UA-65034833-1

2018年02月17日

2018年02月16日ちあきのつぶやきまとめ
















































posted by ChiAki at 00:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

湯畑万代鉱ハイブリッド湯、御座の湯

草津温泉湯畑のすぐ近くにある御座の湯(http://gozanoyu.com/)に行きました。
IMG_6720.jpg

ここは源泉二つ、湯畑源泉と万代鉱源泉二種類の湯に入ることができます。
石の湯と木の湯の二つの浴室があり、男湯と女湯が毎日交互に入れ替わります。
つまり、二日で、石の湯と木の湯の両方に入ることができます。
(入浴料は一日600円です)
行った日は、男湯が木の湯ということでした。
IMG_6664.jpg

浴室に入ると、浴槽が4つあり、そのうち二つが万代鉱源泉の湯、もう二つが湯畑源泉のお湯です。
万代鉱の湯と湯畑の湯が並んでいるので、交互に入ることができ、お湯を比べられます。
万代鉱源泉の湯は、強くて元気、若い新進気鋭のヒーラーのような感じ。
一方、湯畑源泉の湯は、百戦錬磨経験豊富な治療師といったところでしょうか。
万代鉱の湯と湯畑の湯を交互に入れば、各々の良いところが引き出されると思いました。
万代鉱の湯でエネルギーを上げて、湯畑の場由来の治癒情報を機能させる、
そんな使い方が良いのでは?と思いました。湯畑の湯に入ってゆったりしていると、
すい臓が少し反応したような気がしました。そのような反応は万代鉱の湯ではありませんでした。
全身がしゃっきとする感じはしましたが。
あとで適応症を見直すと、万代鉱源泉の適応症には糖尿病が入っていませんでした。
もしかすると、この効能、適応症と関係があるのかもしれません。
草津の湯はとても良いお湯でエネルギーが高いのですが、
特長として酸性が強いので0、アトピー等の肌に関することに強みがあるのかもしれないです。
とはいえ、とにかく大地のエネルギーが強いので、天吊りの人には特に良い湯だと思います。

【まとめ】
万代鉱の強いフレッシュなエネルギーと湯畑源泉の長い歴史の裏付けによる治療効果の両方を併せ持った湯治施設ですので、無料の共同風呂のたくさんある草津温泉ではありますが、600円払っても入って損はないと思いました。
▼二階には広い座敷の休憩室がありました。
IMG_6662.jpg
IMG_6663.jpg
▼二階から湯畑を見渡す
IMG_6661.jpg
▼一階ロビーは天井が高く開放感がありました。
IMG_6659.jpg


いつも本当にありがとうございます。
みなさんのおかげで、ランキング上位維持しています。
感謝感謝です。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村
posted by ChiAki at 13:25| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日ちあきのつぶやきまとめ






























































posted by ChiAki at 00:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

すてきな湯治場、地蔵の湯

草津温泉には19もの共同風呂があるそうです。
そのひとつ、地蔵の湯に行ってきました。
IMG_6920.JPG
IMG_6819.JPG
この地蔵の湯には言い伝えがあるそうです。
安政の頃、徳兵衛という人が、夢枕に立った地蔵菩薩様から、
この湯で目を洗えば治癒するとお告げがあり、
その通りに目を洗ったところ忽ち目が治ったと。

▼言い伝えを記したもの
IMG_6630.jpg

地蔵の湯の前には地蔵源泉があり、その前に地蔵堂があり、お地蔵さまが源泉を見守っています。
IMG_6890.JPG
▼源泉を守るお地蔵さま。後ろが地蔵源泉
IMG_6629.JPG
▼地蔵源泉。お湯の向こうに先ほどのお地蔵さまの背中が見えます。
IMG_6892.JPG
▼お湯はとても柔らかく優しいです。それほど熱くないので、熱い共同浴場の多い草津の湯になかでも入りやすいのでは?と思いました。
IMG_6804.JPG
▼天井が高いので、圧迫感がありません。気分爽快です。
IMG_6800.JPG
▼このように書かれていました。
IMG_6805.JPG
地蔵の湯は
町民の方と観光客の方の入浴ができます。
町民の方はおもてなしの気持ちを持って、
観光客の方は貰い湯の気持ちで、
お互いにマナーを守って入浴しましょう。

貰う側の観光客として、常に感謝の気持ちを持ちながら入浴したいですね。
IMG_6816.JPG

このお湯に浸かって顔を洗うと、このお湯、本当に目に治癒効果がある!
そう、インスピレーションのようなものを感じました。
お湯を目に入れる根性はなかったのですが、だって少し目に入った際にしみたんだもん笑
目洗い地蔵さまがいつも見守る湯として代々受け継がれてきた場は、
本当に良い湯治場として、しっかりと機能していると思いました。
そして、その湯治場に感謝の気持ちを持っていると、場に共鳴して、さらに湯治効果が上がる、
湯治場とはそういうものだとも思いました。

