住所を入れてください。

松代町中心からナビの誘導に従ってふもとまでいくと、こんな看板が見えてきます。
「皆神神社ピラミッド参道入口」と書いてあります。同じ看板がいくつもありますが、この写真の黄色い壁の家の手前を右折する道が一番広くて車で通り易いと思います。

IMG_5040.JPG
そうしてからもナビの誘導に従って進んでください。
そして、ずっと登って行って、右に岩戸神社を見ても、さらに登って行きます。

すると写真の分かれ道にまで進むと、ナビが右折を指示することがあるかもしれません。
でもここは直進です。
IMG_5035.JPG
ここを直進するとすぐに皆神神社が見えてきます。

この以上の2点とナビがあれば、皆神神社に到達することができると思います。

つづく・・・

いつも本当にありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキング上位維持しています。
感謝感謝です。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村


posted by ChiAki at 06:00| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

前橋駅でランチ2

前橋駅にまた来ました。
以前にランチの記事を書きました。
また、同じお店に行こうと思い、向かったところ、店が変わっていました。
IMG_5164.JPG
今度はイタリアン、お店は和風のままですが…。
IMG_5161.JPG
日替わりランチプレート650円なり。
スープがついていないけれど、これでこのお値段なら、グッドだと思いました。
鶏肉、美味しかったです。

メニュー
IMG_5160.JPG

この駅北の建物、人が少ないので、条件悪いのかも、、です。
でも、おいしいのは事実です。

前橋駅駅北のビル、中がらんどうです…。
IMG_5165.JPGIMG_5166.JPG
posted by ChiAki at 11:50| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親はなくとも子は育つ?!

にんにくの芽が出た!と書いてから一週間、
http://e2qr.seesaa.net/article/454661606.html?1510488078
畑に行くことができずにいたのですが、
今朝行ってみて、びっくりです。
こんなに大きく育っていました。
IMG_5093.JPG
IMG_5096.JPG
親はなくとも子は育つ、というじょとでしょうか。
雨も降ったし、暖かい日もあったり、で条件良かったのでしょうか。
そういえば、先週末にネットを補修・強化しました。
そいうった行動・想いに応えてくれたのかもしれません。
IMG_4954.JPG
↑先週のネット強化作業中の様子です。

どのような理由にしろ、自分の作物が順調に育つのはうれしいものです。

いつも本当にありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキング上位維持しています。
感謝感謝です。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村





posted by ChiAki at 06:00| Comment(0) | 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

四年ぶりの皆神山

皆神山、皆神神社、行ってきました。
最近長野県松代に行く機会があり、せっかく近くに行ったので、参拝sてきました。
四年ぶりです。自分のブログを見て、確認しました笑
http://e2qr.seesaa.net/article/374463081.html?1510444959
その時に書いた記事の通り、由緒正しい正統派神社のままでした。
詳しいことは、ここで少しづつ書いていこうと思っています。
まずは、その行ってきたということの報告です。
以前の記事でも、行って帰ってくると、ブログの更新頻度が上がったと書いてありますが、
今回もそんな感じではあります。

IMG_5014.JPG



いつも本当にありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキング上位維持しています。
感謝感謝です。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村


ラベル:皆神神社 松代
posted by ChiAki at 09:11| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

葛藤から脱出

どちらの道に進んだら良いのか?
右に行くべきか、左に行くべきか?
なやむこと、多いかと思います。
僕はしょっちゅうです。
Aを選ぶ方が良いのか?
Bを選ぶ方が良いのか?
裏を返すと、Bを捨て去るべきか?Aを捨て去るべきか?
断捨離が流行ったので、捨てることに意識が行って、その結果新たな葛藤が増えてしまった気がします。
そして、それには、心を研ぎ澄ましても結論は出ないことが多いです。
それでは、どうしたら良いのか?
AもBも両方やるにはどうしたら良いのか?と問いを変更することです。
右に行くべきか、左に行くべきか?真ん中に太い道を作って、AもBも含めてしまう!
とか、ドローンで前方を確認してみたところ、
Aの道を行っても、Bの道を行っても、結局また合流して、同じ道になる!と分かった等、あるかと思います。
Aに行くべきか?Bに行くべきか?真剣に悩んでも結論が出ないのは、結局同じという視点が欠落しているからで、どちらが良い?と問うても結論が出ないのは、当然です。
結論が出ないのは、どうでも良いことを悩んでいるからで、それに気づくと悩みが減ります。
今までの人生で悩んで来たことを振り返ってみても、そんなの、多かったなと思います。

どうしたら、両方できるか?全部できるか?
悩みの方向性を今一度考えてみると、視界が変わります。

IMG_5074.JPG

いつも本当にありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキング上位維持しています。
感謝感謝です。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村


posted by ChiAki at 09:01| Comment(0) | 瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

卦の手計算

断易で占なう際、コインの目から卦を出し、さらに詳細に五行や十二支、世応の位置六親等を出していきます。
この作業はPCやスマホで出したり、自分で計算してだしたり、納甲表を見ながら割り当てたりします。
勉強を始めた際は、スマホで出したりしていたのですが、その後手計算で作る勉強・訓練をしました。
その後、納甲表を活用する方法を身に着け、迅速に卦を出せるようになり、卦を読む勉強を続けてきました。経験が蓄積され、パターンを学んできました。経験が蓄積されてきたのは良いのですが、肌感覚で吉凶が分かった、手計算の訓練をしていたころの感覚がなくなってしまいました。そこで、考えて、再度手計算で算出する訓練を再びやることにしました。
▼納甲表
例えば六爻全部裏一枚、陽の場合は、乾為天という卦。その中身は写真のようになります。
IMG_4973.JPG
この六親五行と占い日の月日の五行との相剋や相合相冲を見て、吉凶を判断します。
▼手計算練習に使っている六爻占術問題集
IMG_4972.JPG
▼問題の例
これで再トレーニングしています。
IMG_4974.JPG
このトレーニングでいわゆる高次元とのアクセスを太くできる?

断易を勉強した人が、経験を積んでくると占いの神様が卦の読み方や吉凶を教えてくれるといいますが、僕はいまだ占いの神様に遭遇したことがありません。仕方がないので、訓練で回路のパスを太くしようと努力しています。
サード愛が、、サードアイが拓けば、占いの神様との交信もできるようになるのかもしれませんが、僕としては神様よりも高次元とのバイパス作りの工事に注力しています。ここはこだわりというよりも、占いの神様ではない別の神様が、そちらをあえて選べとくどく言っているものですから・・・。
急がば回れ!とも。


いつも本当にありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキング上位維持しています。
感謝感謝です。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村







posted by ChiAki at 06:00| Comment(0) | 断易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

断易の勉強法

断易の勉強法について今思うことを書きます。
占いの勉強法については、五行易直載に、このように書かれています。

五行易の上達の方針は「おぼえるよりも慣れ」が大切になります。納甲を空でそらんじ、合冲、生剋、比和をおぼえるよりもこれらのものを記してある納甲表や一覧表を手許に整えて何回も表を反復する内に生剋、合冲、比和を慣れ、納甲はそらんずることが困難ですから納甲表を必ず手許において納甲してください。」


一方、六爻占術テキストNo.3には、このように書かれています。
「一日少なくとも三十分以上の勉強や六爻占術に関する本を読む必要があります。占いの思惟場を養成するためです。本当に占いの達人になりたい人なら、卦の手計算を習わなければなりません。卦の組み立て方を勉強するのは自分の心を三次元以外との世界に接続する入門試練です。」


一方は、納甲は暗記は難しいので、納甲表を見ながらやってまず慣れろ!と言っていますが、一方は卦は手計算でできるよう(納甲を暗記しろ)と言っています。どうすれば、いいの?と困りますよね笑

僕が思うには、卦の手計算はできた方が、良いと思います。六爻占術だろうが断易五行易だろうが、より高いレベル深みを観たいのであれば!です。

では、どう勉強すれば良いのか?
@手計算で卦を出せるように勉強・練習を進める。
同時に
A納甲表を見ながら、卦を出し、判断の練習も進める。
この二法を並行して進めるのが良いと思います。

あたりまえでは?と思う人もいるかと思うのですが、僕は当初@だけで進んでいましたし(少しはAもやりましたが、一時@のみどっぷりになって途中で挫折しました。辛いのです、勉強が、これだけだと。)また、断易を勉強する人はAが多いのではないか?と思います。Aで勉強していても、慣れてくると占いの神様が占いの中身を教えてくれる!ようになり占断が当たるようになってくるらしいです。僕はそこまで到達していません。ですが、以前に卦を手計算で出す勉強に嵌っていたころは、あまり占例を知らなかったけれど、コインの表裏の結果から肌感覚、吉凶がなんとなく分かる感触・経験がありました。その後、納甲表で卦を出すようになってから、その感触を味わったことがありません。

そんなこともあり、最近は、コインを振った結果から手計算で卦を組み立てる訓練をリハビリのように再開したところです。手計算で組むようになると、時空のルールというか、時空構造が頭に入ったような錯覚がしてきます。そして、占いが当たりそうな気がしてきます。これって、凄く重要なことだと思うのです。これが六爻占術テキストにある、達人への近道なのかもしれません。
今日は、このくらいにしておきます。


いつも本当にありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキング上位維持しています。
感謝感謝です。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村


posted by ChiAki at 06:00| Comment(0) | 断易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

りんご、どれがいいの?