人気の共同風呂なので、多くの方がブログに投稿されています。
http://mabumaro.com/jpg/00kusatsu/jizou/jizou.html
http://ablinker.com/jizounoyu.html
http://spa.s5.xrea.com/broom/gunma/jizounoyuf.htm
http://www.hotel-ichii.co.jp/blog/2017/02/16/205000.html

地蔵の湯(草津温泉観光協会HP)
https://www.kusatsu-onsen.ne.jp/onsen/detail/index.php?c=5&g=2&kcd=195

いつも本当にありがとうございます。
みなさんのクリックが増えるのが励みになります。
よろしくお願いします。

にほんブログ村

posted by ChiAki at 11:29| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

草津温泉旅行2018年2月14日ツイッターまとめ

草津旅行、2月14日のツイッター投稿をまとめました。
朝の湯畑、共同風呂千代の湯等々、楽しい一日でした。
また行きたいです、草津温泉。
IMG_6633.JPG


















いつも本当にありがとうございます。
みなさんのクリックが増えるのが励みになります。
よろしくお願いします。

にほんブログ村


posted by ChiAki at 01:00| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日ちあきのつぶやきまとめ






































































































posted by ChiAki at 00:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

草津温泉共同風呂めぐり、ツイッター投稿まとめ20180213

2018年2月13日、草津温泉の共同風呂を回りました。
当日のツイッター投稿をまとめてみました。
草津の共同風呂は、どれも個性的で魅力的でした。
全部回れなかったのは残念ですが、また今度来た時に少しずつ回ってみたいです。
今回回った白旗、地蔵、煮川、こぶしもリピしたいし、、悩みます笑





























いつもありがとうございます。
みなさんのクリックのおかげでランキングも上昇しています。
今日も協力していただけると嬉しいです。

にほんブログ村

posted by ChiAki at 00:16| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日ちあきのつぶやきまとめ




















































































posted by ChiAki at 00:01| Comment(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

おもてなしと感謝の心の場の共鳴の場、草津温泉白旗乃湯

草津温泉の共同浴場の一つ、白旗乃湯、行ってきました。
草津温泉には、このような共同浴場が19もあるということです。
この共同浴場は地元の住民の方々の努力で運営されているということで、無料で入れるということです。
ですので、感謝の気持ちを持って使いましょうということです。
ブログにこのように書いているものの、私自身、すぐ忘れますので、偉そうなことは言えません。
でも、書いたという実績は残りますので、ご容赦を。。

この共同浴場のうち、人気の高い白旗乃湯ですが、今朝6時半に行ってきました。
IMG_6743.JPG
白旗乃湯は湯畑すぐ前にあるので、湯畑に行くとわかると思います。
遠い昔、源頼朝が巻狩りで来た際に立ち寄ったとされ、由緒正しい源泉です。

▼白旗乃湯由緒書き
IMG_6722.JPG
IMG_6645.JPG

朝は5時半から6時半までの間は掃除ということで、六時半から入れます。僕が行ったときには、僕以外にもうすでに一名入っていました。
ここのお風呂は熱いお湯とぬるめの湯の二つがあるのですが、僕にはどちらも熱くて、ぬるめのほうに、身体を慣らして、何とか入ることができました。
もう一人の方は、すぐに入れたようで、すごいなぁと感心しながら、無理はできないなぁと思いながらゆっくりと入りました。
お風呂は月並みの表現ですが、、波動が高いです。それは、住民の方々が大切に思っているということと、観光客の皆さんが、喜んでいるという昔からの実績と思いが積み重なって共鳴しているような感じでした。
お湯の良さだけでなく、その心の温かさによってかたち造られている!そんな印象でした。
これからも、よろしくお願いします。
草津温泉の強烈な強みの一つです。


▼白旗源泉
IMG_6648.JPG
▼入口には、「白旗乃湯」と
IMG_6723.JPG
▼天井が高いので、露天風呂でなくても閉塞感はありません。
IMG_6729.JPG
▼湯の口。お湯の波動が高いです。
IMG_6730.JPG
▼とても温かい波動というか、すてきな温泉場として機能しています。
IMG_6741.JPG
IMG_6725.JPG
IMG_6732.JPG
IMG_6727.JPG


いつもありがとうございます。
ぜひ、多くの人に読んで欲しいので、ランキングに参加しています。ご協力いただけると、とても嬉しいです!

にほんブログ村

posted by ChiAki at 11:14| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バスで草津温泉へ(2018年02月12日ツイッター投稿をまとめました)






























いつもありがとうございます。
みなさんのクリックのおかげでランキングも上昇しています。
今日も協力していただけると嬉しいです。

にほんブログ村



posted by ChiAki at 01:03| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事