道の駅やスーパーに行くと、りんごがたくさん並んでいます。
いったい、
どれを食べたらいいのか?
ふしとか、サンふじは昔からあったので、名前を良く知っているし食べたこともあるのですが、ここ数年でいろいろな種類のりんごが店頭に並ぶようになり、どれがどのような特徴を持っていて、どれがおいしいのか?好みにあっているのか?良く分りません。そこで、いくつか買って食べてみみることにしました。
▼ジョナゴールド
IMG_4773.JPG
IMG_4774.JPG
ジョナゴールド、中
IMG_4775.JPG
りんごの皮むき練習中。以前は皮ごと食べていましたが、最近ワックスとか塗ってあるようで、皮向くようにしています。
IMG_4777.JPG
ジョナゴールド、スカスカという印象。このりんごがたまたま良くなかったのか?品種がそうなのか。

▼シナノスイート
シャキシャキした食感で甘い。これお気に入りになりました。
IMG_4927.JPG
IMG_4939.JPG
IMG_4940.JPG
IMG_4941.JPG

ジョナゴールドとシナノスイートでは、シナノスイートが僕的にはグッドでした!

いつも本当にありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキング上位維持しています。
感謝感謝です。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村


posted by ChiAki at 06:00| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

鹿除けネットと意識     

農作物を鹿に食べられるのを防ぐために菜園をネットで囲っています。。
IMG_4950.JPG
この前、安納芋を鹿にやられたことをブログでも報告したように、囲っているネットが劣化してきています。家庭菜園を始めて6年以上が過ぎて、さすがにネットもポールも傷んできました。そこで、ホームセンターに行って新しいポールとネット等を買ってきました。ネットは2mの高さの網目16mmメッシュのものを、ポールは210mm(2メートル10センチ)のものを購入。
IMG_4944.JPG
IMG_4901.JPG
IMG_4946.JPG

傾いていたポールはまっすぐに直して再度打ち込みし、折れて曲がってしまったポールは取り換えて、そのあとロープをしっかりと貼り直しました。そしてその後に新調したネットをかけて、とりあえず完了。
▼修理の途中を撮影したところ、意識?だけはすでに出来上がっていて、バリアが出来ていました笑
IMG_4954.JPG

▼修理強化完了。
IMG_4957.JPG
あとは、下部や上の吊っている部分を、少し強化すれば良いです。それは、これから少しずつ進めていく予定。

始めはネットだけ張り替えるつもりで、ホームセンターでネットを買ってきました。で、いざ張り替えようと思って作業を開始すると、ポールの痛みが激しいことに気づき、再度ホームセンターへ。片道25分くらいかかるので、2往復すると結構な時間がかかりました。結局、土日を費やす結果に。
作業自体はとても疲れたのですが、終わったあとはとてもさっぱりしてさわやかで心地よい感じがしました。


いつも本当にありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキング上位維持しています。
感謝感謝です。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村



posted by ChiAki at 06:00| Comment(0) | 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

断易は禅である。

最近思ったというか、気づいたこと、
断易は禅である。
もう少し言うと、
断易は禅寺の庭のようで、シンプルである。
中国から王さんが持ってきた六爻占術と、過去に日本に伝わり、日本国内で発達してきた断易を比較し見ると
六爻占術は例えば、六神を常に卦として書くのに対し断易では、教わるけれど、卦として書くことがほとんどありません。それは、卦の吉凶の判断に六神は使わないからです。
一方六爻占術では、六神は非常に重要な情報源として常に卦として書きます。
本卦を右に、変卦を左に書くのが断易、六爻占術は逆。
他にも伏神を本卦の右に小さめに書くのが断易で、左に書くのが六爻占術。
シンプルだから単に良いというのではなく、外応という判断(そのうち説明を書きますが今日は省略)もあると認めると、卦がシンプルの方が良いのでは?とも思うのです。
卦の吉凶を知るというのであれば、断易のシンプルさは、あたかも禅の世界にも通ずるのかな?というのが今日の趣旨です。日本の禅寺の庭園のシンプルさに通じるのでは?ということです。
(最も日本国外の禅寺の庭園を見たことはないのですが・・・。


いつも本当にありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキング上位維持しています。
感謝感謝です。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村


posted by ChiAki at 21:27| Comment(0) | 断易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事